不弥国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不弥国(ふみこく)は、3世紀日本列島に存在したとされる国のひとつである。

三国志』「書」東夷伝の通称「魏志倭人伝」によれば、不弥国(不彌國)は、奴国(または伊都国)から東へ百里の位置にあり、長官は多模、副官は卑奴母離と呼ばれ、1000余の家がある。

「東行至不彌國百里 官曰多模 副曰卑奴母離 有千餘家」

宇美(福岡県宇美町)や穂波(同飯塚市)のこととする考えもあるが、地名の類似以外には証拠はない。