濡須口の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
濡須口の戦い
戦争濡須口の戦い
年月日212年223年
場所:濡須口(現在の安徽省蕪湖市無為県
結果:一次(212年):曹操軍が総退却
二次(216年~217年):曹操軍が総退却。
三次(222年):魏軍は総退却。
交戦勢力
孫権軍(一次、二次、三次) 曹操軍(一次、二次)
軍(三次)
指導者・指揮官
孫権(一次)
孫権蒋欽呂蒙(二次)
朱桓(三次)
曹操(一次、二次)
曹仁(三次)
戦力
不明 不明
損害
三国時代

濡須口の戦い(じゅしゅこうのたたかい)は、中国後漢末期に、長江と淮河の間に位置している合肥一帯を巡って曹操孫権の間で行われた戦い。濡須口は九江郡合肥にある巣湖の南岸に位置している。この巣湖は長江支流の一つから突き出たような位置に存在していて、湖と長江を繋ぐ支流は濡須水と呼ばれており、その濡須水の河口部を濡須口と呼んでいる。孫権勢力にとって濡須口は、曹操勢力との揚州方面での最前線に位置しており、国防の一大拠点であった。また、同じ巣湖の北岸には魏の重要拠点である合肥城があり、ここを攻略する上でも濡須口は重要な意味を持っていた。

213年に起こった戦いが有名で、100人の甘寧軍が40万人の曹操軍に大敗を喫したことで知られている。

第一次戦役(212年-213年)[編集]

かつて孫権が益州に遠征しようとしたとき、劉備は内心で自ら規画しようとしており、孫権に偽って報答するには「劉璋は同じご先祖様だ。攻めてはいけない。もし君が蜀を攻めるなら、私は蜀攻めに協力せず、山にこもろう。天下から、信義を失わないよう」劉備が反対していた。

212年10月、前年に馬超以下関中の軍閥を破った曹操は自ら40万大軍を率いて孫権征討を開始した。馬超を倒した以上曹操は西部にまわす兵力をある程度減らすことも出来、さらに関中以西の動員力をある程度掌握していたはずで、この時曹操は赤壁時以上の大軍を率いていた可能性もある。

213年正月、曹操は軍を濡須口に進めると、孫権も自ら7万軍を率いて防衛にあたり、劉備にも救援を要請した。劉備は救援の名目で益州の劉璋より兵馬物資を借りたが、孫権の救援には赴かず、逆に劉璋を不意打した。濡須口防衛で孫権軍は自軍の力で支えられている。劉備が劉璋を攻めたとき、孫権は「狡猾な奴め、詐術を弄しおったわ!」と云った。孫瑜は孫権に自重を説いたが、孫権は従わなかった、結局何の戦果も挙げることはできなかった。

董襲は孫権がこれに赴くのに従い、董襲に五楼船<5階戦艦>を督して濡須口に駐まらせた。董襲の五楼船が夜間の突風で横転、この時董襲は部下に下船するように説得されたが、将軍としての責務を説き最後まで艦の復帰を図った。結局転覆し、董襲は溺死した。曹操は孫権の江西営を攻撃して打ち破り部将の公孫陽を捕らえるなどしたが決定打には欠いた。甘寧は孫権の命を受けて僅か一百人の部隊で夜間に曹操軍の陣を襲撃して、曹操軍に甚大な損害を与えた。

呂蒙の献策でたびたび奇計を進言し、孫権は塢を築きたいと考えていたが、諸将はみな「岸に上がって賊を撃ち、足を洗って船に入るまでのことです。塢を築いたとて何の役に立ちましょう?」と言った。呂蒙は言った「勢いにも鋭いときと鈍いときがあり、戦いに百戦百勝はあり得ません。もし何かのはずみで敵軍の歩騎が我らに迫り、川に入る暇もないとなれば、どうして船に入ることができましょうか?」さらに河口を挟んで濡須塢(堡塁)を築くよう孫権に勧めた。孫権は「よい考えだ」と言い、かくてこれを築いたのである。曹操は濡須に出場すると油船を作り、夜間に中洲の上に渡らせた。孫権は曹操で囲み取って三千余人を得、没溺者も亦た数千人だった。孫権は積極的に戦いを挑もうとしたが、軽船に乗り自らって来て軍を観、濡須口より曹操軍の陣に入った。諸将は皆なこれは挑戦者だと考え、曹操軍は弓弩を乱発させた、これを撃とうとした。乗艦の片舷に敵の矢が集中したため、その重さで転覆しそうになったという。そこで孫権は艦を180°回頭させ、逆舷にも敵の矢を浴び、艦の均衡を保った。曹操「これはきっと孫権が自ら我が軍の部伍を見ようとしたものだ、軍中皆なに厳戒させ、弓弩を妄りに発させなかった。」孫権は行くこと五・六里で迴頭し、帰還には鼓吹を為した[1]。曹操は孫権の布陣に少しの乱れも無いことに感嘆し、「子を生むなら孫仲謀の如くであるべきだ。劉景升の息子は豚犬のようなものだ!」と周囲に語ったという。

