夏侯惇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏侯惇
Xiahou Dun Portrait.jpg
矢に刺さった自らの眼球を喰らう夏侯惇
高安郷侯・大将軍
出生 生年不詳
豫州沛国譙県
死去 延康元年4月25日220年6月13日
ピン音 Xiàhóu Dūn
元譲
諡号 忠侯
別名 渾名:盲夏侯
主君 曹操曹丕

夏侯 惇(かこう とん / かこう じゅん、 ? - 延康元年(220年6月13日)は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。元譲(げんじょう、Yuánràng)。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市)の人。『三国志志「諸夏侯曹伝」に伝がある。吉川英治三国志横山光輝三国志などの小説作品では「かこうじゅん」と呉音読みになっている。


出自[編集]

前漢高祖に仕えた夏侯嬰の末裔という。『三国志』(裴松之注引)の『曹瞞伝』や『世語』によると、曹嵩(曹操の父)は叔父(父の弟)に当たるという。曹操夏侯淵従兄弟に当たる。

生涯[編集]

14歳の時、学問の師を侮辱した男を殺し、荒い気性を持つ人として知られるようになる。曹操が拳兵した時から一部隊の将として付き従い、190年、曹操が奮武将軍を称すると、その司馬に任じられた。曹操が董卓配下の徐栄に滎陽県汴水で敗れると、軍兵不足を補うため、夏侯惇は曹操と共に揚州に赴き、丹陽太守の周昕達の協力を得て、精強な兵士を得たが、反乱により多くを失った(「武帝紀」)。

曹操が兗州を中心に勢力を広げるようになると、夏侯惇は別に軍を率いて白馬に駐屯するようになり、折衝校尉・東郡太守に任じられた。

曹操が徐州の陶謙と対立し戦闘状態になると、夏侯惇は徐州に出征する曹操に留守を任され濮陽の守備についた。まもなく呂布張邈陳宮らと謀って兗州を急襲し、兗州の大半が曹操から離反した。この時、同じく曹操の留守を任されていた荀彧に呼び出された夏侯惇は、到着したその日の内に、城内で叛乱を企てていた者たちを速やかに逮捕して処刑した(「荀彧伝」)。兗州の混乱を耳にした豫州刺史の郭貢が数万の兵を率いて城下に出向いてきたときは、郭貢と単身で会見に出向こうとする荀彧の身を案じこれに反対した(「荀彧伝」)。

その後、曹操の家族を守るために軽装の兵を率いて鄄城に向かうと、呂布の本隊と遭遇した。呂布は一時撤退して濮陽に入り、夏侯惇の輜重を奪った上で、部下の将に策をもって夏侯惇を捕らえさせた。夏侯惇の陣営は恐怖に陥ったが、夏侯惇の下に属していた韓浩の、主を人質に取られても臆しない果敢な対応が功を奏し、結果として夏侯惇が救出されている。曹操が徐州から帰還すると夏侯惇は韓浩の功績を賞賛した。

その後、夏侯惇は曹操の下で呂布討伐に従軍したが、左眼に流れ矢が当たる怪我を負った。このことから、同族の夏侯淵と区別するために盲夏侯とあだ名された。だが夏侯惇は嫌がり、鏡で自分の顔を見る度に怒って、鏡を投げ捨てたという(王沈の『魏書』)。198年、呂布配下の高順が沛にいた劉備を攻撃すると、その救援に赴いたが、高順に敗れた(「呂布伝」)。

この間、夏侯惇は陳留太守・済陰太守を歴任し、また建武将軍を付加され、高安郷侯に封ぜられた。(陳留の)太寿の川をせき止める堤防を築き、自らもっこを担いで稲を植えるよう指導した。一方、衛臻の妻に供応することを強要したが拒絶され、衛臻を迫害したこともあったという(「衛臻伝」)。

