董昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
董昭
後漢
司徒
出生 永寿2年(156年
兗州済陰郡定陶県
死去 青龍4年(236年
拼音 Dǒng Zhāo
公仁
諡号 亭侯
主君 袁紹献帝曹操曹丕曹叡

董 昭(とう しょう、156年236年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての政治家。許遷都や建国など、曹操の政治面の基盤を作った。公仁兗州済陰郡定陶県の人。子は董冑。弟は董訪。『三国志』魏志「程郭董劉蒋劉伝」に伝がある。

経歴[編集]

熟練した策略家[編集]

孝廉に推挙され、廮陶県長・柏人県令に任じられた。後に袁紹の参軍事となった。

界橋の戦いの時、鉅鹿太守の李邵や郡の上級官吏は、勢いの盛んな公孫瓚に味方しようとした。董昭は袁紹の命令で鉅鹿太守を兼ね、計略を用いて鉅鹿郡を平定し、袁紹に称賛された。魏郡でも反乱が起きて太守が殺害され、またしても董昭が袁紹の命令で魏郡太守を兼ねた。魏郡には万単位の賊がいたが、董昭は離間計を用いてこれに連勝した。

弟が張邈の幕下であったため、張邈と不仲になった袁紹は讒言を聞き入れ、董昭を処罰しようとした。董昭は出奔し長安の朝廷に仕えようとしたが、張楊に引き止められた。兗州の曹操が長安に使者を送り、その使者が張楊の領内を通過したため、張楊は董昭に対応を相談した。董昭は曹操の才能を認めていたため、誼を通じておくよう張楊に進言した。張楊はこれを受け入れ、使者の通過を許した。また張楊は、添え状を付記し便宜を図ったため、曹操と親しくなった。

196年献帝が長安を脱出し東遷した際、董昭は朝廷に赴き議郎に任命された。張楊・韓暹楊奉董承の諸将が不仲になると、楊奉を唆し曹操を頼るよう勧め、曹操に鎮東将軍・費亭を得させた。この時、自身も符節令に任じられた。曹操が洛陽に到着すると、董昭は曹操に楊奉を騙して都を許都に遷すよう進言し、献帝を許都に移す策略を提案した。曹操はその策を採用し、楊奉が遅参している間に献帝を許都に移した。献帝が曹操の庇護下に置かれると曹操に仕え、198年には河南尹となった。

魏国の建設に尽力[編集]

旧主の張楊が部下の楊醜に殺害され、張楊の長史であった薛洪や河内太守の繆尚は袁紹を頼っていた。董昭は曹操の命令で単身入城し、説得して袁紹から曹操に鞍替えさせた。曹操は袁紹から冀州を剥奪し、董昭を冀州牧とした。

程昱郭嘉と同じく劉備の危険性を見抜いていたが、曹操には進言が受け入れられなかった。果たして劉備は徐州刺史車冑を殺害して反旗を翻した。曹操は劉備を撃破し、董昭を徐州牧に転任させた。

袁紹軍の顔良が東郡に侵攻して来た際には、再び魏郡太守に任命された。袁紹の死後、袁尚との戦いでは敵側の魏郡太守を親族に説得・投降させ、鄴が平定されると諫議大夫に任命された。

曹操が袁兄弟を追って烏桓へ遠征した(白狼山の戦い)際は、平虜・泉州の運河を整備して兵糧輸送を支援する策を立てた。これにより千秋亭侯に封じられ、郭嘉の後任として軍師祭酒に任命された。

五等爵制の復活を進言した。曹操が九錫を得て魏公・魏王となったのも、全て董昭が創案したことであった。

219年、劉備軍の関羽曹仁を攻撃した際は、孫権の曹操臣従をわざと両陣営に知らせる計略を提案し、徐晃に実行させ、関羽を敗走させた。

魏の重臣[編集]

220年曹丕(文帝)が魏王になると将作大匠を任され、即位すると大鴻臚になった。

222年、弟が所領の一部を分け与えられ関内侯になると、自身も侍中に転じた。同時期に侍中に任命された者に蘇則がいたが、蘇則は漢王朝への忠誠心が強い人物であったため、魏建国のために働いた董昭を嫌悪した(蘇則伝)。同年、曹休夏侯尚の領内深くへ侵攻したいと求めてきた際は、突出を控えるよう進言した。それらはいずれも的を射た進言であったため、曹丕は董昭の軍略を激賞した。224年成都郷侯・太常となり、光禄大夫給事中に転任した。

226年太僕となったが、それまでずっと曹丕の東呉征伐のお伴をしていた。同年の内に曹叡(明帝)が即位すると、楽亭侯・衛尉になり千戸の所領を得た。子も、その所領の内の百戸を分け与えられ、関内侯となっている。

230年には司徒代行となり、232年には正式な司徒となった。軽重浮薄の輩が世に跳梁跋扈しており、これを除くべきだと曹叡に上奏したため、多くの者が公職追放された[1]

81歳で死去し、定侯と諡された。子の董冑が後を継ぎ、太守や九卿を歴任した。

陳寿は、董昭を程昱・郭嘉・劉曄蒋済と並べて、荀攸と同じく謀略に優れた策士だが、荀攸と違って徳業は無かったと評している。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』での初登場時は、献帝の洛陽帰還の時である。菜食主義者であり、飢饉の時でも血色が良いのはこのためだと、自ら語る場面がある。

脚注[編集]

  1. ^ これには諸葛誕も含まれている。