佐藤武敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 武敏(さとう たけとし、1920年9月3日- )は、日本の東洋史学者大阪市立大学名誉教授。古代中国の交易・水利の研究などを行った。

来歴[編集]

山形県生まれ。東北帝国大学法文学部卒、同大学院中退。1961年「中国古代工業史の研究」で東北大文学博士。大阪市立大学助教授、教授、84年定年退官、名誉教授,流通科学大学教授[1]

著書[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『中国水利史論集 佐藤博士還暦記念』中国水利史研究会編 国書刊行会 1981
  • 『中国水利史論叢 佐藤博士退官記念』中国水利史研究会編 国書刊行会 1984

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “佐藤武敏(さとう たけとし)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年11月7日閲覧。