郭沫若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
郭沫若
Guo Moruo in 1941.jpg
1941年、重慶にて
プロフィール
出生: 1892年11月16日
光緒18年9月27日
死去: 1978年6月12日
出身地: 四川省楽山県
職業: 政治家・文学者・考古学者・歴史研究者
各種表記
繁体字 郭沫若
簡体字 郭沫若
拼音 Guō Mòruò
和名表記: かく まつじゃく
発音転記: グオ モールオ
英語名 Guo Moruo
テンプレートを表示
郭沫若詩碑(岡山後楽園)
郭沫若の彫像(北京市)

郭 沫若(かく まつじゃく)は、中華民国中華人民共和国政治家文学者、考古学者、歴史学者。原名は郭開貞で、開貞は、沫若はにあたる。鼎堂。執筆時に用いた筆名は多く、麦克昂・杜衡・易坎人・高汝鴻などである[1]。中国の近代文学・歴史学の先駆者。

生涯・人物[編集]

1892年11月16日、地主である郭家の8番目の子として四川省嘉定府楽山県に生まれる[2]。郭沫若には出生にまつわる一つの逸話があり、母親が彼を身篭った際に不思議な豹の夢を見た経験から、「豹の生まれ変わり」として「文豹」と名付けられた[3]。故郷である楽山が大渡河(沫水)と雅河(若水)が合流するところにあることから、郭沫若は後年、この二本の河の古称をとって自分のペンネームとした[4]

郭沫若はまだ物心のつかない頃から母親の啓蒙教育を受け、漢詩の手ほどきを受けた。この影響で学問に目覚めた彼は、四歳半にして郭家の中に開かれた家塾で兄達と共に勉強がしたいと自ら両親に申し出た[5]。 家塾での厳しい教育は基本的に科挙の試験に必要なものであったが、当時中国には近代化の波が訪れ、学校では洋学が浸透し、古典教育の見直しが計られ科挙も廃止された[6]。近代式教育を行う学堂が成都に次々とできる中、郭家の家塾にも変化が起こり、近代的な書籍をテキストに取り入れ始めた[7]

1906年の春、15歳になった郭沫若は嘉定にある高等小学校に入学する。大自然に囲まれた嘉定での多様な経験は、後に彼が詩人となるための感性を育み、この地は郭沫若の原点となった[8]。高等小学校では様々な近代的な教科を勉強したが、興味も持ったのはやはり幼少期から学んでいた古典であった。中でも今文学派の影響を受け、『史記』の解釈も試みた[9]

1907年の秋、嘉定中学校に入学する。西洋の書物や日本への留学経験を持つ兄達の影響から、郭沫若はこの頃から海外への興味を示し始めた。しかしその夢を叶える術がなく、彼は自暴自棄に陥り、精神的に荒れた郭沫若は遊びと詩作に走るようになる。そんな時期に郭沫若はさらに腸チフスと他の病気を併発し、後遺症で生涯難聴となる[10]

1910年、郭沫若は成都高等学校学堂分設中学校に編入するにあたって、嘉定から成都に移住する。同年、北京・天津で国会開設請願運動が起こる。瞬く間に全国に広がり、郭沫若も運動に参加するも失敗に終わり、一時退学の仮処分を受ける[11]

1914年、中高生時代の苦悶と1912年の不本意な結婚に苦しめられた郭沫若は日本へ留学する。留学前、天津陸軍軍医学校の試験を受験。実際は医学を学ぶ意志は無く、現実から逃れる為の選択であったが、日本へ留学してから郭沫若は真面目に医学を勉強しようと考えるようになり、第一高等学校予科に入学して1年間学んだ[12]。その後、3番目の成績で卒業すると岡山第六高等学校第三部医科に配属される。岡山に移住した郭沫若は、この地の風景と故郷を重ね合わせて懐かしんだ。

1918年9月、九州帝国大学医学部に無試験で入学する。医学部での解剖実習がきっかけで創作意欲を抱き始めた。最初の小説「髑髏」を構想したり、外国語の授業で読んだ文学作品から、小学校の頃から興味があった文学への意欲が再燃、郭沫若は文学への思いに燃えていた。何度も医学をやめようと考えていたが、難聴により打診と問診がうまくいかず、医業に従事するには大きな支障となる事から、ついに医師への道を諦めざるを得なくなる。熱狂的に詩歌創作を行なっていた郭沫若は、そのまま文学の道に進むこととなった[13]

