山岳ベース事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山岳ベース事件
場所 群馬県 榛名山迦葉山妙義山
日付 1971年 - 1972年
概要 リンチ殺人事件
死亡者 12名
犯人 連合赤軍

山岳ベース事件(さんがくベースじけん)とは、1971年から1972年にかけて連合赤軍が起こした同志に対するリンチ殺人事件。当時の社会に強い衝撃を与え、同じく連合赤軍が起こしたあさま山荘事件とともに新左翼運動が退潮する契機となった。

概要[編集]

1960年代以前の日本では学生や労働者による政治運動政治活動が盛んであった。そんな中、学生を中心とした新左翼諸派は、1967年頃より急速にその活動を先鋭化させていった。新左翼の過激な闘争は当初社会の注目を浴びたが、一般市民は次第に彼らの運動に賛同しなくなっていく一方で、警察は新左翼に対してより強硬な姿勢で臨むようになり、そうした時流や風潮に納得できない一部の若者たちは、より過激な活動を行うようになった。その中でも最過激派の代表格が、1969年9月に公然と登場した共産主義者同盟赤軍派、及びほぼ同時期に過激な闘争を開始した日本共産党(革命左派)神奈川県委員会(京浜安保共闘)で、同年10月の国際反戦デー闘争や同11月の佐藤首相訪米阻止闘争で新左翼主流武闘派や全共闘が壊滅し政治運動が穏健化する中、彼らはハイジャックダイナマイト闘争などを行い、その活動をより先鋭化させていった。

1971年に入ると、革命左派は銃砲店を襲撃し銃で武装するようになり、赤軍派は金融機関襲撃による資金獲得を行うようになる。彼らに対する警察の取り締まりは一段と厳しくなり、また革命左派や赤軍派も警察に対して「殲滅戦」(殺害)を企てるようになっていった。一方、この頃から中核派等の新左翼主流派勢力やノンセクト・ラジカルも過激な闘争を復活・先鋭化させるようになり、交番爆破や東峰十字路事件のような機動隊員の殺害事件も起こるようになった。

1971年に入って共闘関係を結ぶようになっていた赤軍派と革命左派は、やがて「連合赤軍」の結成を宣言したが実態は無く、その一方で両派とも警察の厳しい追及によって活動に行き詰まっており、「殲滅戦」においても他党派に遅れをとるようになっていた。両派は事態を打開するため共同の軍事訓練を行い、指導部会議を重ねていたが、その最中、「総括」と称するリンチで短期間に30名弱のメンバー中12名を殺害し、自ら組織を弱体化させたのが「山岳ベース事件」である。その後、その残党である5名が長野県軽井沢町の別荘「あさま山荘」に立てこもり、警察と銃撃戦を繰り広げ、警官2名と民間人1名を射殺する「あさま山荘事件」を起こすことになる。

なお、1971年8月には革命左派において山岳ベースを脱走したメンバー2名を「処刑」する印旛沼事件が起こっており、同志殺害という一線は既に越えられていた。当時、この事件は両派幹部内での秘密であったが、革命左派の被指導部メンバーには「処刑」に感づいていた者がいたとされている。

連合赤軍の山岳ベースへの集合[編集]

連合赤軍の母体の一つである革命左派は、テロを行ったメンバーの多くが指名手配されたりしたために都市部で自由な行動ができなくなっていた。そこで、警察の目の届かない山岳地帯に軍事訓練や今後のテロ作戦のための拠点となる「山岳ベース」と呼ばれるアジトを築いた(山岳ベースは、脱走者の発生、他人に目撃される等の事情で、各地を転々とした。名称は「榛名ベース」のように「地名+ベース」で呼ばれた)。連合赤軍のもう一つの母体である赤軍派も、都内アジトを拠点としつつ山岳ベースの設置を目指すようになった。1971年7月に名目上結成された連合赤軍は、同年12月初頭に赤軍派の新倉ベース(山梨県)で初の合同軍事教練を行った。一方でこの頃から革命左派の非合法部(山岳ベースメンバー)と合法部の意見の相違が目立ちはじめ、12月18日柴野春彦一周忌への対応を巡り対立は決定的となった。12月20日頃から革命左派の榛名ベース(群馬県)で両派の指導部会議が始まると、合法部との決別と両派による「新党」の結成が宣言され、両派のメンバーが山岳ベースに集合することとなった。山岳ベースに集まったメンバーはのべ29人(内、女性は10人)であった。

