自己批判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自己批判させられるチベット人女性(1958年)

自己批判(じこひはん)とは、自分の「誤り」を「自発的」に認め、公開の場で自分自身を批判する事である。各国の共産党や当初の武装革命を支持した革新組織などで行われ、日本では自己批判に加えて、集団で糾弾して吊し上げることを総括と呼ばれた[1]

概要[編集]

ソ連で誕生し、その後共産主義国家・各国共産主義を掲げる組織の主流派によって、所属を問わず分派言動など反党行為をしたと見なした人物らへ行わされた行為。党員だった場合は組織からの除名処分、軽いと自己批判のみで済む場合もあるが、場合によって自己批判させられた後に粛清処分がされた。ソ連では大粛清モスクワ裁判、中国では文化大革命紅衛兵による被害者が有名である。共産主義組織で産まれ、共産主義を標榜する組織などでは集団での糾弾と吊し上げと共に好まれていた[2]

自己批判をさせられた人物[編集]

共産主義体制下および政党内では、指導層を含むすべての構成員が平等であるという建前の下、個人の過ちを明らかにする原則唯一の方法であるとされる。そのため、ソ連などでは権力闘争の勝者が敗者に自己批判を強要し、左遷や粛清を正当化することがあった。

自己批判を行った指導者[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「共産主義黒書〈ソ連篇〉」ステファヌ・クルトワ, ‎ニコラ・ヴェルト
  2. ^ 「共産主義黒書〈ソ連篇〉」ステファヌ・クルトワ, ‎ニコラ・ヴェルト
  3. ^ “正恩氏 新年演説で異例の自己批判=「能力不足」”. 聯合ニュース. (2017年1月1日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/01/01/0300000000AJP20170101002100882.HTML 2017年4月21日閲覧。 

関連項目[編集]