曹孫長い間膠着状態だった時に孫権が曹操への札簡で説くには「春はまさに水が生ず。君は宜しく速やかに去るべし」。別の紙で言うには「足下が死なねば私は安んずる事が出来ぬ」。曹操が諸将に語るには「孫権は私を欺かぬ」かくして軍を徹収して撤退した。

第二次戦役(216年-217年)[編集]

劉備は関羽を、江陵においた。魯粛が関羽と辺境を隣接させると、関羽は、しばしば約束を破ろうとした。魯粛は劉備達には常に友好的な態度で鎮撫した。

215年、合肥の征伐に従い、曹操軍の張遼が津北で孫権を襲った時、蒋欽は奮戦し孫権を守りきった、この功で濡須督を任命した。

216年10月、合肥の勝利に乗じて、曹操は自ら大軍を率いて孫権征討に赴き、曹操はしばしば濡須に出征し、孫皎は毎々に赴いて拒敵ぎ、周泰も再び赴撃する。この進軍は曹操の総力戦という規模であり、赤壁以降留守司令官となっていた夏侯惇以下、主だった武将の多くが参加し、青州兵司令の臧覇、合肥守将の張遼らも攻撃に参加した。11月、曹操軍は譙に到着した。冬、曹操は軍を率いて対峙する一方で、山越族に反乱を起こさせるなどの政治工作も行った。鄱陽の民の尤突、丹陽の賊将の費桟が曹操から共に印綬を与えられ、民を化して賊と為し、丹陽郡で孫権に対し反乱を起こした。山越数万人以上も曹操に呼応して挙兵したが、陵陽・始安・涇もそれに同調すると、孫権は賀斉陸遜に命じて共に討伐し数千人を斬って反乱を鎮圧した。これにより丹陽の三県も降参した。また、尤突配下の山越降伏者の中から8千人の精鋭を得た、費桟の中から数万人の精兵を得た、孫権軍に加えた。

217年正月、曹操軍が居巣に陣取り、しかし、疫病が大流行し、そこで疫病による風邪が蔓延し、司馬朗を含めて多くの曹操軍の兵士が風邪をこじらせた、司馬朗が疾に遇って病死した。

2月、曹操軍が進攻して長江の西の郝谿に駐軍した。朱然は濡須塢および三関屯で備え、濡須塢を守るために孫権が前線で新しい城を築く[2]、臧覇·張遼らを先鋒部隊として城を築き終える前に、孫権の築城部隊を無理に攻撃した、孫権が退走。曹操は大軍を率いて横江に一度進撃した、徐盛は諸将と赴討した。徐盛の蒙衝(突撃船)も強風によって流され、船は曹操軍の岸下に落ちた。諸将は恐懼して出ようとする者はいなかったが、徐盛は一人で兵を率い、上陸して敵軍に突撃した、敵が気絶して多くの殺傷を受け退走した。このため、徐盛達は天候が回復した後に堂々と帰還することができた。

孫権は呂蒙·蒋欽を共に諸軍の総指揮に任命し、呂蒙は以前に立てた濡須塢に拠らせ、強力な弩万張を配備させて曹操を拒がせた、曹操軍の先鋒部隊らが布陣に成功しなかったので、呂蒙は臧覇·張遼軍らを攻撃し撃ち破った、曹操軍が引き退すしかない。臧覇配下の孫観が流れ矢に中って左足を負傷したが、矢傷は甚だ重く、まもなく死去した。

3月、孫権は曹操の侵攻を食い止め、行きて連日の豪雨に遇い、孫権軍が先に来ており、川の水が膨張して孫権軍の船は漸進し、曹操軍は皆な不安となった。張遼は退却を考えたが、臧覇は止めて、曹操は孫権軍を攻め敗れずに情勢が不利になると[3]、次日に果たして撤退の命令があった、孫権は防備はきわめて厳重になり、曹操は陥落させることができず大軍を率いて撤退した[4]。曹操が撤退くと留守って周泰が濡須を督し、徐盛・朱然らを濡須に残した。その後、孫権は徐祥を派遣して漢王朝に形式的に臣従を申し出ると、曹操に対し偽りの降伏を仕掛け、揚州境地で山越反乱のことに専念しており[5]、謀略によって一時休戦する[6]。曹操はこれを信じ、修好して結婚することにした。夏侯惇を総指揮として戦地にいる兵と方面軍二十六軍を任せ、曹仁・張遼らを居巣に残した。この両者の和睦関係は夷陵の戦いで呉が蜀を大破させるまで続くこととなる。

