甘夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

甘 夫人(かん ふじん、? - 209年)は、三国時代の先主劉備の側室。父母の名は不明。豫州沛国の人。蜀漢の第2代皇帝である劉禅の母。

生涯[編集]

194年、劉備が豫州刺史として小沛に移住したころ、側室となった。当時の正妻が糜夫人(糜竺糜芳の妹)であり、甘夫人は身分の低さから側室のままであったが、最も長く連れ添っていたので、彼女が奥向きのことを取り仕切っていた。稗史においては美貌をもっていたと記述されている。

207年、劉備に従って荊州に赴き、そこで劉禅を生んだ。208年曹操の軍勢が南下し、当陽の長坂で追いつかれると、劉備は甘夫人と幼い劉禅を置き去りにし、逃走した。このとき趙雲が劉禅を抱き、甘夫人を保護したため難を免れた。しかし甘夫人は間もなく亡くなり、荊州南郡に埋葬された。

222年、甘夫人に皇思夫人として、蜀に移葬することになった。しかし、柩がまだ到着しないうちに劉備が崩御し劉禅が即位したため、諸葛亮頼恭らと諡号を検討し、甘夫人に昭烈皇后と諡した上で、劉備と恵陵に合葬した。

なお厳密には、「昭烈」は甘夫人自身を示す諡ではない。皇后の追号と併せて「昭烈帝の皇后」という格式を表すものである。このため、自身に「穆」と諡された呉夫人は、『蜀書』において「穆皇后」と表記され、自身に諡のない甘夫人は「甘皇后」と表記されるのである。

三国志演義での甘夫人[編集]

曹操が官渡の戦い前に徐州の劉備軍を撃破したため、関羽が甘夫人らの命の安全を誓うことを条件に投降している。その後、関羽が官渡の戦いで袁紹軍の顔良文醜を討ち取り義理を果たしたとして、甘夫人らを引き連れ荊州に向かった際には、山賊の杜遠に捕まってしまうが、関羽を尊敬していた廖化に助けられている。

長坂の戦いでは、甘夫人は無事逃亡に成功している。その後、劉備と孫夫人の縁談の際に「夫人に先立たれている」ことから、これまでに死亡したという設定になっている。

参考資料[編集]