199年には、洛陽の長官である河南尹に転任した。曹操が袁紹と敵対し河北を征伐するとその後詰めを務めた。曹操が袁紹を破った後、豫章太守の孫賁と交州刺史の張津に手紙を送り、南方から荊州の劉表を牽制させたこともあったという(「孫破虜討逆伝」が引く『志林』)。

劉表の命令を受けた劉備が曹操の留守を狙って葉(しょう)へ侵入すると、夏侯惇は于禁李典を従えてこれを迎撃した。劉備は屯営を焼き払って博望に撤退した。李典は「伏兵があるので追ってはいけません」と諌めたが、夏侯惇はこれを聞き入れずに追撃した。案の定伏兵の攻撃を受けて危機に陥ったが、李典に救出された(博望坡の戦い、「李典伝」「先主伝」)。

204年が平定されると伏破将軍に昇進した。河南尹の職は引き続き任され、法令に拘束されず自己の判断で職務を遂行されることが許された。

206年并州高幹が劉表と結んでいた張晟と共に反乱を起こし、河東の衛固・范先がこれに呼応すると、曹操は夏侯惇を彼らの討伐に向かわせた。河東太守の杜畿は、夏侯惇の大軍が着く前に衛固らのもとへ行って油断させ、それから張辟に篭って彼らを防いだ。そこに到着した夏侯惇が大軍を率いて高幹・張晟を撃破し、衛固・范先を捕らえて処刑した(「杜畿伝」)。

207年、夏侯惇の功績が朝廷に取り上げられ、1800戸が加増され、合計2500戸となった。

213年、曹操と孫権が濡須口で戦ったが、互いに被害を出したために和睦が成立した。曹操は許昌に帰還する際に、夏侯惇を揚州方面全二十六軍の総司令官に任命。居巣湖辺に留め、張遼臧覇といった将軍達を率いさせた。その直後、孫権は曹操に対して臣従の意を示した。曹操は楽人と歌姫を与え、夏侯惇の功績を古人になぞらえて賞賛した。

219年、曹操は関羽に備えるため摩陂に出陣したとき、夏侯惇を呼び寄せた。このとき曹操は夏侯惇に対し、車への同乗や、曹操の寝室への自由な出入りを許し信頼を示したという。このときに魏国の前将軍に任命された。これまで夏侯惇は、魏王に即位した後の曹操の配下では唯一の官位に就いており、漢の直臣という立場は曹操と同じであった。これは曹操が「不臣の礼(配下として扱わない特別待遇)」として、夏侯惇に対して魏の官位を与えようとしなかったからであるが、夏侯惇は自分には過ぎた扱いとしてこれを固辞、魏国の官職を与えられることを強く要請したという。

夏侯惇は曹操に帝位につくよう熱心にすすめたとも(『魏氏春秋』)、桓階が曹操に帝位につくよう勧めたことに異議を唱え、まずを滅ぼしてから帝位につくべきだと主張したともいわれる(『曹瞞伝』、『世語』)。

夏侯惇は諸軍を率いて寿春に帰還し、召陵に駐屯した。220年正月、曹操が亡くなり曹丕が魏王を継ぐと3月に大将軍三公を凌ぐ軍務・軍政の最高職)に任命されたが、延康元年(220年)の4月、曹操の後を追うかのように病に倒れ、この世を去った(「文帝紀」)。先に曹操が帝位につくことに反対したことを後悔したため発病したという説もある(『曹瞞伝』、『世語』)。

忠侯233年曹叡の代)に、曹仁程昱と共に曹操の廟園に祀られた。

性格は清潔で慎ましやかであり、お金が余れば人に配り、日頃から学問や鍛錬に励み、軍中においても学問の教師を同行させたという。

許昌に最近まで残されていた夏侯惇の陵墓を発掘した際には、埋葬品がたった一振りの剣しかなかった[1]

官位[編集]

