陳寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
陳寿
西晋
太子中庶子
出生 建興11年(233年)?
益州巴西郡安漢県
死去 元康7年(297年)?
拼音 Chén Shòu
承祚(しょうそ)
主君 劉禅→武帝(司馬炎)→恵帝
テンプレートを表示

陳 寿(陳壽、ちん じゅ、建興11年(233年)? - 元康7年(297年)?)は[注釈 1]中国三国時代蜀漢西晋に仕えた官僚。字は承祚(しょうそ)。『三国志』の著者として知られる。甥は陳符(字は長信)・陳蒞(字は叔度)・陳階(字は達芝)[注釈 2]

生涯[編集]

陳寿の生涯を書いた史料としては時代に編纂された『晋書』「陳寿伝」や東晋時代に編纂された『華陽国志』があるが、これらは極めて簡潔であり、相互に矛盾も存在している[1]益州巴西郡安漢県を代表する名門に陳氏・趙氏・閻氏・范氏が在り「安漢四姓」と称された。陳寿の出自は其処の「巴西陳氏」である。『晋書』では元康7年(297年)に65歳で没したとあるため、生年は建興11年(233年)とされるのが一般的であるが、津田資久のようにこの年が没年であるというのは考えられないという研究者も存在する[1]

陳寿は初め学識の高い譙周に師事し儒学と史学を修め、蜀漢に仕えた[1]。その後の経歴には諸説があるが、衛将軍諸葛瞻の主簿、宮中文庫の管理者である東観秘書郎をつとめた[2]。『晋書』によれば宦官黄皓に逆らって左遷されたとあるが、『華陽国志』にその記述は無い。津田資久は卑官とはいえ中央の官職についているため、黄皓との対立自体が疑わしいとしている[3]。また父の服喪中に病気に罹り下女に薬を作らせており、発覚すると親不孝者として謗られた。これは儒教の礼教に措いて、親が死ぬと子は嘆き悲しみ、飲食も碌に摂らず痩せさらばえ、杖無しでは歩けぬ程に成るのが「孝」とされた為であり、親の服喪中に我が身を労わるのは以ての外とされていたからである。

蜀漢滅亡後、王崇寿良李密李驤・杜烈(杜軫の弟)と共に都に入った。6人は益州・梁州を代表する俊才とされた。彼らの仲は晋に仕えるうちに疎遠となっていったが、王崇一人は寬和な性格であったため、5人との友誼を保ち続けたという。暫く仕官できなかったが、同門でかつての同僚の羅憲によって推挙され、西晋に仕えた。佐著作郎(7品官)に始まり著作郎をつとめ、杜預張華の推挙により治書侍御史・兼中書侍郎・領著作郎と官を進めた。また益州の地方史である『益部耆旧伝』・『益部耆旧雑記』や、蜀漢の諸葛亮の文書集『諸葛亮集』を編纂し、張華杜預荀勗に高く評価された。この他、やはり高く評価されたという『古国志』を著した。

晋による三国統一がなされた後、『三国志』を完成させた。張華は「『晋書』はこの本の後に続けるべきであろうな」と称賛した。『華陽国志』では、張華と荀勗が、陳寿は過去の歴史家である班固司馬遷にもまさるという評価を行ったとしている[4]。またこの頃母(『華陽国志』によると継母)が洛陽で死去すると、その遺言に従いその地に葬った。ところが、郷里の墳墓に葬る礼法に反しているとされ再び親不孝者と非難され、罷免されてしまった[2]。 その後、年次は不明であるが[5]、陳寿は外地の長広郡太守(5品官)に任命されたが、これは一般的に左遷とみられている。『華陽国志』では『三国志』「魏志」の部分に、荀勗が気に入らない部分があったためとされる[4]。ただし同じ『華陽国志』では、その前に荀勗が『三国志』を絶賛したという記述があり、口実にすぎないとみられている[6]。田中靖彦は咸熙二年(276年)に始まった呉征伐を巡って荀勗と張華が対立した際、陳寿が張華派に回ったからではないかとしている[6]。陳寿はこれを母の病気を理由に辞退したが、経緯を知った杜預の推薦により、検察秘書官である治書侍御史に任命された。

