楽進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楽進
後漢 
広昌亭侯・右将軍
出生 生年不詳
兗州陽平郡衛国
死去 建安23年(218年
ピン音 Yuè Jìn
文謙
諡号 威侯
主君 曹操

楽 進(がく しん、? - 218年)は、中国後漢末期の武将。文謙兗州陽平郡衛国の人。子は楽綝。孫は楽肇。『三国志』魏志「張楽于張徐伝」に伝がある。

生涯[編集]

一番乗りの勇将[編集]

小柄な体格だが激しい胆気を持ち、曹操董卓に反抗して挙兵すると、その下へ馳せ参じた。曹操は当初、楽進を武将ではなく帳下の吏(記録係)として用いていた。あるとき楽進を出身郡へ帰らせて兵を集めさせたところ、楽進は1000もの兵を引き連れ帰還してきたという。これにより曹操は楽進を武将として起用することにし、軍の仮司馬・陥陣都尉に任命した。

濮陽での呂布・雍丘での張超・苦での橋蕤袁術軍の部将)との戦いでは、いずれも一番乗りとしての戦功を立て、広昌亭侯に封ぜられた。

建安3年(198年)、安衆での張繍戦・下邳の呂布包囲戦では、別将を破った。

翌4年(199年)、射犬での眭固攻撃・での劉備攻撃にも従軍し、全てを討ち破って討寇校尉に任ぜられた。

翌5年(200年)、官渡の戦いでは黄河を渡り、于禁と共に歩・騎兵5000を率いて獲嘉にある袁紹側の陣営を攻撃した(「于禁伝」)。官渡に帰還した後も勇戦し、烏巣では淳于瓊を斬った[1]

建安7年(202年)9月、袁譚袁尚兄弟との戦いにも従軍し、黎陽では袁尚軍の大将厳敬を斬り、これにより行遊撃将軍に任ぜられた。

翌8年(203年)、曹操は3月に黎陽から逃走した袁兄弟を4月に城に追い詰めた後、5月に一度許都に帰還した。楽進は張遼と共に陰安を落とし、住民を河南に移した(「張遼伝」)。その後、別働隊を率いて黄巾の残党を打ち破り、楽安郡を平定した。

翌9年(204年)正月、鄴城包囲の軍に従軍した。8月に鄴城は陥落した。

翌10年(205年)正月、南皮の袁譚を攻め、東門へ一番乗りとして突入した。袁譚撃破後は、張郃と共に(「張郃伝」)別働隊を率いて雍奴を攻撃し打ち破った。

同年8月、曹操が烏桓を征討した隙に并州高幹が反逆すると、楽進は李典とともに別働隊を率いて北道から上党郡に入り、道を迂回して高幹の背後に出た。高幹がこれを受けて壺関に引き揚げると、楽進は連戦して高幹の兵を斬首した。しかし、高幹は壺関に引き籠って堅守し降伏しなかった。

翌11年(206年)正月、曹操が自ら高幹を征討して三カ月後に、曹仁の策でようやく陥落させることができた(「曹仁伝」)。曹操が朝廷に楽進・于禁・張遼の栄誉を称えてこれを上奏すると、楽進は折衝将軍に任命された。

同年8月、曹操が淳于に布陣すると、楽進は李典とともに海賊の管承を攻撃した。管承が敗れて海島に逃げ込んだため、海岸付近は平定された。

当時、楽進は于禁・張遼・張郃・徐晃と共に名将と謳われており、曹操が征伐に出る度に五人が交代で、進攻のときは先鋒となり、撤退のときは殿軍となっていた(「于禁伝」)。

守りの要[編集]

荊州劉表からの攻撃に備え、楽進は陽翟に派遣された。于禁が潁陰に、張遼が長社に派遣されていたため、三人がいがみ合うことがあったが、参軍の趙儼のおかげで統制された(「趙儼伝」)。

建安13年(208年)7月、荊州平定戦に従軍した。

曹操が赤壁の戦いで敗れ荊州から撤退すると、楽進が襄陽に駐屯した。また、劉備軍の関羽や蘇非らを撃破して敗走させた。南郡の山谷に蛮居していた異民族も、楽進に降伏した。その後、劉備の任命した臨沮県長の杜普や旌陽県長の梁大を征伐し、大いに破った。尋口でも文聘と共に関羽を討った(「文聘伝」)。

建安17年(212年)、劉備が劉璋へ告げた内容には「関羽は青泥で楽進と対峙しており、自らが救援にいかねば楽進が大勝し、張魯を上回る脅威になる」と述べられている(「先主伝」)。

曹操の孫権征伐に従軍すると、仮節となった。曹操は帰還する際、楽進を張遼・李典と共に合肥へ駐屯させ、敵軍の侵攻を防がせた。楽進は城の守りを担当し、500戸を加増され1200戸の領邑を領すようになった。

李典・張遼とは不仲であったが、建安20年(215年)に合肥城が包囲された時(合肥の戦い)は、李典の説得で恨みを忘れて協力した(「李典伝」)。張遼と李典が決死隊を率いて城外に出撃したため、楽進は薛悌と城の守備を担当した。孫権が撤退すると、楽進は張遼らと共にこれを追撃した(「張遼伝」)。

何度か戦って武功を得たので、500戸を分割し1子を列侯に立てることが許され、右将軍に昇進した。この時、夏候惇は曹操からの「不臣の礼」により前将軍となっていなかったため、右将軍の楽進は左将軍の于禁と並び、魏の将軍として筆頭の地位にあった。

建安23年(218年)死去し、威侯された。子が後を継いだ。

正始4年(243年)秋7月、曹芳(斉王)は詔勅を下し、曹操の廟庭に功臣20人を祭った。その中には楽進も含まれている(「斉王紀」)。

『魏書』は、楽進が行軍の中から抜擢され、佐命立功して名将となったことを、曹操の人物眼が優れていたことの例えとして挙げている。

陳寿は、曹操在世時に最も功績があった将軍の一人として、張遼・于禁・張郃・徐晃と同じ巻に楽進伝を置き、楽進を「驍勇果断で名を顕した」と評している。一方で、張遼や徐晃のように評判を裏付ける詳細な記述が無いのは、記録漏れがあったからなのだろうとも述べている。

演義の楽進[編集]

小説『三国志演義』では、弓を得意とする武将として描かれている。濮陽の地で呂布軍と戦った時には成廉を射殺し、また南皮での袁譚との戦いでは郭図を射殺している。濡須口の戦いでは凌統一騎討ちを行ない、数十合の討ち合いを展開するが、その最中に甘寧の矢を顔に受け矢傷を負ってしまう。その後は登場しない。

[編集]

  1. ^ 建安5年(200年)冬10月、曹操が淳于瓊を強襲したときの戦い。

関連項目[編集]