夏侯尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夏侯 尚(かこう しょう、生年不詳 - 226年[1])は、中国後漢末期から三国時代の武将・政治家。伯仁宗族の一人。父の名は不詳。妻は徳陽郷主(曹真の妹)。子は夏侯玄。伯父(叔父)は夏侯淵。従父は夏侯惇。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」に伝がある。

生涯[編集]

若いころから計略・智謀に優れていたため、曹丕から評価を受け、親友として身分を越えた付き合いをしたという(『魏書』)。

曹操冀州平定に際して、軍司馬として騎兵を率いて従った。

曹丕が五官中郎将になると、その文学となった。杜襲が「夏侯尚は人を益しない友人である」と評し、曹操に訴えて夏侯尚を遠ざけようとさせたが、曹丕からの寵愛が衰えることはなかった。

魏国成立時に黄門侍郎となった。郡で烏桓が反乱を起こすと、曹彰の軍事に参じてこれを征討した。曹操が洛陽で死去すると、夏侯尚は節を手にし柩を守ってに帰還した。前後の功績を評価されて、平陵亭侯に封じられ、中領軍に任命された。

曹丕(文帝)即位後は平陵郷侯に昇格し、征南将軍・荊州刺史・仮節・都督南方諸軍事となった。この頃、劉備軍の別働隊が上庸を占拠していたが、宜都太守孟達劉封と対立し、孟達が魏に降伏するという事件が発生していた。夏侯尚は上庸を奇襲することを提案し、孟達・徐晃と共に劉封と太守申耽らを撃破。上庸・西城・房陵の3郡9県を魏の版図に収め、征南大将軍に昇進した(志「劉封伝」)。

孫権が曹丕に臣従を申し込んで来た時、夏侯尚はこれを信用せず、呉に対する軍備を怠らなかった。

222年、曹丕が自らに行幸し、呉を三方面から攻めようとすると、夏侯尚は諸軍を統括し曹真張郃[2]と共に江陵を包囲した。夏侯尚は呉の諸葛瑾と対峙した。長江の中州を中心に水陸両軍を展開させた呉軍に対し、夏侯尚は歩騎兵1万を率いて、下流から秘かに長江を渡り夜襲をかけ、併せて敵の水軍を火攻めし、大いにこれを破った。その後、一本の浮橋を頼みとして中州に侵入したが、敵の攻撃を受けると上手く脱出できなかったという(『魏志』「董昭伝」)。呉の潘璋がその浮橋を焼き落とそうとしたが、夏侯尚はそれを察知し速やかに退却した(呉志「潘璋伝」)。江陵城の朱然の守備も堅く(呉志「朱然伝」)、結局魏軍は江陵城の攻略寸前に疫病が流行したため、詔勅により退却せざるを得なかった。

帰国後、夏侯尚は鉞を仮されて仮節鉞となり、荊州牧に昇進し、600戸を加増され領邑が1900戸となった。当時、荊州が荒廃しており、漢水を挟んで呉と国境を接していた上に、異民族も多かったため、ほとんどの住民が江南へ逃げていたが、夏侯尚は上庸から新たに道を通して開発を進め、軍を率いて西方を鎮撫した。このため、山岳や平地の異民族で降る者が多く、僅かな年数で数千戸の住民が帰順した。また孟達と親交を結んだため、夏侯尚の存命時は孟達が魏に叛くこともなかった。

224年、昌陵郷侯に改封された。

夏侯尚は愛妾がいたため、正妻に目をかけなかった。正妻が宗室の出身であったため、不快に思った曹丕は人をやって妾を殺させた。すると夏侯尚は悲嘆のあまり精神を病み、埋葬した愛妾を懐かしがって墓を掘り起こすことまでした。これを聞いた曹丕は腹を立て「杜襲の言葉はもっともであった」と言ったが、やがて後悔して元通り夏侯尚を厚遇した。

225年、病が重くなり洛陽に帰還した。

226年、曹丕[3]は夏侯尚の病床を何度か見舞って、手を握り流涕した。しかし間もなく没し[1]悼侯された。子が後を嗣いだ。曹丕は詔勅を出して夏侯尚の死を惜しみ、征南大将軍・昌陵郷侯の印綬を送ったという(『魏書』)。

正始4年(243年)秋7月、曹芳(斉王)は詔勅を下し、曹操の廟庭に功臣20人を祭った。その中には夏候尚も含まれている(「斉王紀」)。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、曹操と劉備の漢中を巡る戦いにおいて、夏侯淵の武将の一人として登場する。劉備軍の黄忠と戦って敗れ捕らえられ、敵将の陳式との捕虜交換時に、背後から黄忠に弓で射撃され重傷を負う。また兄として夏侯徳が登場している。その後、上庸の孟達が謀反を起こすと史実通りそれを救援し、劉封を追いやっている。

宗族[編集]

妻妾[編集]

  • 徳陽郷主(曹真の妹)

子女[編集]

従弟[編集]

[編集]

従孫[編集]

  • 夏侯本(弟の孫で、昌陵亭侯を継ぐ)

脚注[編集]

  1. ^ a b 晋書』巻13「天文志下」(黃初七年)四月征南大將軍夏侯尚薨
  2. ^ 魏志「文帝紀」
  3. ^ 魏志「文帝紀」(黃初)七年春正月壬子行還洛陽宮