台与

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
臺與
倭 女王
出生 235年
死去 不明
テンプレートを表示

臺與(生没年不詳)は、日本弥生時代3世紀に『三国志 (歴史書)』、魏志倭人伝中の邪馬台国を都とした倭の女王卑弥呼の宗女にして、卑弥呼の跡を13歳で継いだとされる女性である。魏志倭人伝中では「壹與」であるが、後代の書である『梁書』『北史』では「臺與」と記述されている。

「台与」は「臺與」の代用。臺與の表記・読みについては異説が多く詳細は後記。

表記・読み[ソースを編集]

壹與[ソースを編集]

『三国志』魏書東夷傳の倭人之条、(通称魏志倭人伝陳寿編纂、3世紀・晋代)では2写本系統とも「壹與」と記載されている。発音は「い(ゐ)よ」か?。新字体では「壱与」。

臺與[ソースを編集]

梁書』諸夷伝 倭(姚思廉編纂、636年代)、『北史』東夷伝(李延寿編纂・唐代)などに記述[1]。新字体では「台与」。

発音に関する議論[ソースを編集]

「臺與」を「とよ」と読むのが通説となっているが、これには議論がある。

  • 「臺」の文字は中国の時代ごとにより、また地方ごとにより異なる。昔は[də]と表現していた時もあった。「ト」「ド」の音韻の音節があるとすればこれに該当する。但し一般には「ダ」が主流であり、の時代に「ダイ」に変化し、それがそのまま今の日本の発音になり、中国ではその後に「タイ」と変化していった。
  • 「台」であれば、「と」と読めるということに異論は無いようである。しかし、「臺」と「台」は異なる文字である[2][3]
  • 「臺」を「と」と読む根拠は、例えば藤堂明保『国語音韻論』[4]に、「魏志倭人伝で、『ヤマト』を『邪馬臺』と書いてあるのは有名な事実である」と記載されていることに求められているが、これはすなわち「邪馬臺=ヤマト」という当時の通説に基づいた記述に過ぎないとする指摘がある[5]。もしこの意見が妥当なら、漢和辞典の記載を根拠に「『邪馬臺』はヤマトと読める、『臺與』はトヨと読める」と言ったところで、大元にある通説の同義反復に過ぎないことになるが、「臺」の発音に関する中国語音韻論による議論はこの意見とは無関係である[6]。また、そもそも「魏志倭人伝」には「邪馬臺」とは書かれておらず、「邪馬壹」(=邪馬壱)と書かれており、前提からして誤っている。
  • 邪馬臺(邪馬台)の発音をヤマドとする説がある[7]

魏志の編纂が後者二書に比べ大きく先行している。三書はいずれも『魏略[8]を元にしていると考えられる。『魏略』には他の書に引用された逸文[9]が残っているが、そこには該当部分は存在しないため正確にはどう書いてあったのか不明である。

事跡[ソースを編集]

魏志倭人伝によると、

正始8年(247年)に帯方郡[10]太守として王頎が着任した。

倭国は帯方郡へ載斯烏越ら使者を派遣し、親魏倭王の女王卑彌呼に未だ従わない狗奴国の男王卑弥弓呼を攻撃中であると(王頎に)報告した。

太守は塞曹掾史の張政らを派遣し、詔書および黄幢(魏帝軍旗)を難升米(なしめ)に授けて和平を仲介した。

後に女王卑弥呼が死ぬと径百余歩の大きな塚を作り、奴婢百余人を殉葬した。

ところが、後継者として立てた男王を不服として国が内乱状態となり、千余人が誅殺し合った。

改めて卑彌呼の宗女である壹與を13歳の女王として立てた結果、倭国は遂に安定した。

張政らは(幼くして新女王となった)壹與に対し、檄文の内容を判りやすく具体的に説明した。

壹與は倭国大夫率善中郎將の掖邪狗ら二十人を随行させた上で張政らを帰還させた。

その際、男女生口三十人を献上すると共に白珠五千孔、靑大勾珠二枚および異文雑錦二十匹を貢いだ。

とされる。 張政が倭に渡った正始8年から卑弥呼の死と壹與の王位継承は、それ程年月が経っていないと思われる。

日本書紀』の神功紀に引用される『晋書』起居註に秦始2年(266年)に、倭の女王の使者が朝貢したとの記述がある。卑弥呼#神功皇后説にもあるように、江戸時代にはこの女王は卑弥呼と考えられていたが、卑弥呼249年(正始10年)までに逝去(『梁書』)してしまっていることから、近年ではこの倭国女王は台与のことであると考えられている。

