王国維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王国維
王靜安先生最近小象.jpg
プロフィール
出生: 1877年12月3日
光緒3年10月29日)
死去: 1927年民国16年)6月2日
中華民国の旗 中華民国北京市
出身地: 清の旗 浙江省杭州府海寧州
職業: 学者
各種表記
繁体字 王國維
簡体字 王国维
拼音 Wáng Guówéi
和名表記: おう こくい
発音転記: ワン グオウェイ
テンプレートを表示

王国維(おう こくい)は清末民初の学者。研究領域は文学美学史学哲学考古学に及び、「新学術」の開拓者とされる。亀甲獣骨文字の研究では羅振玉董作賓郭沫若とともに「甲骨四堂」と称される。字は静安または伯隅、号は観堂

生涯[編集]

1882年から私塾で学び、1893年秀才となる。1899年上海の「時務報」に勤務し、羅振玉の東文学社で外国語と化学物理学を学び、西洋の学問に触れるようになった。1901年、日本の東京物理学校(東京理科大学の前身)に留学したが、病のため翌年に帰国した。1903年から通州師範学堂と江蘇師範学堂で哲学・心理学などを講義するようになり、『紅楼夢評論』などの哲学・美学論文を多数発表した。これらは1905年に『静庵文集』として出版された。1907年北京に行き学部図書館編訳・名詞館協修に任命された。この間に『人間詞話』『宋元戯曲考』を著している。1911年辛亥革命がおこると日本に逃れた。

1916年、帰国して上海の倉聖明智大学の教授となり、『浙江通志』の編纂にも参加している。1917年には『殷周制度論』を著した。1923年愛新覚羅溥儀に招かれ「南書房行走」に就任した。1925年清華大学国学研究院教授となり、経学・史学を講義し、漢や魏の石刻文や古代の西北地理やモンゴル史料を研究した。梁啓超陳寅恪趙元任とともに清華大学の「四大導師」と称された。

1927年頤和園の昆明池で入水自殺。理由についてはさまざまな説がある。

著書[編集]

  • 『海寧王静安先生遺書』
  • 『紅楼夢評論』
  • 『宋元戯曲考』
  • 『人間詞話』
  • 『観堂集林』
  • 『古史新証』
  • 『曲録』
  • 『殷周制度論』
  • 『簡牘検署攷』(1912年)
  • 流沙墜簡』(1914年、羅振玉共著)

関連項目[編集]