簡雍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

簡 雍(かん よう、生没年不詳)は、中国後漢末期の政治家。憲和幽州涿郡(河北省張家口市)の人。劉備に仕えた。

生涯[編集]

元の本姓は“”だったが、幽州では“簡”と発音されていたので、改姓した[1]

同郷出身の劉備とは、若い頃からの旧知の仲であった。早い時期から常に劉備に随伴してともに各地を転々とした。劉備が荊州に入ると孫乾糜竺とともに従事中郎となり、話し相手になったり使者を務めたりした。

劉備が益州に入ると、劉璋にその人柄を愛された。劉備と劉璋が対立すると、成都で抵抗する劉璋への降伏勧告の使者となった。劉璋は説得に応じ、簡雍と同じ輿に乗り城を出て、劉備に臣従した。

劉備から昭徳将軍に任命され、糜竺の次で孫乾と並ぶ待遇を受けたという(「孫乾伝」)。

簡雍は大らかで非常に落ち着いた性格の人物であった。また傲慢な性格で、劉備が出席する席でもだらしない振る舞いを止めなかった。諸葛亮達に対しても全く遠慮せず、自分だけ長椅子を占領した上で寝そべったまま談笑したりした。さらに劉備が禁酒令を出した時は、ユーモアを交えてこれを諌め、劉備を笑わせるとともに、禁令を止めさせている。

没年は不詳である。

219年に劉備を漢中王へ推挙した群臣達の中や、221年に劉備を皇帝へ推戴した群臣達の中にも、簡雍の名は見えない。

禁酒令での逸話[編集]

水不足で禁酒令が出ていた際、酒造道具を所持していたというだけで、役人がこれを逮捕し告発した事があった。ある日、簡雍が劉備と共に市街を歩いていた時、簡雍は道行く男女を見て「あの二人は淫行の罪を犯そうとしているのに、何故捕らえないのですか」と尋ねた。劉備が「何故それが分かるのか」と尋ねると、簡雍は「あの者達は淫行の道具を持っていますから…」と答えた。劉備は大笑いし、酒造道具の所持者を赦す事にしたという。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』でも、劉備配下の文官の一人として登場する。長坂の戦いでは曹操軍の追撃による混乱の中で負傷し、動けなくなっているところを趙雲に発見され、命を取り留めている。また、劉璋の元へ降伏勧告の使者として赴いたときには、劉璋配下の秦宓に無礼を咎められ、素直に謝罪している。

脚註[編集]

  1. ^ 盧弼の『三国志集解』より。