承聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

承聖(しょうせい)は、南北朝時代において元帝蕭繹の治世に使用された元号。552年 - 555年。

  • 元年11月:大宝3年(元帝は簡文帝および侯景の紀年を認めず、これまで太清6年を称していた)より改元。
  • 3年11月:西魏軍が江陵を陥落させた。
  • 3年12月:元帝が殺害された。
  • 4年5月:蕭淵明天成と改元した。
  • 4年7月:王僧弁が蕭淵明を建康に受け入れ、天成改元を認めた。

西暦・干支との対照表[編集]

承聖 元年 2年 3年 4年
西暦 552年 553年 554年 555年
干支 壬申 癸酉 甲戌 乙亥

関連項目[編集]


前の元号:
天正
太始侯景
中国の元号
次の元号:
天成
大定後梁