1921年、郭沫若はついに大学を一時休学し、創造社の設立の準備を始める。上海泰東書局で編集の仕事をしながら、創造社成立後の機関誌出版の作業にも取り掛かった。そして同年7月、文学結社創造社を設立した[14]。この設立の仲間は日本留学の友人である、成仿吾、郁達夫、張資平らであった[15]

1922年8月、処女詩集『女神』を発表。文学史において、『女神』は五四時期浪漫主義思潮の代表作というのが定評となっている。郭沫若の新体詩は中国近代詩歌に確実な礎を築くこととなった[16]

1923年3月、郭沫若は大学を卒業するも、以来医療に携わる事はなかった[17]

その後国民党に参加するも、反帝国主義運動によって発生した五・三〇事件で左傾化した。北伐軍の総政治部主任となるが、1927年蔣介石と対立後に南昌蜂起に参加し、直後に中国共産党に加入。蔣介石に追われ、1928年2月日本へ亡命。千葉県市川市に居を構え、中国史の研究に没頭する。『中国古代社会研究』、『両周金文辞大系考釈』、『我的幼年』などを執筆した。1937年盧溝橋事件が起こると日本人の妻らを残し帰国して国民政府に参加した。1942年重慶で戯曲『屈原』を発表、大きな反響を呼ぶ。

1946年国共合作のための協商会議に参加。決裂後に内戦反対運動を推進し、戦後は中華人民共和国に参画して政務院副総理、中国科学院の初代院長、1950年に全国文学芸術連合会主席、1954年には全人代常務副委員長に就いた。1958年共産党に入党。1963年中日友好協会名誉会長。文学・史学の指導に努めるが、反右派闘争以降は発言や作風が毛沢東に迎合するようになる。人民共和国建国後の作品には、『蔡文姫』『武則天』などがあり、いずれも北京人民芸術劇院によって上演された。特に『蔡文姫』は焦菊隠の演出が高く評価され、話劇の代表作の一つとして21世紀の今日まで繰り返し上演されている。

文化大革命発生直後の1966年4月14日全人代副委員長として常務委員会に出席した郭沫若は、「今日の基準で言えば、私が以前に書いた全てのものは、厳格に言えば全て焼き尽くすべきで少しの価値も無い」とする「焚書」発言を行った[18]。既に呉晗廖沫沙らが打倒されるなか自身を守るための自己批判であったが、知識人の思想改造の成功例として取り上げられ毛沢東の庇護を受けた。毛沢東や江青らの詩を賛美し、批林批孔運動に乗り、著書『李白杜甫』で杜甫を貶め、毛沢東が好きな李白を讃えた[19]。また、当時の政策を褒める詩を多く発表した。しかし四人組が逮捕されると一転して彼らを批判する詩を発表した。これら文革期の言動が彼全体の評価に影響している。

1971年、科学院院長と全国人民代表大会常任委員会副委員長を務め、ウマル・ハイヤームの詩集『ルバイヤート』を翻訳していた縁から同年10月のパーレビ国王主催のイラン建国二千五百年祭典に招かれて出席予定だったが、当時中国に亡命していたノロドム・シハヌークカンボジア国王の中国北西部訪問や訪中したエチオピア帝国皇帝ハイレ・セラシエ1世万里の長城訪問に同行したその前の過密な日程により疲労を訴えたことで代理の特使が派遣された[20]。1978年北京で病没。

家庭[編集]