裨将→行奮武将軍司馬→折衝校尉・東郡太守→建武将軍・陳留太守→建武将軍・済陰太守→建武将軍・河南尹→伏波将軍・河南尹→前将軍(魏国)→大将軍(魏国)

演義での夏侯惇[編集]

小説『三国志演義』での夏侯惇は、軽率なところがあるものの武勇に秀でた猛将として描かれている。例えば、董卓配下の徐栄を突き殺し、呂布配下の将軍である高順を一騎打ちで追い払うといった活躍を見せている。

一般的に、夏侯惇というと隻眼の将軍といった印象があるが、この夏侯惇像を一層強くする挿話の舞台となるのは、その後の呂布との戦いである。この戦いの最中、呂布の将を追撃する夏侯惇を陣中から確認した敵将曹性は、矢を放ち夏侯惇の左目を射抜く。この時、夏侯惇は刺さった矢を眼球諸共引き抜き、「父之精母之血不可棄也(父の精、母の血、棄つるべからざるなり)」と叫びこれを喰らい、その後に左目を射抜いた曹性を、次の矢を番える暇もなく顔を突き刺し、討取るというものである。孔融禰衡を曹操に推挙した際、禰衡は曹操を筆頭に臣下の言行を様々に言い連ねているが、夏侯惇は「五体満足」と皮肉られる、という挿話も演義には見られる。

新野の劉備討伐の為に、10万の兵の大将として侵攻した際、敵先鋒の将軍趙雲を追軍し、博望坡まで深追いしてしまう。副将の李典は「博望坡は火計をしかけるのに優位な地形だ」と勧告するも、諸葛亮の火計にかかり潰走、大敗してしまう(博望坡の戦い)。兵の大半を逸した夏侯惇は、自らの処断を覚悟すると体を縛りつけ曹操と対面したが、曹操はこれを赦す。

220年、曹操の危篤に際し枕元へ呼びつけられると、そこでかつて曹操が殺害した人物達の亡霊を見てしまう。これによって夏侯惇は昏倒、その後間も無く死去してしまう。

家系図[編集]

 
 
夏侯惇
 
夏侯充
 
夏侯廙
 
夏侯劭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯楙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯子臧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯子江
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯廉
 
 
夏侯佐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯淵
 
夏侯衡
 
夏侯績
 
夏侯褒
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯覇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯称
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯威
 
夏侯荘
 
夏侯湛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯恵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯尚
 
夏侯玄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏侯儒
 
 
夏侯徽
 
 
 

子孫・兄弟[編集]

[編集]

  • 夏侯充(字:不詳)
長子。夏侯惇の没後、後を継ぐ。
『演義』では養子という設定になっている。
  • 夏侯子臧(名:不詳)、夏侯子江(名:不詳)
『魏志』夏侯惇伝によると、2人は兄の夏侯楙から礼儀に適っていないと誹謗されて怨みを抱き、清河長公主と共謀して兄を処刑すべく曹叡に上奏したが、未遂に終わっている。

また、夏侯惇の没後に夏侯惇の7人の子と2人の孫が関内侯に封じられたという記録がある。

[編集]

  • 夏侯
夏侯充の子。
  • 夏侯佐
『晋陽秋』によると、高安郷侯となり、266年に死去したといい、これによって夏侯惇の直系子孫は絶えた。。

曾孫[編集]

  • 夏侯劭
夏侯の子。『晋陽秋』では夏侯佐の没後に遠縁より迎えられた養子とされている。

兄弟[編集]

  • 夏侯廉
夏侯惇の生前のうちに列侯に封じられていたという。

『三国志演義』では夏侯淵の兄とされる。また、吉川英治の小説『三国志』や横山光輝の漫画『三国志』では、夏侯恩が夏侯惇の弟としている。夏侯恩は『三国志演義』に登場する架空の人物であるが、演義本編にはそのような記述はない。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『三国志 真の最強は誰だ?』Mediax Mook414 平成25年8月30日発行 ISBN 978-4-86201-444-3 29ページ