総括開始[編集]

榛名ベースでの「新党」においては、「総括」と称する内部でのメンバーに対する批判や自己批判がエスカレートするようになった。総括対象者は最初は作業から外されるだけだったが、間もなく長時間の正座、更には殴打、ついには死者を出すようになった。総括による犠牲者の多くは榛名ベースで出たが、その後脱走したメンバーが出たため移動した迦葉ベースでも複数の犠牲者が出た。メンバーのさらなる脱走で迦葉ベースを放棄して移った妙義ベースで最後の犠牲者が出た。「総括」の対象者は連合赤軍リーダーの森恒夫が決定した。

総括[編集]

総括とは、本来は過去を振り返る「反省」を意味した。当時の左翼の政治運動家の間で好んで使われた思考法である。しかし、連合赤軍では次第に総括が儀式化し、実態は私刑と化していった。連合赤軍のリーダーであった森は「殴ることこそ指導」と考えていた。殴って気絶させ、目覚めたときには別の人格に生まれ変わり、「共産主義化」された真の革命戦士になれるという論理を展開し、仲間にも強いた。総括はあくまでも「援助」であり、「お前のためなんだぞ」と言いながら殴った。メンバーの一人は「俺のことを小ブル主義者と呼んだだろ」と口走ったことで、個人的な怨みで総括を行っているとして、総括要求された。散々殴られたうえにロープで吊るされ、さらに激しい暴行を加えられ、1971年12月31日に死亡した。メンバーは総括で予期せぬ死者を出したことに一時は動揺したが、森はこれを「総括できなかったための敗北死」とし、総括を継続した。

虐殺[編集]

「総括」は建前は相手を「革命戦士として自ら更生させる」ことを目的としており、周囲のものが暴力をふるうことは「総括援助」と称して正当化された。後に、暴力はそれをふるう側にとっても「総括」であるとされ、自身の「総括」のためにもより一層の暴力をふるうことが要求されるようになった。リンチは非常に凄惨で、激しい殴打を伴った。被害者らの死因は殴打による内臓破裂や、氷点下の屋外にさらされたための凍死であった。「総括」にかけられたメンバーのほとんどはされるがままに暴力を浴び続け、中には自ら殴られることを願い出たり暴力に対して感謝の言葉を述べる者もいた。一方で、自身に暴力がふるわれていることに対して抗議めいた態度を示した者も若干いた。

一部のメンバーは総括の見込み無しとして「死刑」を宣告された。「死刑」の際、参加しなかったメンバーも同様に「死刑」にされた。この「死刑」は相手を殺害することを目的としたもので、アイスピックやナイフで刺された後に絞殺された。

1971年12月末からの約2ヶ月半の間に死亡したメンバーは12人にも上った。死亡者の中にはメンバー同士で恋仲だったり、兄弟であったりした者もいた。中には妊娠していた女性メンバーもいた。証拠隠滅のため遺体はすべて全裸で土中に埋められ、榛名ベースは退却時に放火された。

メンバーの多くはこれらの虐殺を嫌がったが、「革命」のためには我慢しなければならないという意識で虐殺にかかわり続けたことが、関係者による回想からうかがわれる。

警察による捜査[編集]

1972年2月16日に、下山していたメンバー2人が発見され、逮捕される。森と永田は一度下山した後、活動資金を持ってキャンプに戻る途中で山狩り中の警官隊に発見され、2月17日に逮捕される。包囲網を突破した残党もやがて発見され、追跡劇の末にあさま山荘事件を起こして抵抗をするも2月28日に逮捕される。その後、山岳ベースから逃亡していた4人のメンバーが出頭した。

