歩練師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歩 練師[1](ほ れんし、? - 238年)は、三国時代孫権の妻。「練師」は徳行の高い道士という意味である[2]徐州臨淮郡淮陰県(現在の江蘇省淮安市)の出身。生前は夫人の一人であり。死後に皇后の位を追認された。通称を歩夫人歩皇后という[3]。子に孫魯班孫魯育。同族に歩隲歩協歩闡らがいる。

生涯[編集]

前漢初期の淮陰侯の末裔とされる。後漢の末、母親に連れられ廬江に移住した。199年建安4年)12月に廬江が孫策に破られると、母と共に捕虜として江南へ移った。

容貌が美しかったため、孫権に見初められ側室となった。その寵愛ぶりは後宮中第一であった。歩夫人は孫権との間に2人の娘を産んだ。歩夫人は嫉妬を知らぬ性格であり、常に他の女性たちを薦めたため、孫権からも長く愛されることとなった。

221年黄初2年)、孫権は王位に就くと、歩夫人を王后にしたいと考えた。さらに229年黄龍元年)、帝位に就いた時には皇后にしたいと考えたが、重臣たちはみな、徐夫人を皇后にすべきだと進言した。そのため孫権は思い悩み、この問題に決着が付けられないまま10年余りが経過した。しかし宮中では、誰もが歩夫人のことを皇后と呼び、親戚の者たちが上奏する際も彼女を中宮(皇后のいる宮殿、転じて皇后自身を指す)と呼んだ。

238年赤烏元年)死去した。臣下たちは孫権の意向を受け、彼女に正式に皇后の位を追贈するよう申し入れた。同年閏12月1日、歩夫人に皇后の印綬が贈られ、策命(皇后に冊立するための任命書)が下された。これにより、歩夫人は正式に皇后となり、蒋陵(孫権の陵墓)に葬られた。

逸話[編集]

孫権は歩夫人の死を大いに哀しみ、皇后を追贈する策命の中でその悲痛な思いを吐露した。

ああ皇后よ、后こそは私が天命を遂行するための補佐者であり、二人して天地の秩序に慎み従ってきたのであった。あなたは日夜 敬虔 に努めて、朕と苦労を分ち、主婦として奥向きのことを修め正されて、礼の根本に違うことなく、心は寛く思いやり深く、貞淑の徳をしっかりと身 につけておられた。臣下たちも民衆たちも遥かにあなたを仰ぎ見て、遠い者も近い者も皆あなたに心を寄せた。 朕は、世の中の困難がまだ取り除かれず、天下の統一がまだ果たされていないところから、后の御心にそって常に謙譲を旨とし、それ故急いであなたに皇后の名号を 授けることはしなかったのであるが、それは后が天から長寿を受けられて、末永く朕とともに天の下された素晴らしい恩恵に答えて、それを 宣揚してゆくことができるであろうと考えていたからでもあった。〔しかるにあなたは〕思いがけなくもたちまちに世を去られ、ご寿命は長くはなかったのである。 朕は〔あなたを皇后にしたいという〕かねての気持を早く明らかにしておかなかったことを心残りに思い、后が逝去されて、天の授けられる幸せを十分に享受することがなかったことを悲しみ、深い哀惜の念は、わが心を痛ましめる。

—《正史三国志6 呉書Ⅰ 孫権歩夫人伝 陳寿、裴松之注 小南一郎訳、ちくま学芸文庫》

参考文献[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 『建康実録』
  2. ^ 『唐六典』
  3. ^ 『太平御覧』