なお、この正始10年(4月に改元されて嘉平元年)(249年)は、中国では曹操に始まる曹氏のから、司馬懿に始まる司馬氏禅譲革命が行われる265年12月(泰始元年)に至る契機となった年である。

この朝貢の記録を最後に中国の史書から邪馬台国や倭に関する記録が途絶え、次に現れるのは150年の後の義熙9年(413年)の倭王讃の朝貢(倭の五王)である。

台与と後のヤマト王権との関係は諸説あってはっきりしない。人物の比定については諸説ある(#人物の比定についての議論を参照)。

人物比定[ソースを編集]

台与を誰に比定するかという議論は、卑弥呼が誰であるかという議論、邪馬台国がどこにありどんな国家に受け継がれていったかと言う議論と、切り離すことができない。

豊鍬入姫命説[ソースを編集]

崇神天皇の皇女である豊鍬入姫命に比定する説。天皇の命で天照大神を祭った初代斎宮が臺與に当たるという説であり、この説の場合は卑弥呼を倭迹迹日百襲媛命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)と比定することが前提[11]だが、卑弥呼を倭迹迹日百襲媛命に比定する説は箸墓古墳の研究などから勢いを増している。

豊姫説[ソースを編集]

神功皇后の妹の豊姫に比定する説。肥前国風土記の神名帳頭注に「人皇卅代欽明天皇の廾五年(564年)甲申、肥前國佐嘉郡、與止姫神鎭座。一名豐姫。」とあり、與止日女神社の祭神。

2人のアマテラス説[ソースを編集]

一説には、「日本神話天の岩戸伝説の前後の天照大神(アマテラス)は別の人物であり、それぞれ卑弥呼と台与である」として「アマテラスを誰に比定するか」という議論とともに考えようとするものがある[12]。卑弥呼没年前後1月の皆既日食[13]によって岩戸隠れの故事を説明しようとする説である。

万幡豊秋津師比売説[ソースを編集]

卑弥呼をアマテラスに比定する場合の説。万幡豊秋津師比売(ヨロヅハタトヨアキツシヒメ)は高御産巣日神(タカミムスビ)の娘。アマテラスの息子アメノオシホミミと結婚し、アメノホアカリニニギの母となった。アマテラスの極めて近い親族で名前の中に「トヨ」の文字がある彼女を臺與に比定する説で、安本美典が『新版・卑弥呼の謎』(講談社現代新書)で述べている。彼女はアマテラスが主祭神である伊勢神宮の内宮の相殿神の一人であり[14]、安本はそれをこの説の根拠のひとつとしている。

天豊姫命説[ソースを編集]

桂川光和が唱える説。尾張氏、海部氏の祖彦火明、七世孫建諸隅命の子、天豊姫を臺與とする説。この人の二世代前に卑弥呼と思われる、日女命がある。[15]

台与(壱与)が登場する作品[ソースを編集]

小説[ソースを編集]

漫画[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梁書諸夷伝
  2. ^ 「壹」と「壱」の場合は単に新旧の字体の違いで済むのだが、「臺」と「台」は元々別々の文字で後から「台」が「臺」の代替字となったに過ぎない。
  3. ^ 漢字制限当用漢字常用漢字教育漢字)のため教科書等では使用せざるをえない。
  4. ^ 江南書院 1957年
  5. ^ 『邪馬一国への道標』古田武彦講談社 1978年
  6. ^ 藤堂明保編『漢和大字典』によると、「臺與」の上古音は[dəg-ɦiag]、中古音は[dəi-yio]、「邪馬臺」の上古音は[ŋiǎg-mǎg-dəg]、中古音は[yiǎ-mǎ-dəi]となる。
  7. ^ 長田夏樹「邪馬台国の言語」等
  8. ^ 魏代に編纂
  9. ^ 通称、逸文魏略
  10. ^ 朝鮮半島にあった魏の領土
  11. ^ 小路信次『卑弥呼 千七百年の謎を解く―日本書紀には年代改変前の原形が残されている』近代文芸社 2005年
  12. ^ 井沢元彦逆説の日本史』小学館 1993年
  13. ^ 毎日新聞(関西)朝刊 1995年7月25日、8月5日
  14. ^ 伊勢神宮#祭神参照
  15. ^ 『勘注系図』に見る、台与の系譜

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]