同じ頃、警官隊の山狩りの結果、山岳ベースの一つ、迦葉山ベースが発見される。焼けてしまった榛名ベースと違い、大量の証拠品が残されていた。迦葉山ベースで警察は、屎尿にまみれ、さらに切断された衣服を発見、証拠品として押収した。人間は、窒息などの死亡時、屎尿を垂れ流す。さらに、死後硬直した死体から衣服を脱がすにはナイフなどで切断するしかない。つまり、この衣服がここで「殺人」が起こった証拠品となった。

事件発覚[編集]

そして3月、逮捕された連合赤軍メンバーの供述をきっかけに妙義山迦葉山榛名山麓で計12人の遺体が発見され、事件の全貌が明らかになった。警察当局により、遺体の捜索及び発見現場がメディアに公開された。また、一部メディアにより性別もわからないほどやせ細った遺体の写真も公開された。僅か2ヶ月足らずの間に同じグループ内で12人も殺害した凄惨極まりない事件は、社会に大きな衝撃を与えた。

あさま山荘事件終結後も、日本社会党の議員や左派系マスメディアの中には、連合赤軍を擁護する主張・言動を続けていた者が少なからず見られた。しかし、あさま山荘事件とその直後に発覚した山岳ベース事件の真相と連合赤軍の実態が明らかにされるにつれて、連合赤軍を擁護した者たちの面目と社会的信用は丸つぶれとなった。かくて、左派として行動・主張してきた者たちもことごとく一斉に手の平を返し、赤軍を批判する側へと回っていった。

日本国内では、これまで新左翼運動を否定的に見ていた人間はもちろん、新左翼運動を好意的に見ていた人間も、この事件によって新左翼(極左)を嫌悪するようになっていった。それまで世論の一部に存在していた連合赤軍に同調する動きもまた、一気に冷却・縮小していった。

左翼党派の反応については、以下の通り。

日本共産党革マル派
連合赤軍を強く非難。
日本共産党および革マル派は、元々自党派以外の左翼党派を全否定しており、連合赤軍についても当初より全否定していた。
日本共産党はこの事件を中国共産党批判に、革マル派は中核派批判に利用した。
日本共産党は、街宣車で連合赤軍を非難して回るなどした。
第四インター
連合赤軍を強く非難。
中核派
沈黙を守った。
毛沢東主義諸党派
ほぼ沈黙。
革命左派(連合赤軍の母体の一つ)
一連の事件を「反米愛国路線の放棄」と総括し、自分たちの指導に従わなかったのが原因だとした。
ブント系諸党派
発言と沈黙を繰り返した。
蜂起派
激しい議論が起こり、情況派等でも議論が交わされた。
RG派
一連の事件を新左翼全体に突きつけられた自分たち自身の問題とし、連合赤軍を支持した。
赤軍派(連合赤軍のもう一つの母体)
連赤総括を巡って激論が交わされ、分裂状態に陥った。

その後[編集]

残った連合赤軍メンバー17人は全員逮捕された。

裁判永田洋子坂口弘死刑吉野雅邦無期懲役が確定した。

  • 永田は確定死刑囚として東京拘置所に収監されたが、2011年2月5日脳腫瘍のために獄中死。
  • 坂口は現在も確定死刑囚として東京拘置所に、吉野は千葉刑務所にそれぞれ収監されている。
  • なお、坂口の死刑が執行される見通しは立っていない(共犯者が逃亡中であり、その裁判が終了していないため)。

連合赤軍事件によって世論の新左翼に対する好意的な見方は一気に縮小したが、その後新左翼主流派は血で血を洗う内ゲバにのめり込んでいった。内ゲバの凄惨さは、質においても量においても連合赤軍事件をはるかに上回るまでになり、学生運動・新左翼運動は殺人と同義と見なされ世間から更に見放されるようになった。

一連の連合赤軍事件後、山岳ベース事件でのリンチ殺人については、元連合赤軍メンバー全員[要出典]が何の正当性もない犯罪行為と捉えているものと思われる。連合赤軍事件の他にも多くの政治的過激派組織による殺人事件は発生しているが、殺人を犯した党派や実行犯は様々な理由をつけて自己正当化している場合がほとんど[要出典]であり、当事者による事件の詳細な経緯の発表も当然行われておらず、事件の実態は闇の中となっている場合が多い。そのような中にあって、山岳ベース事件は事件を批判的に捉え返した詳細な記録が複数の当事者により発表されており、事件の実像に迫りやすいという点でも特異な事件である。