郭沫若は、生涯に3度結婚した。

  • 張瓊華(张琼华)(1890年-1980年)
1912年2月に結婚。当時の中国は現在と違って、男女の婚姻はすべて親が決めていた。婚礼まで男女双方とも面識が無いのが普通であり、この時もそうであった。張瓊華との婚約以前から、結婚を望んでいなかった郭沫若は、旧式結婚に対するせめてもの抵抗で、親に結婚に対する二つの条件を示していた。数年後、郭沫若の母親は彼に相談無しに張瓊華との縁談を取り決めてきたが、すでに何年も縁談を延ばしてきた中、これ以上母親を悲しませるのも忍びないと思った郭沫若はこれを受けるしかなかった。しかし、婚礼当日に相手の女性が条件を満たしていないと判り、騙された郭沫若はこの結婚を酷く後悔する。郭沫若は不本意な結婚をした5日後、学業を続けるため、愛することのできない新妻を家に置いて成都に戻った[21]。子もなく離婚もしておらず、法律上は張瓊華が郭沫若の正妻であった。張瓊華は1980年に死ぬまで郭家で生活した。
東京京橋病院で看護婦として働いていた時、郭が友人の見舞いに来て知り合う。1916年冬に結婚。1923年に上海へ移るが、28年に国を追われて日本の市川市へ移る。37年に郭沫若だけが日本を離れる。戦後にをとみは郭沫若に会いに中国へ渡るが、郭沫若は既に再婚をしていた。しかし、をとみは子供たちを中国人として中国に送り出した後、自身も中国へ移住し、上海で亡くなった。2人の間には息子が4人(郭和夫、郭博、郭福生、郭志宏)と娘1人(郭淑禹)があった。5人の子はいずれも戦後中国で要職についた。郭淑禹の娘は日本へ留学し国士舘大教授で郭沫若研究家となった藤田梨那
をとみは戦前に本を出している。「我的丈夫郭沫若」 (1938年)
  • 于立群(1916年-1979年)
1939年に結婚。元女優。4人の息子と2人の娘を生む。

また、複数の女性と婚外の関係を持っていたとされる。

業績[編集]

郭沫若の業績は非常に多岐にわたる。文学の代表作としては詩『女神』・戯曲『屈原』などがあり、中国古代史学においては西周時代を奴隷制時代とした『中国古代社会研究』など。甲骨文字研究では羅振玉に次ぐ大きな業績をあげ、羅振玉・王国維董作賓とともに「甲骨四堂」と称されてる[23]。日本の中島竦と旧知であり中島が所蔵していた甲骨200片を調べている。三国志関連では論文「替曹操翻案」を発表した。これは当時悪人扱いだった曹操の評価を改める大議論の契機となった。その際に発表された論文の数々は郭沫若のものを含めて『曹操論集』という書物に編集されている。

『屈原』[編集]

『屈原』は、1941年に起こった皖南事変によって国民党の主たる任務が抗日から反共に移行され、活動の自由を奪われた中で作られた、六部歴史劇の一つである。壮年期の屈原の悲劇を五幕で構成し作品にした。

詩経』と『楚辞』は、中国古代が遺した、文学における貴重な産物であるが、後世への影響から言えば『楚辞』の方が大きい。『楚辞』の中の作品の圧倒的多数が屈原の作であり、中国歴代の詩人のうち屈原の影響を受けたことのない者は一人としていないと言える。その為、郭沫若も屈原の影響を受けた一人といっても過言ではない[24]

郭沫若の処女詩集『女神』(1921年)は、五四運動前後の反帝反封建的時代の精神を反映し、芸術の独創性の鮮明さと斬新な自由体形詩をもって当時大きな影響力を与えた。その作品の中の「女神三部曲」の「湘累」に黒衣の屈原が登場する。また1935年には史的考証と文学鑑賞を兼ねた研究書『屈原』(後『屈原研究』と改題)を出版しているおり、郭沫若が屈原を題とした創作を試みていたことが分かる[25] [26]

史劇『屈原』は、時は戦国時代、楚の懐王の16年、楚国の都郢を舞台に話が繰り広げられる。作品の第一幕は屈原宋玉の対話から始まる。屈原宋玉を想い、「橘頌」を送る。時同じく、張儀が秦国から受けた“斉国と楚国の国交断絶策”を失敗し魏国に赴くという報告を受ける[27] 。第二幕では懐王の妃、南后が張儀と手を組み、屈原を陥れ、懐王からの信頼を壊す行動をとる。結果屈原は“気狂い”とされ信頼を失った[28] 。第三幕で屈原のためと行なった招魂がまた屈原を怒らすこととなり、遂に失踪する。忠誠を誓っていた宋玉も王宮へ移ることとなる[29] 。第四幕はただ一人屈原を信じていた侍女の嬋娟が屈原の後を追う場面が展開される。屈原も再び懐王に会って訴えるも聞き入れてもらえなかった[30] 。結果第五幕で牢生活を送ることとなる。屈原と共に脱獄を図ろうとした嬋娟は、毒薬の入った酒を飲んでしまい死んでしまう。屈原は嬋娟を光明の使者と称えて弔う場面で幕を下ろす[31]

