Template:三国志の人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

ここに概要や目的

使い方[編集]

{{三国志の人物
|名前       = 
|画像       = 
|サイズ     = 
|説明       = 
|王朝       = 
|称号・役職 = 
|出生       = 
|出身地     = 
|死去       = 
|死没地     = 
|ピン音     = 
|字         = 
|諡号       = 
|廟号       = 
|別名       = 
|爵位       = 
|官位       = 
|主君       =
|氏族       =
|父         =
|母         =
|兄弟       = 
|妻         =
|夫         =
|子         =
|特記事項   = 
}}

引数[編集]

引数の一覧
説明
名前 名前を記入します。必ず記入してください。
画像 画像ファイル名(〜.jpgなど)を記入します。[[ファイル:〜]]は不要です。
サイズ 画像ファイルのサイズを記入します。入力しなければ225pxで表示されます。
説明 画像の説明を記入します。
王朝 関連する王朝を記入します。
称号・役職 王や侯などの称号、「〜将軍」や丞相などの役職名を記入します。
出生 生年月日を「元号X年」「月日(旧暦)」(「西暦」「月日」)で記入します。
出身地 出身地を記入します。
死去 没年月日を「元号X年」「月日(旧暦)」(「西暦」「月日」)で記入します。
死没地 死没地を記入します。
ピン音 ピン音を「アルファベット表記(カタカナ読み)」で記入します。
字(あざな)を記入します。
諡号 諡号がある場合に記入します。
廟号 廟号がある場合に記入します。
別名 幼名やあだ名等を記入します。
爵位 爵位を封じられた順番に記入します。自称や、王朝からの正式な封爵でない場合は斜体とします。括弧で封爵した王朝または自称を記入します。例:漢中王(自称)
官位 官位を任じられた順番に記入します。自称や、王朝からの正式な任官でない場合は斜体とします。括弧で任官した王朝または自称を記入します。例:車騎将軍(自称)→大将軍(後漢)
主君 仕えた主を順番に記入します。
氏族 属した氏族を記します。複数ある場合は、時系列で記します。例:羅侯寇氏→涿郡劉氏
父親の名前を記入します。養子となった人物の場合は、実父、養父の順で記し、養父は斜体にします。
母の名前を記入します。養子となった人物の場合は、実母、養母の順で記し、養母は斜体にします。姓のみ伝わっている場合は■氏とし、名前のあとに、括弧で「[母の父の名]の娘」と記入します。例:黄氏(黄承彦の娘)
兄弟 兄弟姉妹がある場合は、本人を含めて、生まれた順に読点区切りで記入します。本人は太字、養子縁組による兄弟姉妹は斜体とします。
妻がある場合は、妻を娶った順に、読点区切りで記入します。正妻は太字とし、後妻は「→」で繋げます。姓のみ伝わっている場合は■氏とし、名前のあとに、括弧で「[妻の父の名]の娘」と記入します。例:黄氏(黄承彦の娘)
夫がある場合は、嫁いだ順に記します。
子(実子・養子)がある場合に、生まれた順に、読点区切りで記入します。嗣子は太字、養子は斜体、養嗣子は斜体かつ太字とします。娘の名が伝わっていない場合は、諡号などがあればそれを記入し、なければ「[夫の名]の妻」と記入します。例:諸葛亮の妻
特記事項 その他の事項を記入します。