曹芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曹芳
第3代皇帝
王朝
在位期間 239年 - 254年
姓・諱 曹芳
蘭卿
生年 太和6年(232年
没年 泰始10年(274年
曹楷(出自不明)
后妃 甄皇后
張皇后
王皇后
年号 正始240年 - 249年
嘉平249年 - 254年

曹 芳(そう ほう)は、三国時代の第3代皇帝

少帝芳、廃帝芳、斉王芳とも称される。

生涯[編集]

先代の曹叡の子が相次いで夭折したために、親族の秦王曹詢と曹芳の兄弟を養子に迎えて、皇太子候補として養育していた。だが、その経歴ははっきりと判明していない[1]

青龍3年(235年)、斉王に封建された。

景初2年(238年)に、邪馬台国女王卑弥呼の使者が明帝への拝謁を求めて洛陽に到着している。この遣使の年は景初3年であるという異説(梁書倭国伝など)もあり、その場合には邪馬台国の使者が拝謁したのは曹芳だということになる[2]

景初3年(239年)正月(1日)、曹叡が危篤となり皇太子に立てられ、その日のうちに曹叡の崩御に伴い皇帝に即位する。まだ幼年(8歳)であるために、曹爽司馬懿が補佐につき政務を取り仕切った。

正始4年(243年)正月、元服した。曹操の廟庭に功臣20人を祭った[3]。この年に倭国女王が朝貢している[4]

正始5年(244年)、曹爽が蜀漢討伐を行うが失敗に終わった(興勢の役)。曹操の廟庭に功臣1人を追加して祭った[5]

正始7年(246年)、毌丘倹・王頎が高句麗を討伐する。

正始8年(247年)、帯方太守王頎到官。この頃に半島の直轄化が完了した。

嘉平元年(249年)、司馬懿がクーデターを起こして曹爽一族、一党を追放・誅殺したため、これ以降の魏は事実上司馬一族の支配するところとなった。

嘉平3年(251年)、王淩曹彪を擁してクーデターを図るが露顕し、王淩は自殺、曹彪も死罪となる(王淩の乱)。司馬懿が死去し、司馬師が実権を握った。

嘉平6年(254年)、李豊夏侯玄張緝張皇后の父)らが司馬師を追放しようと計画するが失敗し、関係者は全て誅殺された。張皇后を廃し、新たに王皇后を立てた。

この事件により司馬師は皇帝の廃位を計画し、既に成人しているのに政務を看ずに、色欲に耽っているという理由で同年廃位し、斉王に引き戻した。時に23歳であった。廃位後洛陽を去る時、数十名の朝臣のみが見送った。

泰始元年(265年)、が成立すると、邵陵公に降格された。

泰始10年(274年)に43歳で死去した。

血縁[編集]

后妃[編集]

[編集]

不詳

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三国志魏書斉王紀では、曹芳の実父は記されず、由来を知る者はない、とされている。ただし、裴松之注が引用する孫盛の『魏氏春秋』には、済南王曹楷(武帝曹操の孫で、曹彰の嫡子)の子という説が記されている。
  2. ^ 至魏景初三年、公孫淵誅後、卑彌呼始遣使朝貢、魏以爲親魏王、假金印紫綬。『梁書 巻五十四 列伝第四十八 諸夷伝 倭国伝』
  3. ^ 秋七月、詔祀故大司馬曹真曹休、征南大將軍夏侯尚、太常桓階、司空陳羣、太傅鍾繇、車騎將軍張郃、左將軍徐晃、前將軍張遼、右將軍樂進、太尉華歆、司徒王朗、驃騎將軍曹洪、征西將軍夏侯淵、後將軍朱靈文聘、執金吾臧霸、破虜將軍李典、立義將軍龐德、武猛校尉典韋於太祖廟庭。『三国志 巻四 魏書 三少帝紀 斉王紀』
  4. ^ 冬十二月、倭國女王俾彌呼遣使奉獻。『三国志 巻四 魏書 三少帝紀 斉王紀』
  5. ^ 冬十一月癸卯,詔祀故尚書令荀攸於太祖廟庭。『三国志 巻四 魏書 三少帝紀 斉王紀』

参考文献[編集]

『正史 三国志 4 魏書Ⅳ』(陳寿著、裴松之注、今鷹真・小南一郎訳、ちくま学芸文庫、1993年3月、ISBN 4-480-08044-9