曹峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曹 峻(そう しゅん、? - 259年)は、中国後漢末期から三国時代の人物。字は子安。の皇族。父は曹操。母は秦夫人。同母兄弟は曹玹

建安21年(216年)、郿侯に封じられた。翌22年(217年)には襄邑に転封となった。

黄初2年(221年)、公に爵位が昇格した。翌3年(222年)に陳留王となった。黄初5年(224年)には襄邑県王となった。

太和6年(232年)、再び陳留王になった。

甘露4年(259年)に死去し、陳留恭王と諡された。子の曹澳が後を継いだ。

小説『三国志演義』には登場しない。