事件の原因[編集]

山岳ベース事件における大量虐殺の原因については、様々な意見がある。

1979年石丸俊彦裁判長による判決文では、大量虐殺は「絶対的な権威と権力と地位を確保した森と永田が、その権威と権力と地位を維持確保せんとする権勢欲から、部下に対する不信感、猜疑心、嫉妬心、敵愾心により」行われたとされた。1982年中野武男裁判長による判決文ではこれに加え、更に永田について「女性特有の執拗さ、底意地の悪さ、冷酷な加虐趣味」が加わった、とした。

連合赤軍最高幹部の森恒夫は、一切の責任は自身と永田にあるとした。但し後に、革命左派(川島豪ら獄中指導部を含む)に事件の原因を求めることもしている。遺書では、革命左派の誤りを自身が純化させてしまった(革命左派内では適切な党運営により誤りが純化されることは無かった)のが原因だとしている。

連合赤軍幹部の永田洋子・坂口弘・坂東國男は、いずれも事件を主導したのは森だとしている。但し、森は権力欲から総括を行ったのではなく、自身の作った総括の理論にのめり込み、そこから抜け出せなくなったのだとしている。坂口は「極論すれば、山岳ベース事件は、森恒夫君の観念世界の中で起きた出来事なのであった。」と述べている。永田・坂口・坂東は、いずれもそれぞれの立場から石丸判決・中野判決を批判している。

事件の原因については、永田の他のメンバー(特に女性メンバー)に対する嫉妬が原因だとされることもある。連合赤軍被指導部の植垣康博は、当初そのような分析を行っていたが、永田にそうではないと指摘され取り下げている。

赤軍派と革命左派が両派の路線の違い(赤軍派は広義のトロツキズム、革命左派は毛沢東思想)を無視して野合したことに事件の原因を求める意見もある(植垣『兵士たちの連合赤軍』など)。これに対して坂東は、両派の路線は内実をなしていなかったとしている。

加藤倫教は自著で「あのとき、誰かが声をあげさえすれば、あれほど多くのメンバーが死ぬことはなかった」「しかし、私にはそれができなかった。それよりも「革命」という目標を優先し、それに執着してしまったのだ」と述べている[1]

2月上旬に脱走したメンバーは「主観的な行動とうすうす感じつつも武装闘争に殉じたいと思い、それを達成させるための「粛清」を違和感を感じつつも受け入れてしまった(注:原文ママ)」「仲間を殺すことに耐えられなくなった時、私は脱落した」と述べている[2]

事件の経過[編集]

1971年12月以前[編集]

  • 1971年10月22日頃 - 赤軍派(森恒夫)と革命左派(永田洋子、坂口弘、寺岡恒一)の両派による共同軍事訓練の開催で合意。この時点で革命左派の山岳ベースは丹沢ベースであったが、赤軍派は山岳ベースは未設置だった。
  • 10月24日頃 - 革命左派のAとBが丹沢ベースから脱走し名古屋で逮捕される(A脱走問題)。
  • 10月25日 - 革命左派は丹沢ベースを放棄し、大井川上流の井川への移動を開始。
  • 10月27日頃 - 井川に到着した革命左派は八木尾又付近の廃屋をアジトとする(井川ベース)。また、安倍川上流の牛首峠東の造林小屋を拠点に、さらに奥に小屋の設営を開始(牛首ベース)。
  • 11月1日 - 早川支流の黒柱河内川上流の飯場を赤軍派がアジトにする(新倉ベース)。
  • 11月3日 - 赤軍派と革命左派が共同軍事訓練について打ち合わせをし、赤軍派の山岳ベースでの開催が決まる。
  • 11月5日 - 革命左派は牛首ベースに移動。
  • 11月中旬 - 人に見られたため牛首ベース(建設中)を放棄し、革命左派は井川ベースに戻る。
  • 11月19日 - 赤軍派と革命左派が共同軍事訓練について打ち合わせ。
  • 11月21日 - 革命左派の是政アジトが摘発され、加藤能敬、C、D、他1名が逮捕され、アジト近くで川島豪の妻が逮捕される(是政大量逮捕問題)。
  • 11月23日 - 革命左派が榛名山への移動を開始。
  • 11月24日 - 革命左派は榛名湖の温泉旅館跡を拠点とし、さらに奥に小屋の設営を開始(榛名ベース)。

