糜竺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
糜竺
蜀漢
安漢将軍
出生 生年不詳
徐州東海郡
死去 章武元年(221年
ピン音 Mí Zhú
子仲
主君 陶謙劉備

糜 竺(び じく、? - 221年)は、中国後漢末期から三国時代の政治家。子仲徐州東海郡県(江蘇省連雲港市)の人。妹は糜夫人劉備の夫人)。弟は糜芳。子は糜威。孫は糜照。本来は(または靡とも)と読まれるという。

生涯[編集]

先祖代々裕福な家であり、蓄財を重ねた結果、小作1万人を抱え、莫大な資産を有していたという。

陶謙に招かれ、別駕従事の職にあった。194年、陶謙の死後に遺命を奉じて、小沛に駐屯していた劉備を徐州に迎えた。

196年、劉備が袁術と抗争し出陣している時、劉備の留守につけ込んだ呂布下邳を奪い、劉備の妻子を捕虜にした。劉備が広陵に軍を移動させていたが、糜竺は妹を劉備の夫人として差し出すとともに、自らの財産から下僕2千人と金銀貨幣を割いて劉備に与えた。劉備はこのお蔭で再び勢力を盛り返す事ができた。

劉備が曹操を頼った時、糜竺は曹操に評価され、上奏により嬴郡太守の地位を与えられた。また、弟にも彭城の相の地位が授けられた。しかし劉備が曹操に叛くと、糜竺兄弟もそれに従い各地を流浪した。

劉備はやがて荊州劉表を頼ることを考え、糜竺を挨拶の使者に赴かせている。糜竺は左将軍従事中郎に任命された。

劉備が益州を得ると安漢将軍に任命されたが、これは当時の諸葛亮を上回る席次の官位だった。劉備に古くから付き従った家臣である孫乾簡雍よりも上位であったという(「孫乾伝」・「簡雍伝」)。

糜竺は穏健誠実な人柄で、人を統率するのが苦手だったため、高く礼遇されたものの一度も軍を率いる事はなかった。一方で弓馬に長け、弓は左右どちら側からでも騎射を行なうことができた。子や孫まで皆がその道の達人だったという。

弟は関羽とともに荊州を任されていたが、219年個人的感情から仲違いをし、呂蒙にほとんど抵抗する事無く降伏した(「呂蒙伝」)。このため荊州に孫権軍が侵攻し、関羽は敗死してしまった。糜竺は自ら処罰を請うため自身に縄を打って出頭した。兄弟の罪に連座する事は無いと劉備に宥められたが、剛直な彼の怒りは収まる事がなく、そのまま発病して1年程で亡くなったという。

221年、劉備の即位時にはまだ存命であり、上奏した群臣の中に「安漢将軍糜竺」の名がある(「先主伝」)。

評価[編集]

楊戯が著した『季漢輔臣賛』では、糜竺・糜芳ともに讃えられているが、糜竺が字(糜子仲)で表されているのに対し、糜芳はそのまま(呼び捨て)である。これは「糜芳は裏切り者」と言う意味である、と解釈されている(陳寿著、裴松之注、井波律子訳「正史 三国志5 蜀書ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08045-7 の注釈による)。

伝説、伝承[編集]

『捜神記』には、天の使いが糜竺の家に火事が起こる事を前もって知らせたため、難を逃れたという話が収録されている。

糜竺が徐州に所有していた広大な農場では、後世になると糜竺は神として祭られた。『太平寰宇記』巻22に引く『水経注』佚文によれば、県にある鬱洲島の島民は、全て糜竺が使っていた農奴の子孫である。同じく牛欄村という村は、元々は糜竺所有の荘園・牧場であったといわれる。これらの住民達の間では糜竺を「糜郎」と呼び祭っており、住民が新たに嫁を取る際は「必ず糜郎の神前で見せてからでなければならない、そうしなければ祟りをなす」とまでいわれているため、厳格にこの伝統を守っているという。