白帝城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白帝城の門。『白帝城』の扁額は郭沫若の揮毫である。

白帝城(はくていじょう)は、中国重慶市奉節県長江三峡に位置する地名。かつて新末後漢初の群雄公孫述がこの地に築いた城が白帝城と呼ばれたことが由来である。永安宮ともいう。

三国時代(蜀漢)の建国者劉備夷陵の戦いに敗れ、逃れたのが白帝城であった。劉備は後事を諸葛亮に託し、この城で没した。『三国志演義』では、一度呉の将陸遜が夷陵追撃戦として白帝城を攻撃したが、あらかじめ諸葛亮が仕掛けておいた石兵八陣により敗走する。

後のの時代の詩人李白は『早発白帝城』(早に白帝城を発す)という詩を残している。

2006年三峡ダムの開発により島となった。2006年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。

関連項目[編集]

  • 犬山城 - 白帝城という別称がある。

座標: 北緯31度02分36秒 東経109度34分12秒 / 北緯31.0433度 東経109.570度 / 31.0433; 109.570 (白帝城)