1971年12月[編集]

  • 12月2日 - 革命左派の軍事訓練参加組が新倉ベースへの山道に到着する。革命左派の者達が水筒を持っていなかったために、出迎えた赤軍派の植垣康博がベースに水筒を依頼した。
  • 12月3日 - 早朝、植垣が革命左派の昼食のための握り飯をベースに依頼。赤軍派(山崎順・進藤隆三郎)は午前中に水筒を届けに来たが、水筒を用意していなかった革命左派を批判した(水筒問題)。昼に握り飯を届けに来た赤軍派(E)も、水筒問題で革命左派を批判する。革命左派は午後に新倉ベースに到着するが、森ら赤軍派も水筒問題で革命左派を批判。永田は水筒問題を自己批判を行う。夕食後に赤軍派9名(森、坂東、F、E、G、遠山美枝子、植垣、山崎、進藤)、革命左派9名(永田、坂口、寺岡、吉野雅邦、H、I、J、K、L)による顔合わせ全体会議が行われた。
  • 12月4日 - 朝、共同軍事訓練開始。永田は森に対して遠山を批判する。夜の全体会議にて赤軍派は米子闘争を自己批判。森は革命左派にAの脱走と是政大量逮捕の総括を要求した。
  • 12月5日 - 森は革命左派にAの脱走と是政大量逮捕の総括を要求する。永田は他の革命左派メンバーと一緒に遠山(赤軍派)を批判した(遠山問題)。
  • 12月6日 - 森は遠山批判の受け入れ、遠山が総括できるまで山から降ろさず、山を降りる者は殺すと確認、と表明する。森はG(赤軍派)を批判する。赤軍派は夕食後に遠山を、森は赤軍派のGを批判。
  • 12月7日 - 共同軍事訓練最終日。森は革命左派のKと寺岡と吉野を問題視する。永田と坂口を除く革命左派メンバーは夕方に新倉ベースを去るが、森は永田に対し進藤(赤軍派)を批判した。
  • 12月8-10日 - 森による、遠山と進藤とGへの批判は続く。9日に、次回指導部会議を赤軍派都内アジトまたは革命左派榛名ベースで12月20日に開催することが決定される。永田と坂口は10日に新倉ベースを去った。
  • 12月中旬 - 是政アジトで逮捕された加藤能敬、Cが釈放される。
  • 12月15日 - 革命左派の榛名ベースがほぼ完成。
  • 12月16日 - 次回指導部会議の開催地が榛名ベースに決定。
  • 12月17日 - 永田達は18日の十二・十八柴野春彦虐殺弾劾追悼一周年集会で主催者名がこれまでの「京浜安保共闘と革命戦線」ではなく「革命左派と赤軍派」になっている事をMから知り、革命左派獄中指導部(川島豪ら)を批判して榛名ベースでの十二・十八集会前夜集会開催を決定。前夜集会で十二・十八集会にHとNを派遣し、軍としての発言を行うことを決める。
  • 12月18日 - 十二・十八柴野虐殺弾劾追悼一周年集会において、獄外指導部とHとNは、集会での発言を救対(モップル)に拒否される。
  • 12月20日 - 森と坂東が榛名ベースに到着。森は遠山らは総括したと報告し、小嶋和子とJを除く革命左派メンバー(特にM)を批判し、徹夜で会議を開催した。