第三次戦役・三方面攻撃(222年-223年)[編集]

事前の経緯[編集]

劉備が益州と荊州の半分を支配して勢力を拡大する中、諸葛瑾は再び使者として荊州返還を要求する、返還が実現せずに失敗している。219年、孫権から関羽の娘に、彼の息子との婚姻の申し入れがあったとき、関羽はこれを断り「虎の娘を犬の子にはやらん」と孫権を罵倒したため、荊州の守備を任されていた関羽は軍を率いて北上した。孫権は関羽に救援を申し出ていながら、わざとゆっくり兵を進めさせた。そこで関羽は「狢子!樊城が陥落したとき、俺は君を滅ぼさずにいられようか!」孫権はそれを聞いて、彼が自分を軽視していることを知り、下手に出て陳謝した。単刀会談で、劉備はかくて湘水を分界線として割き、今、関羽は兵糧が足りなかったので孫権軍の境地から襲撃して軍需物資を強奪したのです。曹操と同盟を結び共同で関羽を攻め、劉備軍の奇襲をつき荊州の諸を奪還い、関羽を討ち取った。221年には曹操の子での初代皇帝の曹丕は孫権を王にとりたてようとした。しかしながらこの臣従は一時的なものであり、曹丕から太子の孫登を人質に差出すように要求されても適当に言い訳をつけてこれを断わるなどしていた。

222年6月に1年近くの戦いの末に呉はの遠征軍を打ち破る(夷陵の戦い)。ところでこの時魏は呉への援軍を名目に軍の南下を開始させていた。このような状況の中で呉内部には白帝城の劉備を攻撃すべしという意見と慎重論が対立していた。陸遜は魏軍の南下が援軍などではなく呉攻撃の軍であることを見抜き蜀攻撃の軍の撤退を上申した。孫権はこの意見を採用した。孫権は軍を撤退させ、劉備は孫権に和睦を申し入れた。

戦いの経過[編集]

222年9月、曹丕は孫権が孫登を人質に差出さないということを大義名分として呉に親征を開始した。曹丕は許昌から出撃し、他の諸将の軍も一斉に南下を開始した。11月には曹丕は宛城に入りこれを本営とし、曹休張遼・臧覇の軍を洞口に、曹仁の軍を濡須口に、曹真夏侯尚張郃徐晃らの軍を江陵にそれぞれ派遣した。

これに対して呉は呂範等の軍を洞口に派遣し、濡須口では守将の朱桓が防衛にあたった。江陵では朱然が城に篭り防衛にあたり、孫盛の軍が朱然の救援に派遣された。

洞口の戦い[編集]

222年11月、曹休と対峙していた呂範の水軍は突風とそれを機と読んだ曹休の攻撃により壊滅的な損害を受けた。その後、臧覇が快速船500艘と1万人の兵を率いて、呉軍を襲撃し大勝したが、呉の全琮・徐盛は臧覇を反撃して破り、尹魯を討ち取った、呉軍が曹休と張遼を打ち破った[7]、不利を転じて勝利となす。

江陵の戦い[編集]

この戦線では曹真・夏侯尚が朱然が守る江陵を攻撃包囲したが、朱然は魏軍の陣2か所を破り、内通者を処刑するなどして、江陵を守り通した。一方で、張郃が別働隊を指揮し孫盛の救援軍を攻撃した。張郃は孫盛の軍を打ち破り、孫盛の陣地があった長江の中州を占拠し、朱然は孤立無援となった。江陵城では内応騒ぎや疫病騒ぎが起きたものの朱然は力戦奮闘し防衛にあたり、江陵城はなかなか落城しなかった。夏侯尚は中州に陣地を設け、浮橋を作った。孫盛に代わり、諸葛瑾潘璋が朱然の救援に派遣された。諸葛瑾は中州を占拠したが、夏侯尚は火攻めで諸葛瑾を撃破した。

