章武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

章武(しょうぶ)は、三国時代(蜀漢)の昭烈帝劉備の治世で使用された元号。221年4月 - 223年4月。延康の元号である黄初の正統性を認めず、建安が26年まで使われた。

  • 元年4月:劉備が成都にて帝を称し、蜀(漢)政権を樹立。漢朝正統を自認。
  • 3年4月:白帝城にて劉備が病没。
  • 3年5月:後主劉禅が即位し建興と改元。

西暦・干支との対照表[編集]

章武 元年 2年 3年
西暦 221年 222年 223年
干支 辛丑 壬寅 癸卯

他元号との対照表[編集]

章武 元年 2年 3年
黄初2 黄初3 黄初4
- 黄武元 黄武2

参考文献[編集]

  • 三国志』(中華書局 1974年)
  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目[編集]

前の元号:
建安後漢
延康後漢
中国の元号
次の元号:
建興