孫慮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孫 慮(そん りょ)は、中国の人物。


孫慮
続柄 大帝第二皇子

全名 孫慮
称号 建昌侯
身位 県侯
敬称 君侯
出生 建安18年(213年
死去 嘉禾元年(232年
(享年20)
配偶者 潘氏(潘濬の娘)
父親 大帝
役職 鎮軍大将軍
テンプレートを表示

孫 慮(そん りょ、213年 - 232年)は、中国三国時代の呉の皇族。字は子智。父は孫権。兄は孫登。弟は孫和孫覇孫奮孫休孫亮。妻は潘濬の娘。

生涯[編集]

幼いころから聡明で才芸を身につけたので孫権に可愛がられた。黄武7年(228年)に建昌侯に封ぜられた。

黄龍元年(229年)、孫権は武昌から建業に再び遷都したが、武昌には太子孫登や皇子たちを置き、陸遜を武昌に召し寄せた上で、皇子や公子たちの教育係を務めさせた。当時、孫慮は闘鴨に熱中していたため、陸遜から学問に勤しむよう諌められたこともあった。孫慮はすぐに鴨の欄を取り壊したという[2]

黄龍2年(230年)、顧雍は上奏し、孫慮の位を進めて王にすべきと進言した。孫権は一度これを拒絶したが、尚書僕射からも同様の勧めがあったため、王にする代わりに軍府を開くことを認めさせ、鎮軍大将軍に任じた。黄龍3年(231年)、九江付近の半州に開府した。このとき招かれた人物として薛綜がおり、長史として事務統括を任された[3]

孫慮は年が若かったため、力量が危ぶまれたが、法を遵守し、師友の言葉を重んじたため、周囲の期待以上の治績を挙げた。

嘉禾元年(232年)春正月に死去[4]。享年20であった。孫権はその死を嘆き、食事も咽を通らないほどであった。

陳寿は、孫慮を孫和と共に「優れた資質を備え、自ら修養に励んだ人物」として評しつつも、短命に終わったことを哀しむべきことであったとしている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 孫綝
  2. ^ 『三国志』呉志 陸遜
  3. ^ 『三国志』呉志 薛綜
  4. ^ 『三国志』呉志 呉主