『屈原』は昔の人物や事物に事寄せて作品の出来た当時を風刺している。皖南事変で、人民の国民党反動派に対する憎しみを巻き起こし、彼らの偽抗日・真反共や売国して敵に投降し、忠誠心を損なう罪悪な行動を激しく非難した。抗日戦下に、国党区の当時の首都であった重慶で上映され熱狂的な人気を呼んだ『屈原』は、戦後の日本でも1952年、1962年の二回に渡り公演され、独立と自由を求める日本人の共感を呼んだ[32]

著作物[編集]

日本語訳[編集]

1 少年時代 和田武司,藤本幸三訳 1976
2 創造十年 和田武司訳 続創造十年 藤本幸三訳、1986
8 屈原研究・屈原賦今訳 稲畑耕一郎訳 1978
13 青銅時代 中村俊也訳 雄渾社、1982
  • 『歴史小品』平岡武夫訳 1981 岩波文庫
  • 『郭沫若詩集 対訳』彭銀漢訳 花曜社 1982
  • 『桜花書簡 中国人留学生が見た大正時代』大高順雄,藤田梨那,武継平訳 東京図書出版会 2005
  • 『女神 全訳』藤田梨那訳 明徳出版社 2011

郭沫若にまつわる記念館・旧宅[編集]

市川市郭沫若記念館
九州大学図書館にある郭沫若の書『實事求是』
  • 北京郭沫若記念館 - 郭沫若が晩年を過ごした旧宅。北京市西城区の高級住宅地で政治家の家が密集する什刹海地区にある。
  • 郭沫若旧宅 - 出身地である楽山市にある旧宅。楽山市の沙湾駅から南に約1.5kmの市街地にある。
  • 市川市郭沫若記念館 - 千葉県市川市の真間5丁目公園にある郭沫若の旧宅。市川市須和田にあった旧宅を移築・復元したもの。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「郭沫若伝略」『郭沫若研究資料』上、王训昭·卢正言·邵华·肖娬如·林明华、中国社会科学出版社、1986年8月、1頁。
  2. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 1p
  3. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 2p
  4. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 4p
  5. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 7p
  6. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 8p
  7. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 9p
  8. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 12p
  9. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 17p
  10. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 19p
  11. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 21p
  12. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 28p
  13. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 43p
  14. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 45p
  15. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 221p
  16. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 85p
  17. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 45p
  18. ^ 『郭沫若書信集』下、p409
  19. ^ “郭沫若晚年的败笔:为自保即席向江青献诗” (中国語). 新闻午报. (2006年10月16日). http://cul.sohu.com/20061016/n245819173.shtml 2016年7月12日閲覧。 
  20. ^ 庶英, 郭 (2004年8月24日). “忆父亲郭沫若”. Guangming Online. 2018年1月18日閲覧。
  21. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 23p
  22. ^ 郭沫若・をとみと陶晶孫・みさお顕彰碑, http://www.geocities.jp/hanashimabooks/taojingsun.html 2016年7月12日閲覧。 
  23. ^ 王慧婷 (2018年1月18日). “除了“甲骨四堂”,你还知道“甲骨四少”吗?”. 澎湃新闻. 2016年1月3日閲覧。
  24. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 300p
  25. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 300p
  26. ^ 藤田梨那『詩人郭沫若と日本』武蔵野書院 2017 85p
  27. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 135p
  28. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 160p
  29. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 190p
  30. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 223p
  31. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 249p
  32. ^ 須田禎一『郭沫若選集6史劇I 棠棣の花・屈原』雄渾社 1978 305p
  33. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『郭沫若自伝』 - コトバンク

参考文献[編集]

  • 『郭沫若研究資料』上中下、王训昭·卢正言·邵华·肖娬如·林明华、中国社会科学出版社、1986年8月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]