不弥国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不弥国(ふみこく)は、3世紀日本列島に存在したとされる国のひとつである。

概要[編集]

三国志』「書」東夷伝の通称「魏志倭人伝」によれば、不弥国(不彌國)は、奴国(または伊都国)から東へ百里の位置にあり、長官は多模、副官は卑奴母離と呼ばれ、1000余の家がある。 「東行至不彌國百里 官曰多模 副曰卑奴母離 有千餘家」

対馬国から奴国までは、諸説ほとんど大差がないが、九州説と畿内説では投馬国と邪馬台国の位置が大きく異なり、直行説では不弥国はその二国への経路にあたる。そのため不弥国の比定地が九州説と畿内説の分かれ目ともなる。内陸部とみる説には宇美(福岡県宇美町)や穂波(同飯塚市、論者は菅政友久米邦武など)、大宰府市付近(論者は白鳥庫吉宝賀寿男楠原佑介など)、志賀島(論者は田中卓)、宗像郡津屋崎(論者は笠井新也)とする説がある。

不弥国から再び水行となるため、海に面したところだとする説では箱崎新宮町福津市行橋市築上町などの説がある(他にも多くの説がある)。また「陸行水行」の記事が他国への道程記事と異なり異質であること[注釈 1]、現存する最も古い記録の『魏略』の記事において、陸行水行や投馬国の記事が存在しないことから、これらは後世写本した際の混入記事で、実際には不弥国から邪馬台国まで南行するだけであったとする説もある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 末盧国から伊都国への陸行も混入とされる。

関連項目[編集]