  • 12月21日 - 十二・十八集会に参加していたHとOが帰還し、集会で発言できなかったことを報告する。森はモップルを批判し、銃と連合赤軍による「共産主義化」の追求を発言。永田の「我々になった」という発言に森も同意し、両派の合同する路線が定まった。永田と坂口と森は坂東とOに結婚を提起する。全体会議で森は小嶋の批判を行う。加藤能敬とIは夜に榛名ベースに到着し、K、Iの連名と加藤能敬とCの同意で十二・十八集会に関して革命左派獄外指導部への意見書を提出するが、この意見書は永田に批判され、加藤能敬とIは意見書について自己批判をする。Pは妻と子供を連れ榛名ベースに到着するが、Pは自分一人の判断で妻と子供を連れてきたことを自己批判。永田は加藤能敬から取り調べ中に雑談したことを、Mから銃の埋めてある場所の地図を救対に渡したことを聞いて2人を批判し、加藤能敬に総括を要求する。Mが自己批判する。指導部は徹夜で会議をして、翌朝にかけスターリン問題を議論する。「スターリンの全面肯定も全面否定も誤り」という永田の意見に、他の指導部も同意した。
  • 12月22日 - 森は昼からの指導部会議で塩見孝也を評価する一方で川島豪と赤軍派指導者の一人である八木健彦を批判する。Kを連れて来るという永田の指示によりQとLが上京する。森は小嶋と、加藤能敬が革命左派被指導部の歌をリードしているのを問題視してこの歌を批判し、寺岡は被指導部に歌をやめさせた。夜になって、加藤能敬は取調べでの雑談を自己批判し、森に追及される。森は各自に総括を要求。指導部会議は未明前に終了。
  • 12月23日 - 朝、指導部会議が始まる。JはFを出迎えるために榛名湖のバス停に向かい、2人は夕方に榛名ベースに到着した。指導部会議は夕食後に再開され、未明近くに森は小嶋と加藤能敬を批判して指導部会議は終了した。
  • 12月24日 - 昼に始まった指導部会議で、森は川島豪を批判し、七・六問題(1969年7月6日のブント内ゲバでの戦線逃亡)を総括。夜遅く、被指導部が加藤能敬のリードで歌を歌っているのを森が問題視し、寺岡に歌をやめさせる。森の加藤能敬と小嶋を批判により、永田は加藤能敬と小嶋を討論させて総括させることを提案すると、森は加藤能敬と小嶋を作業から外し総括させることを決定。指導部会議は未明まで続いた。
  • 12月25日 - 指導部会議は昼近くに始まり、森は同派の過去の分派問題で暴力的分派闘争を行うべきだったと革命左派に指摘し、川島豪の偽装転向により彼が本当に「気違い」になったと批判を行う。夕方に加藤能敬と小嶋は森によって別々に正座させられる。森は加藤能敬と小嶋に食事を与えないことを夕食時に決定し、夜に指導部会議が行われる。
  • 12月26日 - 指導部会議にて共産主義化の観点からFがタバコをやめると表明すると、坂口もこれに続く。森は寺岡と吉野にタバコをやめるよう指示するが、永田と森はタバコをやめないと表明。夕食後は全体会議。指導部会議はその後に行われた。川島豪を批判した森は、革命左派に彼との決別を迫る。一方、永田は小嶋に加藤能敬から夜な夜な変なことをされると訴えられるが、永田は小嶋にも問題があるとし[3]、指導部会議で「神聖な『我々』の場をけがした」と2人を批判すると森は殴ることは指導であると、総括のために加藤能敬を殴って気絶させることを提起する。こうして加藤能敬と小嶋が殴られる事が決定され、指導部及び被指導部による2人への殴打が始まった。小嶋は永田に加藤能敬を殴らされるが、森は小嶋を正座させたままトイレに行くのを認めなかった。永田は加藤次男と加藤三男にも加藤能敬を殴らせ、森の加藤能敬への追求と殴打は夜が明け始めるまで続き、加藤能敬は坂東と寺岡と吉野に縛られる[4]。永田は加藤能敬と小嶋に食事を与えるように指示を出す。
