侯景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
侯景
皇帝
王朝
在位期間 551年 - 552年
都城 建康
姓・諱 侯景
万景
生年 景明4年(503年
没年 太始2年(552年
侯標[1]
年号 太始 : 551年 - 552年

侯 景(こう けい)は、中国南北朝末期の武将。侯周(乙羽周)[2]の孫、侯標の子[1]侯和の父。侯景の乱の首謀者。漢を建ててその皇帝に即位したものの、わずか在位5ヶ月で殺害された。

生涯[編集]

朔方(陝西省)の人とも、鴈門(山西省)の人ともいわれるが定かではない。侯景の精兵はみな「羌胡雑種」であり[3]族などの北族出身であったともされる[4]。その生家は六鎮の一つである懐朔鎮内蒙古)の守備に従事していた胡族化した漢族とも、あるいは漢化した鮮卑系の貴族の家柄(乙羽氏?)であるとも考えられている[5]

侯景は524年の六鎮の乱で北魏爾朱栄軍の部下として頭角を現し、北魏が東西に分裂すると東魏高歓の旗下に入り、河南大行台として河南方面の軍事を任じられる[4]。高歓が死去した後に、東魏への叛乱を起こしたが、高歓の嗣子高澄が侯景を殺そうとしたためという[4]。高歓の嗣子高澄が命じた司空韓軌らによって、散々な目に遭ったため、彼が支配する州郡の軍勢を率いて、南下して武帝に帰順した。東魏に残された妻と長男の侯和が謀叛罪で処刑された。

その後、東魏の武将慕容紹宗に敗れ、寿春安徽省)へ退いた。梁と東魏の間に和議成立の情勢となると、軍師王偉中国語版の「兵は拙速を貴ぶ」の助言を容れて建康を突くこととし、梁への叛乱を起こす。太清2年(548年)、梁宗室の蕭正徳を味方に取り込んで8,000の兵を集め、都の建康(現在の南京市)に迫った[4]。籠城者は戦闘員が2万人、住民あわえて10余万人が籠城していたが、食糧の蓄えが尽きて、ネズミや雀の他、人肉も食べるような情況であった(『南史』)[4]

翌549年、梁の援軍の到着により、いったんは和議が結ばれるが、2月末に侯景は再び宣戦布告した[4]。籠城者のうち戦闘力のあるものはわずかに4000人に満たず、道には死体がいたるところに横たわり、埋葬もされないまま腐乱した遺体から流れた液汁が溝に満ちた[6][4][7]。3月10日、建康は陥落した[4]。城陥落後、難民は数10万に及び、さらに飢饉によって多数が死んだ(魏書島夷蕭衍伝)[4]

武帝は台城に幽閉され、5月には武帝は失意のうちに憤死した。当時の梁は、分裂した東魏・西魏の勢力を凌駕する国力を持っていたが、東魏から投降してきた一将軍により都城が陥落した原因としては、梁国内に分封された宗室の諸王が相互に牽制し、武帝の救出を積極的に行う者がいなかったことが考えられている。

武帝崩御後、侯景は簡文帝を擁立し、自らは相国・宇宙大将軍・都督六合諸軍事[8]に就任した。しかし簡文帝が自立する動きを察知すると簡文帝を弑殺、蕭正徳を除き、予章王蕭棟を擁立した。この時、侯景は漢王を称している。

天正元年(551年)10月、予章王から禅譲を受け、自らが皇帝に即位、国号を漢とし、元号を太始と定めた。しかし太始2年(552年)3月、江陵(湖北省)で梁帝に即位していた蕭繹が派遣した王僧弁及び陳霸先の義兵によって都を追われた。侯景は2人の息子を長江に溺死させ、腹心数十人と単舟で逃げた。その途上で、羊鵾(羊侃の三男)らの近侍に殺害された。

死後[編集]

侯景の遺骸は分割されて、首は江陵城門に掛けられ、両腕と両脚は北斉の文宣帝へ送り届けられ、胴体は建康の市に曝された。建康の庶民は侯景の肉を膾として喰らった。

1937年の南京戦で日本軍による虐殺事件が起こったとされ、南京大虐殺南京事件)と呼ばれるが、侯景による南京虐殺との歴史的関連性も指摘されている[9]

宗室[編集]

妻妾[編集]

  • 先妻 (? - 548年、東魏で処刑された)
  • 後妻 蕭氏(梁の溧陽公主
  • 側室 蕭氏(蕭正徳の娘)
  • 側室 羊氏(羊侃の娘)

男子[編集]

  • 侯和 (? - 548年、東魏で処刑された)
  • 4人の男子(北斉で処刑された[10]
  • 2人の男子(梁で生まれ、552年に父帝の手で殺された)

女子[編集]

  • 548年、東魏で奴婢に落とされた

脚注[編集]

  1. ^ a b 梁書』侯景伝。それによると後漢侯覇侯昱父子の末裔で、西晋侯瑾の7世の子孫として記されている。
  2. ^ 原文:「景祖名乙羽周、及簒以周為廟諱、故改周弘正、石珍姓姫焉」(『南史』列伝第七十 賊臣)
  3. ^ 陳書』殷不害伝
  4. ^ a b c d e f g h i 竹田龍兒『侯景の乱についての一考察』三田史学会,史学 Vol.29, No.3 (1956. 12)
  5. ^ 孝文帝漢化政策も参照。
  6. ^ 資治通鑑162卷「三月,丙辰朔,立壇於太極殿前,告天地。以景違盟,舉烽鼓噪。初,閉城之日,男女十餘萬,擐甲者二萬餘人;被圍既久,人多身腫氣急,死者什八九,乘城者不滿四千人,率皆羸喘。橫屍滿路,不可瘞埋,爛汁滿溝,而眾心猶望外援。」
  7. ^ 『世界の歴史 4 唐とインド』中央公論社、1961年、pp.248-254
  8. ^ 六合(りくごう)は天地および四方、つまり余すところなき全空間を意味する。
  9. ^ 秦郁彦、東中野修道、松本健一「決定版「南京事件」最新報告は「捕虜処断」をどう見るか」『諸君!』 2001年2月号,pp128-144.
  10. ^ 北斉の文宣帝は猴が御床の上に座った夢を見た[要説明]。結局、侯景の4人の残された息子は皆釜茹で処刑された。

伝記資料[編集]

参考文献[編集]

  • 竹田龍兒『侯景の乱についての一考察』三田史学会,史学 Vol.29, No.3 (1956. 12)
  • 塚本善隆編『世界の歴史 4 唐とインド』中央公論社、1961年、pp.248-254(中公文庫、1974)
  • 川勝義雄『侯景の乱と南朝の貨幣経済』『東方学報』京都第32冊、1962年。
  • 川勝義雄『中国の歴史第3巻魏晋南北朝』講談社1974年(『魏晋南北朝』講談社学術文庫2003年)
  • 吉川忠夫『侯景の乱始末記』中公新書,1974年。

関連作品[編集]

  • 田中芳樹『長江落日賦』 祥伝社(ノン・ポシェット) 文庫 1999年

関連項目[編集]