諸葛瞻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
諸葛瞻
清代の書物に描かれた諸葛瞻
代の書物に描かれた諸葛瞻
蜀漢
武郷侯・行都護衛将軍
出生 建興5年(227年
成都
祖籍:徐州琅邪郡陽都県
死去 炎興元年(263年
益州綿竹県
拼音 Zhūgě Zhān
思遠
主君 劉禅

諸葛 瞻(しょかつ せん、227年263年)は、中国三国時代武将政治家(蜀漢)の丞相諸葛亮の子。思遠徐州琅邪郡陽都県(現在の山東省臨沂市沂南県)の人。子には諸葛尚諸葛京らがいる[1][2]。『三国志』蜀志「諸葛亮伝」や魏志「鄧艾伝」等に記録がある。

経歴[編集]

諸葛亮は黄承彦の娘(黄夫人)を妻としていたが(『襄陽記』)、諸葛瞻の生母であるかどうかは明らかではない。

父の諸葛亮は234年、武功に出陣(北伐)するときにに仕える兄の諸葛瑾に対し手紙を送り、8歳になる諸葛瞻が見せる利発さと、早熟すぎて長じて大物になれないのではないかと心配する気持ちを伝えている。

父の諸葛亮が亡くなると、父の爵位である武郷侯を継ぎ、また周囲からの期待を受けた。17歳の時、皇帝劉禅の娘を娶り、騎都尉を拝命。翌年、羽林中郎将となり、射声校尉、侍中尚書僕射と昇進し、軍師将軍を加えられた。

書画が巧みで、記憶力が良く、諸葛亮を追慕する人達から愛された。彼らは何か慶事があるたびに諸葛侯のおかげともてはやし、諸葛瞻は実力以上の評判を受けるようになったという。

261年、行都護衛将軍となり、董厥と共に平尚書事となり、董厥や樊建と共に国政を動かす地位となったが、劉禅が信任する宦官黄皓の専横にはなすすべもなく、諸葛瞻と董厥は黄皓と私的な関わりを持つようになったという。

262年、蜀の軍権を握る姜維の失脚を黄皓が願うようになると(「姜維伝」)、董厥と共にこれに同調したが、成功しなかった。諸葛瞻自身が姜維に代わって閻宇を取り立てるよう上奏したともいわれる(孫盛『異同記』)。閻宇については黄皓と結託していたと明記されている(「姜維伝」)。

263年の大軍が蜀に侵攻し、姜維を始めとする防衛軍の大半が剣閣で釘付けとなる中、魏将の一人である鄧艾が陰平の間道を経由し、蜀の前線防衛陣を掻い潜って成都を突こうとした。このとき、諸葛瞻は劉禅の命により出撃する。諸葛瞻は涪まで軍を進めて戦況をうかがうのみで積極的に迎撃に出ようとしなかったため、黄崇黄権の子)にその指揮を批判された。黄崇は涙を流しながら出撃を願ったが容れられなかった。鄧艾は間道を経由し、江油の要害を難なく陥落させた。

諸葛瞻は先鋒隊が敗れたので涪より後退し、綿竹に陣営を構えた。鄧艾は手紙を送り降伏を勧めたが諸葛瞻は受け入れず、激怒して鄧艾の使者を斬った。諸葛瞻は緒戦では魏軍を退けたが、鄧艾の猛攻の前に大敗し、息子の諸葛尚張遵張飛の孫で張苞の子)、黄崇、李球中国語版李恢の甥)と共に戦死した(蜀漢の滅亡)。

評価[編集]

『三国志』の編者で蜀の旧臣でもある陳寿は、諸葛瞻は実力以上の名声を得ていたと評した。ただし陳寿がかつて諸葛瞻の下役として恥辱を受けたから曲筆したという話もある(孫盛『異同記』)。

武帝は詔勅を出し、諸葛瞻が国難に殉じ信義を守ったことを評価した(『晋泰始帰居注』)。

干宝は、諸葛瞻の能力はさほど評価するほどではないが、国家を守り父の志を継いで忠孝を尽くそうとした点は評価した。

史跡[編集]

なお、四川省綿竹市に綿竹防衛戦で戦死した諸葛瞻と諸葛尚、張遵、黄崇、李球と諸葛亮を祭る、諸葛双忠墓祠がある[3]

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、生母は黄夫人であると紹介されている。宦官の黄皓の横暴に反発し病と称して門を閉ざしていたが、魏の侵攻が始まると、郤正の薦めを受けた劉禅によって召還されて出撃し、史実と同様に綿竹の守備につく。一度目は父の木像と共に出陣し「諸葛亮が生きていた」と魏軍を混乱させ、二度目は諸葛尚の活躍で魏軍を敗退させている。そして鄧艾から降伏して魏に仕えるよう迫られると、使者を斬ることでこれを拒絶し出撃するが今度は敗北し、呉に救援を求める使者を送り到着前に出撃し戦死している。

家系図[編集]

●
┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                                              ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓        ┃
諸葛珪                                                                諸葛玄    ┃
┣━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┓                  ┃                   
諸葛瑾                    諸葛亮                            諸葛均              諸葛誕
┣━━━┳━━━┓        ┣━━━━━━━━━━━┓        ┃                  ┃
諸葛恪  諸葛喬  諸葛融    諸葛瞻                  諸葛懐    諸葛望             諸葛靚
        ┃                ┣━━━┳━━━┓                             ┃
        諸葛攀           諸葛尚  諸葛京  諸葛質                         諸葛恢諸葛顕

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ の学者・張澍が記した『諸葛忠武侯文集』のうち「諸葛氏譜」「朝真観記」「雑記」・『編集諸葛忠武侯文集自序』によれば、諸葛瞻は諸葛質という子と諸葛懐という弟がいたと記されている。
  2. ^ 諸葛亮の子孫を称している、浙江省蘭渓市にある諸葛八卦村という村は1992年になって家系図が見つかったとして諸葛京の血筋であることを自認している。
  3. ^ 三国遺址探訪:諸葛双忠墓祠

関連項目[編集]