伊都国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊都国(いとこく)は、『魏志倭人伝』にみえる倭国内の国の一つである。『魏志倭人伝』によれば、末廬国から陸を東南に500里進んだ地に所在するとされ、福岡県糸島市福岡市西区(旧怡土郡)付近に比定している研究者が多い。

概要[編集]

『魏志倭人伝』には、次のように記されている。 「東南陸行五百里 至伊都國。官曰爾支 副曰泄謨觚・柄渠觚。有千余戸 丗有王 皆統属女王國。郡使往来常所駐」(「三国志魏志、巻三十、東夷伝、倭人(略称、魏志倭人伝)」)

原文のおよその意味は、「(末廬國から)東南へ陸を500里行くと、伊都國に到る。そこの長官を爾支(にし、じき)といい、副官は泄謨觚(せつもこ、せつぼこ)・柄渠觚(ひょうごこ、へいきょこ)という。1000余戸の家がある。世々(丗)に王があるも、みな[1]女王國に統べて属する。帯方郡(たいほうぐん)の使者が往来して、ここに常にとどまる場所である。」となる。

『魏志倭人伝』の中で『王』が居たと明記されている倭の国は伊都国と邪馬台国狗奴国で、他の国々には長官、副官等の役人名しか記されていない。

一大率[編集]

一大率は、卑弥呼の王権によって任命された派遣官である。倭国の官人である。その官名は城郭の四方を守る将軍である大率に由来するとする説もある(道教の古典とされる『墨子』の「迎敵祠」条)。

『魏志倭人伝』には、次のように書かれている。 「自女王國以北 特置一大率 検察諸國 諸國畏揮之 常治伊都國 於國中有如刺史」

原文のおよその意味は、「女王国の北側には、特別に一大率(いちたいすい、いちだいそつ)を置き諸国を監察させており、諸國は畏(おそ)れている。女王は常に伊都国で治めており、中国(漢、魏)の刺史(しし、監察官)のようだ。」である。

日本側文献の記述[編集]

旧怡土郡付近は大化の改新以前は怡土縣(いとのあがた)が置かれ、『日本書紀』によるとその祖の名は五十跡手(いとて)で仲哀天皇の筑紫親征の折に帰順したとされる。

『筑紫国風土記』逸文には五十跡手が「高麗の意呂山(おろのやま)に天より下った天日鉾命の後裔である」と天皇に述べたとある。

考古遺跡[編集]

糸島市三雲を中心とした糸島平野の地域に伊都国があったとする説が有力である。弥生時代中期後半から終末期にかけて厚葬墓(こうそうぼ)(王墓)が連続して営まれており、それが三雲南小路遺跡平原遺跡である。井原鑓溝遺跡は遺物の点から「将軍墓」の可能性が高いとも言われる[2]

三雲南小路遺跡[編集]

三雲南小路遺跡は弥生時代中期の方形周溝墓で、甕棺墓 2器を持つ『王墓』と云われている。

1号甕棺墓の副葬品は、銅剣 1、銅矛 2、銅戈 1、ガラス璧破片 8個以上、ガラス勾玉 3個、ガラス管玉 60個以上、銅鏡 31面以上、金銅製四葉座金具[3] 8個体分などである。この他にも鉄鏃 1、ガラス小玉 1が出土している[4]
鏡の多くは「潔清白」に始まる重圏文または内行花文鏡であり、福岡市聖福寺に伝えられている内行花文鏡に合う外縁部が出土している。この鏡の直径は16.4センチメートルである[5]
1号甕棺墓の北西に近接(15センチメートル横)して 2号甕棺墓がある。甕棺内に内行花文鏡(日光鏡) 1面が元の位置のまま発見された。直径6.5センチメートル、「見日之光天下大明」(日の光、見(まみ)えれば、天の下、大いに明らかなり)という銘文の青銅鏡。
副葬品[6]は、銅鏡22面(星雲文鏡1、内行花文銘帯鏡4、重圏文銘帯鏡1、日光鏡16。)以上、ガラス小勾玉12個、硬玉勾玉1個、ガラス製垂飾品(大きさは 1センチメートル弱で紺色)が出土している。 銅鏡は6.5センチメートル前後のものが多い[5]
1号墓を「王」とすれば、 2号墓は「王妃」に当たるものと推定されている。 1.5メートル以上の盛り土の墳丘墓であることは、青柳種信が記すところである。
平成の調査で、「周溝」を持つ事が判明して、「方形周溝墓」という事が判り、現在その様に復元されている。

井原鑓溝遺跡[編集]

三雲遺跡の周辺に井原鑓溝遺跡(いわらやりみぞいせき)がある(地元の伝えによると、鑓(銅剣の類か?)が土の中から出て来た事から「鑓溝」の小字名がついたらしい)。青柳種信の著した『柳園古器略考』によると天明年間(1781年 - 1788年)に、この遺跡からは21面の鏡が出土している。拓本からは全てが方格規矩四神鏡(流雲文、草葉文、波文、忍冬様華文などの縁がある)であることが分かっている。後漢尺で六寸のものが多く、王莽時代から後漢の時代にかけての鏡である。これらの鏡に加え、巴形銅器3、鉄刀・鉄剣類が発見されているが、細形銅剣・銅矛などが出ていない[5]1974年昭和49年) - 1975年(昭和50年)の調査では、この遺跡の所在を確かめることはできなかった。しかし、甕棺墓であったことは間違いないとされている[5]

平原遺跡[編集]

平原遺跡(国の史跡)は三雲南小路遺跡の西側の曽根段丘上に存在する弥生時代後期から終末期の 5基の周溝墓群を合わせた名称である。 その 1号墓の「王墓」は、「女王墓」ではないか[7]と云われている。
平原遺跡 1号墓(平原弥生古墳)の副葬品は日本最大の、直径46.5センチメートル[8]大型内行花文鏡(内行花文八葉鏡)4面[9](5面[10])、青銅鏡35面(方格規矩四神鏡32、内行花文四葉鏡2、四螭鏡1)、ガラス勾玉3個、丸玉500個以上、瑪瑙管玉12個、ガラス管玉とガラス小玉多数個、素環頭大刀(鉄刀)1、などで、それら副葬品を一括して国宝に指定されている。三種の神器八咫鏡との関係が議論されている。

脚注[編集]

  1. ^ この「みな」は伊都国の王を指す。
  2. ^ 「悲劇の金印」 原田大六
  3. ^ 金メッキされた銅製の木棺の飾りで、前漢の皇帝が「王」であった人物の死に際して贈るものである。
  4. ^ 「悲劇の金印」原田大六著
  5. ^ a b c d 岡崎敬「三雲・井原遺跡とその年代」『魏志倭人伝の考古学』第一書房 2003年
  6. ^ 「悲劇の金印」原田大六著
  7. ^ 「実在した神話」原田大六著
  8. ^ 漢の尺度で「二尺」となり、その円周は「八咫」となる。この事から「八咫鏡」の実物ではないか?という説(原田大六の説)ある。
  9. ^ 「平原弥生古墳 大日孁貴の墓 原田大六著
  10. ^ 前原市文化財調査報告書、第七十集、平原遺跡

資料文献[編集]

  • 「柳園古器略考」青柳種信著
  • 「原田大六論」原田大六
  • 「実在した神話」原田大六著
  • 「平原弥生古墳 大日孁貴の墓」原田大六著
  • 「悲劇の金印」原田大六著
  • 「倭女王 大日孁貴の墓」井手將雪著
  • 「前原市文化財調査報告書 第七十集 平原遺跡」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]