  • 12月27日 - 加藤能敬を批判した森は束縛を総括に集中させるためと説明し、殴ることを「同志的援助」と位置づけ、小嶋とMの批判も行った。他にも小嶋を批判する者が数名いた。吉野は自己批判。QとLは昼前にKを連れ榛名ベースに帰還すると、Kは意見書について自己批判。指導部会議が始まると、森は革命左派に川島豪との決別・暴力的分派闘争を迫り、革命左派は川島豪との決別・分派闘争を受け入れ、「新党」の結成を確認した。森は夜の全体会議でMを批判。未明まで続いた指導部会議で、新倉ベースの元赤軍派メンバーを呼び寄せる事に決まった。
  • 12月28日 - 森は小嶋の束縛を決め、小嶋は朝食後に束縛される。森は永田を批判。坂東と寺岡は新倉ベースへ出発した。夕食後の全体会議で、Mは十二・十八闘争で日和った事を自己批判し正座する。全体会議後の指導部会議は朝まで続き、森はMの闘争歴から日和見主義を問題視した。
  • 12月29日 - 朝食後にHとIはCを呼び出すために上京し、Kと加藤三男は伊香保に買い物に出かけた。再開された指導部会議は昼食を挟んで続けられ、森は十二・十八闘争に見立ててMを警官役と決闘させることを提起。この警官役に坂口が名乗り出て決闘が行われるが、Mがほぼ一方的に殴り返され続ける形で決闘は終了し、永田はMを批判し立ったまま総括させる。森は小嶋を批判し束縛を提起した他、JとMも批判する。買い物に出かけていたK達が帰還した後の指導部会議終了後に森はKを批判。Lは寺岡との離婚を表明し、夕食後の全体会議で森はこれを評価する。Jは吉野との離婚を表明するが、永田に反対される。森に批判されたKは自己批判した。この日は夜の指導部会議は行われなかった。
  • 12月30日 - 午前、森は吉野に批判されたMを縛ることを提起し、森と指導部はMを殴り、彼を立たせて縛る。夕方の指導部会議の後に全体会議。IとHに連れられて帰還したCは、取り調べ中に飲食したことを自己批判。
  • 12月31日 - 指導部会議。夕方にMを批判した森は、Mの腹部を殴り気絶させることを提起するが、森達に腹部に膝蹴りをされたMは気絶しなかった。膝蹴りを中止した後、森はMが気絶しないことを批判したが、その日の夜、Mの死が確認される。最初の犠牲者。森はMの死を「総括できなかったところの敗北死」とする。全体会議で、森は永田にMの「敗北死」を報告させることを決定し、永田は加藤能敬と小嶋を小屋の外に出すことを提起され、加藤能敬と小嶋は夕食後にFとIに小屋の外に出された。坂東とPと共に榛名ベースに帰還した遠山とGと進藤を森は批判するが、永田と坂口は同意しなかった。永田はMの「敗北死」を報告した全体会議は日付を越えて続く。

