狗奴国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狗奴国(一般的には「くなこく」と読む)は、中国三国時代の歴史書三国志西晋陳寿の作)のうちの魏書の中の魏書東夷伝に記載されている邪馬台国と対立していた倭人の国。

概説[編集]

3世紀倭国邪馬台国の尽きるところである奴国の南に位置する。その名称からも、元は奴国の分国ではないかという説[1]があるが、単に「クの国」(「奴」は「の」という意味に過ぎない)という説もある。

男王卑弥弓呼(一般的には「ひみここ」と読むが「ひこみこ」(彦御子)とする説がある)がおり、官を狗古智卑狗(一般的には「くこちひこ」と読むが「きくちひこ」(菊池彦)「かわちひこ」(河内彦)とする説がある)と言った。邪馬台国の女王卑弥呼と卑弥弓呼は「素より和せず」戦闘状態にあったが、この戦いの最中に卑弥呼が死去したという。

読み下し文・原文[編集]

  • その南に狗奴国あり。男子を王となす、その官に狗古智卑狗あり。女王に属さず。(中略)その八年(正始8年)、太守王頎官に到る。倭の女王卑弥呼、狗奴国の男王卑弥弓呼ともとより和せず、倭の載斯・烏越等を遣わして郡に詣り、相攻撃する状を説く。
  • 「其南有狗奴國 男子爲王 其官有狗古智卑狗 不属女王 (中略)其八年 太守王頎到官 倭女王卑彌呼興狗奴國男王卑彌弓呼素不和 遺倭載斯烏越等詣郡 説相攻撃状」 -- 『魏書』東夷伝

位置に関する説[編集]

在南説[編集]

魏志倭人伝の記述に従って、狗奴国は「邪馬台国の南」にあったとする説。九州説に立つ論者は狗奴国の位置をだいたい九州内のどこかに置く説が多いが、邪馬台国畿内説であっても狗奴国を九州内に比定する説がある。

  • 南九州説
    • 肥後国説。邪馬台国九州説・畿内説とわず、もっともメジャーな説である。熊襲は熊国と襲国の連称であるが、肥後国球磨郡は熊国つまり記紀の熊県(くまのあがた)の遺称地であってこれを狗奴国とし、同国菊池郡を狗古智卑狗と関係付ける[2]水野佑も同じ説であるが、魏志倭人伝の習俗記事を2ヶ所に分割し、一方にしか南方系習俗が含まれないことから、これを邪馬台国の習俗と狗奴国の習俗が別々に記載されたものであるとし、南方系習俗は狗奴国のものであるとした。狗奴国の位置に関する限り上記の九州説論者と変わらない。内藤湖南も狗奴国を熊襲に比定した[要出典]
    • その他の南九州説(南九州の各地。邪馬台国九州説の場合で、狗奴国の位置を南九州のいずれかの地に比定するもの)
  • 熊野地方説。邪馬台国畿内説においては邪馬台国は奈良盆地であることから、その南にある熊野だとする説。

在東説[編集]

魏志倭人伝は「東に海を渡る千里また国あり皆倭種」と「狗奴国」を別のものとしているが、後漢書東夷伝が両者を同一視していることから狗奴国を南ではなく東に想定するものであり、文献批判的にはやや弱い。

一方、魏志倭人伝の記述から「邪馬台国の南」ではなく「女王の境界の尽きるところ」である「奴国の南」に狗奴国があると解釈して、東方にもっていく論者もいる。

  • 四国説。本居宣長は邪馬台国九州説を前提とした上で伊予国風早郡河野郷に比定している。
    • 古田武彦も本居と同じ理由で瀬戸内海に狗奴国を比定し[3]、その後、讃岐国とした。(ただし、現在では近畿地方としている。)
  • 近畿説(邪馬台国吉備説の論者と一部の九州説論者が主張)
  • 出雲地方説(邪馬台国は九州にあったとする)
  • 東国説(邪馬台国は畿内にあったとする)
    • 近江美濃説。主に考古学的な根拠によるもの。
    • 尾張・美濃説。愛知県一宮市の萩原遺跡群をはじめとして伊勢湾岸一帯からS字甕が大量に発掘されていることから、大型の前方後方形墳丘墓を営んで濃尾平野の一帯に広がっていた勢力が狗奴国だとする。また濃尾平野の北端に位置する岐阜市内の「加納」という地名や、濃尾平野の西に隣接する三重県桑名市の「桑名」という地名に関係付ける論者もいる。邪馬台国に匹敵する大国という(この勢力はのちに古墳時代前期前半に前方後方墳を造営する東日本の諸勢力の前身とみる説[4]もある)。
    • 東海道説。静岡県西部(遠江)説、同県東部(駿河)説がある。遠江説では久努国造と関係づける。久努国造はのちの遠江国山名郡久努郷で、今の袋井市のうち国本・広岡・村松[5]。駿河説では駿河国安倍郡久能郷[6]で、今の静岡市駿河区根古屋[7]。この説では狗古智卑狗を菊川と関係づけることがある。(※なお、「久野」または「久能」という地名は全国各地にある。)
    • 関東説。狗奴国を毛野国に同定するもので比較的古い説である[8]

後裔に関する説[編集]

邪馬台国についてヤマト王権との関係に諸説あるように、狗奴国についても、その後どうなったのかを巡る諸説が対立している。

  • 消滅説
    • 滅亡説(邪馬台国に戦争で敗れ滅んだ)
    • 吸収説(卑弥呼没後まもなく邪馬台国連合に統合され、徐々に吸収された[9]
  • 継承説(どこかにあった狗奴国がそのまま在地勢力として存在し続けた)
    • 隼人/熊襲説(九州にあった狗奴国が熊襲になった、または隼人になった)
  • ヤマト王権になった説
    • 征服説(どこかにあった狗奴国がどこかにあった邪馬台国を滅ぼしヤマト王権になった)
      • 東遷説(九州から東征し畿内の邪馬台国を滅ぼしヤマト王権になった)
        • 逃亡説(九州の邪馬台国連合の圧迫からの逃亡して畿内に移動、ヤマト王権になった)

狗奴国が存在していた時代[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水野祐『日本古代国家―倭奴国・女王国・狗奴国』(紀伊国屋新書、1966年)
  2. ^ 白鳥庫吉「倭女王卑弥呼考」『白鳥庫吉全集』(岩波書店、1969年)など多数
  3. ^ 『失われた九州王朝』
  4. ^ 白石太一郎『古墳とヤマト政権』(文春新書、1999年)
  5. ^ 国本の「七ツ森神社」が中心。他にも袋井市内には「久能」という地区があるが、こちらは山名郡ではなく周智郡の久能郷だった。
  6. ^ 久能郷は『曽我物語』が初出で『和名抄』には見えないが、『和名抄』の会星郷に含まれる。久野、久努とも書かれた。
  7. ^ ここに東照宮で有名な「久能山」という山の名が今でも残っている。
  8. ^ 山田孝雄「狗奴国考」『世界 83号』(京華日報社、1910年)など
  9. ^ 白石太一郎『古墳とヤマト政権』(文春新書、1999年)

関連項目[編集]