益州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

益州(えきしゅう)は中国にかつて存在した州。現在の四川盆地漢中盆地一帯を指す。

先秦時代[編集]

殷代には巴人と蜀人の居住地であった。近年、四川省徳陽市広漢市三星堆遺跡が発掘され、3,4千年前にこの地に存在した古代文明の存在が明らかになった。戦国末期が巴と蜀を滅ぼすとこの地に巴郡及び蜀郡が設置された。

秦漢時代[編集]

紀元前106年元封5年)、武帝が全国を13州に分割した際、益州を設置した。前漢の益州は、漢中郡広漢郡・蜀郡・犍為郡越巂郡益州郡牂牁郡・巴郡の8郡を管轄した[1]

前漢末には軍閥の公孫述が益州を占拠したが、光武帝に攻め滅ぼされている。後漢の益州は、漢中郡・巴郡・広漢郡・蜀郡・犍為郡・牂牁郡・越巂郡・益州郡・永昌郡広漢属国蜀郡属国犍為属国の12郡国118県を管轄した[2]

魏晋南北朝時代[編集]

三国時代には劉備が益州を占拠し(蜀漢)を建国したが、に攻め滅ぼされた。263年景元4年)には州北部に梁州が置かれ、271年泰始7年)には西晋により州南部に寧州が設置され、益州の管轄区域は大幅に縮小されている。西晋の益州は蜀郡・犍為郡・汶山郡漢嘉郡江陽郡朱提郡・越巂郡・牂牁郡の8郡44県を管轄した[3]

五胡十六国時代には李特により益州において成漢が建国されたが、東晋により攻め滅ぼされた。その後譙縦が益州で反乱を起こし、後蜀を号したが、まもなく鎮圧された。

隋代[編集]

初に益州は7郡19県を管轄した。582年開皇2年)の新州玄武郡の廃止に伴い、その管轄県であった伍城県が益州に移管されている。607年(大業3年)、郡制施行に伴い益州は蜀郡と改称され、下部に13県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては、下図を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
益州 新州 蜀郡
蜀郡 犍為郡 九隴郡 広漢郡 晋熙郡 金淵郡 武康郡 玄武郡 成都県 郫県
双流県 新津県
晋原県 清城県
九隴県 雒県
綿竹県 金淵県
陽安県 平泉県
玄武県
成都県
温江県
郫県
新繁県
広都県
僰道県
新津県
晋原県
清城県
九隴県
青陽県
隴泉県
興固県
雒県
新都県
陽泉県 金淵県 陽安県
婆閏県
伍城県

唐代[編集]

618年武徳元年)、により蜀郡は益州と改められ、成都・雒・九隴・郫・双流・新津・晋原・青城・陽安・金水・平泉・玄武・綿竹の13県を管轄した。742年天宝元年)、益州は蜀郡と改称された。757年至徳2載)、蜀郡は成都府と改称され、剣南西川節度使が置かれた[4]

宋代以降[編集]

981年太平興国6年)、成都府は益州に降格された。988年端拱元年)、成都府にもどされた。994年淳化5年)、成都府は益州に降格され、剣南西川節度が廃止された。1060年嘉祐5年)、成都府にもどされた。の成都府は、成都・華陽新都・郫・双流・温江・新繁・広都・霊泉の9県を管轄した[5]

のとき、成都路が置かれ、四川等処行中書省に属した。1領司9県7州州領11県を管轄した[6]

1371年洪武4年)、により成都府が置かれた。成都府は6州25県を管轄した[7]

の成都府は3州13県を管轄した[8]

脚注[編集]

  1. ^ 漢書』地理志上
  2. ^ 後漢書』郡国志五
  3. ^ 晋書』地理志上
  4. ^ 旧唐書』地理志四
  5. ^ 宋史』地理志五
  6. ^ 元史』地理志三
  7. ^ 明史』地理志四
  8. ^ 清史稿』地理志十六