都に戻った陳寿は皇太子司馬遹の太子中庶子とされたが、『晋書』では任官しなかったとされる[7]。『華陽国志』では太子中庶子と散騎常侍を兼ねたとされ、恵帝が陳寿の才能を認める言葉を残すほど称賛し、張華も九卿に取り立てようとしたという[7]。『晋書』では太子中庶子在任中の元康7年(297年)に65歳で没したとされるが[2]、『華陽国志』では元康9年(299年)に司馬遹が廃太子とされた後に散騎常侍とされたとしており、その後も生存している[8]。張華は永康元年(300年)に失脚・処刑されているが、陳寿がこれに連座したという記録はない[8]。没した地は洛陽であるとされる[2]

逸話[編集]

  • 『華陽国志』によると、尚書郎の李驤李福の子)は同門の先輩であり、蜀漢に仕えていた時の仲は良好だったといわれる。だが、蜀漢が滅び晋の世になると、些細なことから両人の仲が拗れて決別し、後に李驤が晋に仕官しようとした時に、陳寿がそれを妨害し、李驤は仕官を諦めて蜀に戻り、在野の名士として、その生涯を終えたといわれている。
  • かつての師であった譙周は、陳寿に「卿は必ずや学問の才能をもって名を揚げることであろう。きっと挫折の憂き目に遭うだろうが、それも不幸ではない。深く慎むがよい」といったが、その通りの結果になったと『晋書』は評している。

『三国志』[編集]

三国志』は三国の内のを正統として扱ったが、魏を正統とした類書はほとんどが『魏書』(王沈の著など)など、魏単独の表題としていた。蜀漢の歴史は、あくまで『魏書』の中で語られたのである。これに対し陳寿は表題上は三国を対等に扱い、また本文も『魏書』『呉書』『蜀書』と三国を分けて扱ったところに大きな違いがある。また、元は蜀漢に仕えた人物であったため、敬語の使い方などからも蜀漢を比較的よく扱おうとする姿勢が見える。

『三国志』は私撰だったが、陳寿の死後にはこれを筆写するよう勅命が下り、事実上公認の書物となった[8]。その後太宗の時代に正史と認定された。なお『古国志』・『益州耆旧伝』など、『三国志』以外の彼の著作物は現存していない。

陳寿への非難[編集]

三国志』については、優れた歴史書であるとの評価が高い。夏侯湛は『三国志』を見て、自らが執筆中だった『魏書』を破り捨ててしまったという話が残っている。

『晋書』には陳寿の存命中に陳寿が個人的な恨み、筆を曲げたといううわさが流れたとされている。例えば、かつての魏の丁儀一族の子孫達に当人の伝記について「貴方のお父上のことを、今、私が書いている歴史書で高く評価しようと思うが、ついては米千石を頂きたい」と原稿料を要求し、それが断られるとその人物の伝記を書かなかったという話がある[9]。また、かつて諸葛亮が自分の父を処罰し、自身が子の諸葛瞻に疎まれたことを恨んで、諸葛亮の伝記で「臨機応変の軍略は、彼の得手ではなかったからであろうか」とそれを低く評価し、諸葛瞻を「書画に巧みで、名声だけが実質以上であった」などと書いたのだといった話も伝わっている[9]

諸葛瞻について肯定的な評価をしていないのは事実である。『晋書』の他にも、常璩が『華陽国志』に、陳寿が諸葛瞻から恥辱を受けた恨み故に、『三国志』で諸葛瞻を悪く書いたと語った蜀漢の長老の話を記しており[10]、陳寿に対する同様の悪評は、340年に完成した王隠の『晋書』など類書に記録されており早くから広まっていた(正史『晋書』は648年刊)。だが諸葛瞻については、東晋干宝も『晋紀』において、国家を守り父の志を継いで忠孝を尽くそうとした点は評価しながらも、能力についてはさほど評価するほどではないとしている。

『晋書』における陳寿が私怨による曲筆を行ったという記述は、清代には王鳴盛趙翼による反論が行われたが、これらも事実誤認が多く緻密な考証とは言いがたい[注釈 3]。陳寿の曲筆を指摘するもので最も批判を受けたのが高貴郷公殺害の経緯である。西晋に仕えたという立場上、その禅譲という正統性に対して重大な瑕疵を与えうるこの件に関して陳寿は隠蔽せざるを得ず、詳細を記述していない[注釈 4][11]。唐代の考証学者劉知幾は陳寿が蜀では史書編纂する役人をほとんど置いていなかったとしているが、『史通』曲筆篇で「蜀志後主伝に『蜀には史官がいないから災祥も記録されなかった』とあるのに、蜀志には災祥が散見される。史官が設けられなかったのであれば、災祥は何によって記録されたのか?陳寿が蜀の史官の存在を否定したことは私怨によるものである」と指摘した上で「記言の奸賊、戴筆の凶人」と罵倒し、「豺虎の餌として投げ入れても構わない」と激しく糾弾した。

