河清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河清(かせい)は、南北朝時代北斉において、武成帝の治世に使用された元号。562年4月-565年4月。「河清」の語は、562年4月に黄河済水がともに澄んだため、これを吉兆としたことに由来する[1]

西暦・干支との対照表[編集]

河清 元年 2年 3年 4年
西暦 562年 563年 564年 565年
干支 壬午 癸未 甲申 乙酉

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「生命体『黄河』の再生」李国英,芦田和男,澤井健二,角哲也 編著 p5 京都大学学術出版会 2011年5月20日初版第1刷


前の元号:
大寧
中国の元号
北斉
次の元号:
天統