赤烏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

赤烏(せきう)は、の大帝孫権の治世に行われた元号。238年 - 251年。日本では、兵庫県宝塚市の安倉高塚古墳や山梨県市川三郷町鳥居原狐塚古墳から赤烏の元号を持つ神獣鏡が発見されている。

  • 元年8月:嘉禾7年を赤烏元年と改元
  • 4年:皇太子孫登が死去。
  • 5年:三男の孫和を立太子、四男孫覇を魯王に封じた。孫和孫覇の後継者争いが始まる。
  • 13年:七男の孫亮を立太子。
  • 14年5月:太元と改元。

西暦・干支との対照表[編集]

赤烏 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
西暦 238年 239年 240年 241年 242年 243年 244年 245年 246年 247年
干支 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥 甲子 乙丑 丙寅 丁卯
赤烏 11年 12年 13年 14年
西暦 248年 249年 250年 251年
干支 戊辰 己巳 庚午 辛未

他元号との対照表[編集]

赤烏 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
景初2 景初3 正始 正始2 正始3 正始4 正始5 正始6 正始7 正始8
延熙 延熙2 延熙3 延熙4 延熙5 延熙6 延熙7 延熙8 延熙9 延熙10
赤烏 11年 12年 13年 14年
正始9 正始10
嘉平
嘉平2 嘉平3
延熙11 延熙12 延熙13 延熙14

参考文献[編集]

  • 三国志』(中華書局 1974年)
  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目[編集]


前の元号:
嘉禾
中国の元号
次の元号:
太元