西魏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西魏
北魏
梁 (南朝)
535年 - 556年 北周
西魏の位置
540年頃
公用語 鮮卑語中国語版、漢語(中国語
首都 長安
皇帝
535年 - 551年 文帝
551年 - 554年 廃帝
554年 - 556年 恭帝
変遷
東魏と分立 535年
北周禅譲 556年
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

西魏(せいぎ、拼音:Xīwèi、535年 - 556年)は、中国南北朝時代にあった北朝の国の一つ。北魏が分裂して成立した2つの魏のうち、函谷関の西側で関中を中心とした版図を持つ国の呼び名。函谷関の東側で中原を中心とした版図を持つ国の方は東魏と呼んで区別する。

「北魏」「東魏」「西魏」は、いずれも後代の史家が便宜上そう呼びはじめたもので、本来の国号はみなである。また、東魏・西魏のそれぞれが魏(北魏)の正統を自認していた。

なお、東魏を継承した北斉にて編纂された正史『魏書』においては、東魏の孝静帝を北魏の歴代皇帝に加えており、文帝以降の西魏の皇帝については記述が存在しない。西魏の一部の臣下については次の北周の建国の功臣として『周書』に記載があるケースもあるが、皇帝に関しては、の時代に『北史』が編纂されるまで本紀が書かれることはなかった。これを補うための西魏一代を扱った歴史書としては、代に謝蘊山によって書かれた『西魏書』がある。

概要[編集]

534年、大丞相高歓を排除しようと謀って失敗した北魏の孝武帝は、洛陽から逃れて関中に入り、宇文泰に保護された。皇帝を失った高歓はやむなくで孝武帝の従甥の元善見を帝に擁立する。これが東魏の孝静帝である。一方、宇文泰は孝武帝を保護してはみたものの相性が悪く、結局これを毒殺して535年1月に孝武帝の従兄の元宝炬を帝に擁立した。これが西魏の文帝である。

西魏では当初から宇文泰が完全に実権を握り、その3代の皇帝はいずれも傀儡でしかなかった。西魏は21年余の命脈を保つが、宇文泰はそのほぼ全期間にわたってこの国の事実上の経営者だった。548年には太師大冢宰に任じられ、名実ともに西魏の支配者としての地位を確立する。

西魏はその初めこそ、広大な農耕地を懐に抱える東魏に対して国力では劣ったものの、機を捉えた戦略で軍事的には大きな戦果を挙げている。

549年に南朝の侯景の乱で混乱を始めると、侯景打倒を図る梁の皇族達と手を結び、その代償として北魏の分裂時に梁から奪われた漢中地方を取り戻した他、553年には四川地方を奪って版図を拡大した。554年には江陵を陥して梁の元帝を自殺させ、代わりに雍州刺史として襄陽にいた武帝の孫の一人・蕭詧を江陵に送って梁王とし、これを優遇した。こうして成立した後梁は西魏の事実上の傀儡政権で、以後西魏は江陵の周囲800里ほどを後梁の直轄領とした他は、その版図をほぼことごとく実効支配した。ここに西魏の優勢は不動のものとなり、その西魏を簒奪した北周、さらにその北周を簒奪したによって、中国は再統一されることになる。

これに対して、東魏との戦いは一進一退が続き、550年に高歓の息子である高洋が東魏から禅譲を受けて北斉を建てると、宇文泰はただちに東伐を行った、大雨にたたられた西魏軍がなすすべもなく引き上げると、西魏に傾きかけた旧東魏の人々も北斉に従うようになった(『資治通鑑』梁・簡文帝大宝元年11月条)。皮肉にも東魏の滅亡は(北)魏の皇帝の正統性の問題を解消させることとなり、西魏にとっては南進への環境を整える結果となった[1]

556年10月に宇文泰が死ぬと、三男の宇文覚がただちに太師・大冢宰を継承、12月には周公に封じられた。恭帝はその月のうちに宇文覚に禅譲の詔を出し、ここに西魏は滅んだ。年明けの557年正月朔日、宇文覚は天王に即位、国号も周(北周)と革められた。