また、陳寿はあくまで魏を正統な王朝として扱ったが、蜀に対しては劉備を「先主」、劉禅を「後主」と呼び、即位の際の詔をすべて掲載するなど特別扱いしており、孫権が名を呼び捨てとしているのとは明らかな格差がある[8]朱彝尊はこれを蜀を正統王朝としたい陳寿の意図が秘められていたのではないかとみているが、魏を正統王朝としていた西晋期において陳寿の記述が問題視されていた形跡はない[12]。しかし東晋期以降、習鑿歯らによる蜀漢正統論が高まるにつれ、陳寿が蜀漢を正統としていないとして批判が加えられるようになった。更に時代が下ると、諸葛亮の神格化や蜀漢正統論者の朱熹朱子学が、朝廷における儒教の公式解釈とされた事も相まって、陳寿は一層非難を浴びることになった[注釈 5]。一方で、蜀を正統としながらも晋の公式見解に沿わざるを得なかった悲劇の人という見解もみられ、その見地から不遇な人生を送ったという評価も多く行われてきた[7]

一方で研究者からは陳寿が当時の政権である西晋自体におもねり、その正当性を高める記述を行っているという指摘もある[13]。また恩人である杜預の祖父・杜畿はその業績に比べてはるかに称賛が加えられていると指摘されている[14]

陳寿を題材とした作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『晋書』陳寿伝と『華陽国志』では没年が異なり、『華陽国志』では張華が没した300年以降と記録されている。
  2. ^ ともに陳符と陳蒞は陳寿の兄の子、陳階は陳蒞の従弟(『華陽国志』「後賢志」陳寿伝訳注、原文「兄子符,……符弟蒞,……蒞従弟階,字達芝,州主簿,察孝廉,褒中令、永昌西部都尉、建寧興古太守。皆辞章粲麗,馳名当世。凡寿所述作二百余篇,符、蒞、階各数十篇,二州及華夏文士多為作伝,大較如此。」)。
  3. ^ 王鳴盛の『十七史商榷』の陳寿擁護にはいくつかの事実誤認(丁儀らは単なる巧佞の臣で伝を立てられるはずがない、諸葛亮は6度も祁山に出征し、一勝も収めなかったなど)があり、反論を受けている。丁儀は曹操に高く評価され、その死を世に惜しまれたとされ、『魏略』にはその伝が立てられている。また陳寿の『三国志』自体によれば、諸葛亮が祁山に出たのは2度であり、北伐全体も5度に過ぎず、幾度かの勝利も挙げている。
  4. ^ 裴松之は本件について、注釈において習鑿歯の『漢晋春秋』を使って補っている。
  5. ^ 陳寿同様に蜀漢の旧臣で西晋に仕えた李密(『文選』などに採録された、『陳情事表』で知られる文人)に対しても、同様の非難が浴びせられている

出典[編集]

  1. ^ a b c 田中靖彦 2011, p. 70.
  2. ^ a b c d 田中靖彦 2011, p. 71.
  3. ^ 田中靖彦 2011, p. 73.
  4. ^ a b 田中靖彦 2011, p. 84.
  5. ^ 田中靖彦 2011, p. 90.
  6. ^ a b 田中靖彦 2011, p. 85.
  7. ^ a b c 田中靖彦 2011, p. 83.
  8. ^ a b c d 田中靖彦 2011, p. 87.
  9. ^ a b 田中靖彦 2011, p. 71-72.
  10. ^ 『蜀志』諸葛亮伝注による
  11. ^ 田中靖彦 2011, p. 78.
  12. ^ 田中靖彦 2011, p. 76.
  13. ^ 田中靖彦 2011, p. 78-80.
  14. ^ 田中靖彦 2011, p. 81.

参考文献[編集]

  • 田中靖彦陳寿の処世と『三国志』」『駒澤史学』第76巻、駒沢史学会、2011年3月、 NAID 120006617337

関連文献[編集]