承平 (北魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

承平(しょうへい、別に永平とも作る)は、南北朝時代北魏において、南安王拓跋余の治世に使用された元号である。452年2月から10月まで適用されていた。


西暦・干支との対照表[編集]

承平 元年
西暦 452年
干支 壬辰

関連項目[編集]


前の元号:
正平
中国の元号
北魏
次の元号:
興安