歴代皇帝[編集]

  1. 中宗 文帝(元宝炬、在位:535 – 551年)
  2. 廃帝(元欽、在位:551年 – 554年)
  3. 恭帝(元廓、在位:554年 – 556年)

年号[編集]

  1. 大統 (535 – 551年)
  2. 廃帝*(552 – 554年)
  3. 恭帝*(554 – 556年)
  • 廃帝と恭帝の治世には元号が存在しない。このため西魏の最後の5年間は時の皇帝の帝号を年号として紀年される。

八柱国[編集]

  1. 使持節・総百揆・柱国大将軍・督中外諸軍事・録尚書事・大行台・安定郡開国公 宇文泰
  2. 使持節・太尉・柱国大将軍・大都督・尚書左僕射・隴右行台・少師・隴西郡開国公 李虎
  3. 使持節・太傅・柱国大将軍・大宗伯・大司徒・広陵王 元欣
  4. 使持節・太保・柱国大将軍・大都督・大宗伯・趙郡開国公 李弼
  5. 使持節・柱国大将軍・大都督・大司馬・河内郡開国公 独孤信
  6. 使持節・柱国大将軍・大都督・大司寇・南陽郡開国公 趙貴
  7. 使持節・柱国大将軍・大都督・大司空・常山郡開国公 于謹
  8. 使持節・柱国大将軍・大都督・少傅・彭城郡開国公 侯莫陳崇

『周書』巻16及び『大唐六典』巻2(尚書吏部・司勲郎中条)による。他の史料でも李虎以外の序列は全て合致しているものの、李虎の位置だけは『通典』巻34(職官一六・勲官条)・『文献通考』巻64(職官一八・勲官条)では元欣の下(第3位)、『資治通鑑』巻163(梁・簡文帝大宝元年条)では李弼の下(第4位)に置かれている。前島佳孝の研究によれば、唐の時代に編纂された『周書』の段階において李虎すなわち唐の追尊皇帝・太祖を皇祖と位置づけ他の人臣の下に置かれないように史料操作が行われたとみる(北周の建国者である宇文泰の第1位を動かせない)。前島は八柱国のうち、李虎・侯莫陳崇以外の6名(宇文泰を含む)がとともに柱国大将軍とともに導入された六卿に任じられた事実に着目し、少師であった李虎は少傅であった侯莫陳崇よりは上位であるが、六卿よりは下位、すなわち第7位が正しい順位であったと推定する[2]

十二大将軍[編集]

  1. 使持節・大将軍・大都督・少保・広平王 元賛
  2. 使持節・大将軍・大都督・淮安王 元育
  3. 使持節・大将軍・大都督・斉王 元廓(のちの恭帝
  4. 使持節・大将軍・大都督・秦七州諸軍事・秦州刺史・章武郡開国公 宇文導
  5. 使持節・大将軍・大都督・平原郡開国公 侯莫陳順
  6. 使持節・大将軍・大都督・雍七州諸軍事・雍州刺史・高陽郡開国公 達奚武
  7. 使持節・大将軍・大都督・陽平公 李遠
  8. 使持節・大将軍・大都督・范陽郡開国公 豆盧寧
  9. 使持節・大将軍・大都督・化政郡開国公 宇文貴
  10. 使持節・大将軍・大都督・荊州諸軍事・荊州刺史・博陵郡開国公 賀蘭祥
  11. 使持節・大将軍・大都督・陳留郡開国公 楊忠
  12. 使持節・大将軍・大都督・岐州諸軍事・岐州刺史・武威郡開国公 王雄

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 前島佳孝「東魏・北斉等の情勢と西魏の南進戦略総括」(『西魏・北周政権史の研究』(汲古書院、2013年) ISBN 978-4-7629-6009-3 第二部第六章)
  2. ^ 前島佳孝「西魏八柱国の序列について」(初出:『史学雑誌』第108編第8号(1999年)/所収: 前島『西魏・北周政権史の研究』(汲古書院、2013年) ISBN 978-4-7629-6009-3 第一部第三章)