甲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
干支
1
甲子
2
乙丑
3
丙寅
4
丁卯
5
戊辰
6
己巳
7
庚午
8
辛未
9
壬申
10
癸酉
11
甲戌
12
乙亥
13
丙子
14
丁丑
15
戊寅
16
己卯
17
庚辰
18
辛巳
19
壬午
20
癸未
21
甲申
22
乙酉
23
丙戌
24
丁亥
25
戊子
26
己丑
27
庚寅
28
辛卯
29
壬辰
30
癸巳
31
甲午
32
乙未
33
丙申
34
丁酉
35
戊戌
36
己亥
37
庚子
38
辛丑
39
壬寅
40
癸卯
41
甲辰
42
乙巳
43
丙午
44
丁未
45
戊申
46
己酉
47
庚戌
48
辛亥
49
壬子
50
癸丑
51
甲寅
52
乙卯
53
丙辰
54
丁巳
55
戊午
56
己未
57
庚申
58
辛酉
59
壬戌
60
癸亥
十干十二支

甲子(きのえね、こうし、かっし)は、干支の一つ。

干支の組み合わせの1番目で、前は癸亥、次は乙丑である。陰陽五行では、十干は陽の十二支は陽ので、相生(水生木)である。下記の通り固有名詞としては、「甲子」の字でさまざまな呼び方がなされる。

甲子の年[編集]

西暦年を60で割って4が余る年が甲子のとなる。

甲子の年
1千年紀 2千年紀 3千年紀

王朝交代の革命の年である辛酉の年の4年後で、意が革(あらた)まり、徳を備えた人に天命が下される「革令」の年、すなわち変乱の多い年とされた(甲子革令)。それを防ぐ目的で、日本の平安時代以降この年にはよく改元が行われた。1024年の甲子改元以降で、明治(一世一元の詔により在位中の改元が廃止)より前に、甲子改元が無かったのは永禄7年(1564年)のみである。また桓武天皇は、同母兄弟の天智系の王子(大友皇子)を殺害して即位した天武系の王統が断絶した後に即位した父で天智系の光仁天皇から皇位を継承したことから、王統交代を強く意識し革令の年784年長岡京に遷都したともいわれている。

184年 中国後漢の末期に起こり、漢の解体を決定付けた黄巾の乱は、「蒼天已死 黃天當立 歲在甲子 天下大吉(『後漢書』71巻 皇甫嵩朱鑈列傳 第61 皇甫嵩[1])」をスローガンに掲げた。

南北朝期の1384年に陸奥の国(現福島県)で発見された温泉は、甲子の年にちなんで甲子温泉(かしおんせん)と名づけられた。

元治元年(1864年)の甲子の年にあやかって伊東大蔵(大藏)は伊東甲子太郎(かしたろう/きねたろう)に改名した。

大正13年(1924年)に兵庫県西宮市に作られた野球場は、この年の干支から「甲子園(こうしえん)大運動場」(現在の阪神甲子園球場)と命名された[2]市内の地名にもなっている。また、東京甲子社の社名の由来も、この年である。

甲子の月[編集]

西暦年の下1桁が3・8(十干が)の年の11月が甲子のとなる。ただしここでいう月は、旧暦の月や節月大雪から小寒の前日まで)を適用する場合もある。

甲子の日[編集]

甲が木性、子が水性で相生(水生木)の関係にあり、また、干支の組合せの1番目であることから、甲子の日は吉日とされている。

子をと結び付かせ、鼠を大黒天の使者とみなして、大黒天祭(甲子祭)が行われる。また、甲子待(かっしまち)と言って、子の刻(23時ごろ)まで起きて大豆黒豆二股大根を供え、大黒天を祀った。

松浦静山の随筆集甲子夜話1821年(文政6年)11月17日の甲子日に書き始めたことより命名された。

暦注下段[編集]

甲子の日の暦注下段は下記の通り。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Wikisource reference 范曄. 後漢書/卷71. - ウィキソース. 
  2. ^ 旧・甲子園ホテル : とっておき旅”. 読売新聞 (2011年7月6日). 2013年12月31日閲覧。