気候が温暖となって川の流量が増えてきた時期に潘璋は長江の上流の水上に砦を築いた。諸葛瑾軍はこれを拠点として二方面から夏侯尚軍が使用している浮橋を攻撃した。軍師として曹丕の側についていた董昭は、諸葛瑾が二方面から攻撃をかけているのに対して夏侯尚の浮橋は一本しかないこと、時期的に長江の水かさが急激に上昇する可能性があることを指摘し、夏侯尚軍を撤退させることを提案した。曹丕は勅命を下して夏侯尚を撤退させた。夏侯尚軍は諸葛瑾の攻撃を受ける中なかなか上手く撤退できなかったが最終的には中州から撤退した。

濡須口の戦い[編集]

曹仁と朱桓の対峙は長期間に及び、223年に入り、曹仁は兵を分散させさらに下流の濡須口と洞口の中間地点にあたる羨渓を攻撃すると喧伝した。これは朱桓の兵力を分散させ実際には全兵力で濡須口を攻撃しようという作戦であった。朱桓はこの計略に嵌り自らは濡須口に残り兵を分けて一隊を羨渓に派遣した。

曹仁は船で中洲に兵を上陸させ朱桓攻撃を開始した。この時、朱桓が手元に置いていた兵力は五千程で数万規模の大軍の曹仁軍に対して圧倒的に不利な状況であったが、朱桓は「戦というものは兵力ではなく指揮官の質によって勝敗が決まるものだ。俺と曹丕では俺の方が遥かに優れているし、まして曹丕の部将の曹仁など問題にならない。それに曹仁の軍は遠征で疲弊しているし、地の利を得ているのはこちらの方だ。」などと言って兵を叱咤激励すると、旗指物や陣太鼓の鳴り物を潜めさせ城の防御が実際よりもさらに弱くなっていると見せかけ曹仁の軍を誘い込んだ。

223年3月、曹仁は自らは後方で総指揮を執り、息子の曹泰に濡須城を攻撃させ、将軍の常雕に諸葛虔・王双らを指揮させて複数路から船に乗り朱桓軍の家族らがいる中州を攻撃させた。朱桓は駱統・厳圭らの諸軍に命じて常雕軍の軍船を拿捕させ、さらにそれとは別に常雕に直接攻撃をかけさせた。朱桓自身は軍を率いて曹泰と対峙し、火攻めを以ってこれを退却させた。常雕は戦死し、王双は呉軍の捕虜となり、曹仁は撤退した。曹仁軍の戦死者は千人を超えた。

蘄春反乱[編集]

呉軍の将校の晋宗が叛乱を起こし魏に寝返ったが、223年6月に呉の賀斉糜芳が晋宗を襲撃し生け捕りにした。

戦後[編集]

223年3月、疫病が流行したこともあり魏軍は総退却した。この戦いにより呉と魏の友好関係は切れた。また孫権は戦中に鄭泉を使者として蜀に派遣し、蜀との同盟関係を回復させ、呉とが手を結び魏に対抗するという三国時代の基本的な構図が成立することとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 『呉録』、『魏略』
  2. ^ 『資治通鑑·胡三省注』:孫權所保者,十七年所築濡須塢也。
  3. ^ 『讀史方輿紀要·卷二十六』:軍本巢縣之無為鎮,曹操攻吳,筑城於此,無功而還,因號無為。
    『通典卷·一百八十一·州郡十一』:建安十七年,築濡須塢,呂蒙、周泰皆為守將。二十一年,曹公自來攻圍。吳黃武二年,魏軍又攻,不拔。
    『後出師表』:曹操五攻昌霸不下,四越巢湖不成
  4. ^ 『三国志·魏志·臧覇伝』、『三国志·呉志·呂蒙伝』、『資治通鑑』
  5. ^ 『三國志.陸遜傳』:方今英雄棋峙,豺狼窺望,克敵寧亂。非眾不濟。而山寇舊惡,依阻深地。夫腹心未平,難以圖遠,可大部伍,取其精銳。
    『三國志·吳志·賀全呂周鍾離傳』:山越好為叛亂,難安易動。
    『三國志·吳志·吳主傳』:時揚越蠻夷多未平集,內難未弭,故權卑辭上書,求自改勵。
  6. ^ 『資治通鑑補』:有甘寧斫營之事,以破操之膽,隨即使人請降以狃之,此兵機也,故操亦即受其降而不與敵。《資治通鑑》原文置權請降於班師之後,夫操既班師,權何畏於操而請降哉?
    『建康実録』:二十二年春,權令都尉徐祥詣曹操詐降,將謀息兵,操信之,使修好結婚。
  7. ^ 『建康実録』