1972年1月[編集]

  • 1972年1月1日 - 進藤を批判した森は進藤を縛ることを指示し、他の指導部の者や被指導部の者と一緒に進藤を殴る。森は遠山とGにも進藤を殴らせ、夜明け後に進藤への殴打は終了。坂口と坂東らは進藤を外に連れ出した後に彼を批判するが、Iによって進藤の死が確認される。2人目の犠牲者。森は進藤の死を「敗北死」として、全体会議で永田に報告させる。坂口と吉野達は加藤能敬と小嶋を床下に移すと、森は加藤三男と永田の「小嶋は闇を恐れる」という意見により小嶋に目隠しをさせる。森は小嶋を批判する一方で加藤能敬を評価し、一旦縄を解いて小屋の中に入れさせてから再び縛った。その後、小嶋は様態が急変し、加藤次男に知らされて森とFらが小嶋の蘇生のため人工呼吸を行うが、Oによって3人目の犠牲者である小嶋の死が確認された。指導部会議では小嶋の死について森とFが対立し、森は小嶋の死を「敗北死」と規定し、夜の全体会議で永田に小嶋の「敗北死」を報告させる。
  • 1月2日 - 森は午前中の指導部会議で遠山とGを批判する。植垣と山崎がお昼頃に榛名湖のバス停に到着したために、森はHに2人を迎えに行かせる。Hに連れられて植垣と山崎が午後1時頃に榛名ベース到着。植垣の提起したKとの結婚について森は一旦は評価したが、永田の批判を受けて批判に転じる。山崎が自己批判を行った。全体会議でKが植垣との結婚受け入れを表明するが、森は指導部に対しK批判を展開する。Eの自己批判。森と被指導部が遠山を批判し、森は追及を強める。遠山に小嶋の死体を埋めさせる永田の提案に森は同意し、遠山が小嶋の死体を埋めGがそれを手伝うよう指示。午前1時頃に、森と永田と加藤能敬を除くメンバーが小嶋の死体を埋めに出かけた。
  • 1月3日 - 森は加藤能敬から総括を聞くが、森は彼を批判し総括を認めなかった。寺岡はメンバーに小嶋の死体を殴らせる。午前3時頃に小嶋を埋めに行っていたメンバーが帰還すると、寺岡が小嶋を殴らせたことをFから報告され、森は小嶋を殴らせた件について寺岡に総括を要求する。また、遠山から総括を聞くが、森は被指導部に対し遠山を批判して彼の総括を認めなかった。森が遠山に対し重信房子を批判すると、遠山も重信を批判したが、森には認められず30分程自分で自分を殴らされた。永田は遠山に自分で殴った顔を鏡で見させる。森は植垣と山崎とEに遠山を縛り髪を切るよう指示を出した。永田は朝食後の指導部会議で遠山を着替えさせることを提起し、森の同意を得られた為に遠山の縄を解き着替えさせてから再び縛った。昼食後の指導部会議でGを批判した森は、夕食後の指導部会議において元赤軍派の森、F、坂東、元革命左派の永田、坂口、寺岡、吉野達による中央委員会(CC)の結成と、森、永田、坂口の3名を政治局(PB)とする事を提起。夜9時頃の全体会議で、森のCC結成と7人の立候補の構想を坂口に伝えさせて立候補者の自己紹介が行われ他のメンバーから立候補者の承認とCC結成の支持が得られた。森に批判されたGは総括を認められず、午前2時頃にEは山崎と植垣にGを縛らせる。加藤能敬はCC結成を支持するが、坂口に黙らされた。
  • 1月4日 - 森と永田による加藤能敬への追及は朝も続き、森に殴られた加藤能敬は立たせて縛られた。森は中央委員会の場でも加藤能敬批判を繰り返したが、間もなく4人目の犠牲者である加藤能敬の死が確認される。加藤能敬の死は森によって「敗北死」と総括され、永田から被指導部に対して報告させる。森による寺岡批判が行われた中央委員会は夕食後も続けられ、M、進藤、小嶋、加藤の死体を埋め直す埋葬地を、F、坂東、寺岡、吉野、H達がPの妻の運転する車で翌日調べに行く事が決められた。また、森はHとRとQと植垣とEを党員にする計画を告げた。
  • 1月5日 - F、坂東、寺岡、吉野、Hの5名がPの妻運転の車で朝早くから埋葬地調査に出かけた。その日の午後、森は六・一七闘争に関してEに総括を要求するが、永田にやめさせられる。F達は夕方に帰還し、Fら5名と坂口、植垣ら被指導部の男性が死体の埋め直しに午後9時頃に出発。坂口、植垣らは0時過ぎに、F達は早朝に帰還した。寺岡はFを批判。
  • 1月6日 - 遠山を座って縛るという永田の提案に森が同意し遠山は縛り直されたが、Eと植垣と山崎達は夕食後に、Gの縄をほどいて立たせてから追及するように森から指示される。森はGの逃亡防止のため肩胛骨と大腿部を殴る事にして、Gを殴る森にF達と植垣らも続き、寺岡はGを薪で殴った。森は植垣らにGを逆えび型に縛るよう指示した後に、植垣らに縄をほどき連れて来られた遠山を追及し、他の者も続いた。永田は森?を批判。遠山を殴りつつ追及を続けた森は、遠山を「Gと同じように殴って縛」ることを指示し、遠山の肩胛骨と大腿部を殴打したF達によって遠山は逆えび型に縛られた。森の指示によって足の間にまきをはさんで縛らせた遠山を見た寺岡の「×××××みたいに足を拡げろ」という発言に男性メンバーら笑い出すが、永田に批判される。森は中央委員会で寺岡の発言を批判し、寺岡に小嶋とLの件に関して総括を要求する。「殲滅戦の準備のため」として井川ベースの整理、D(名古屋)らの呼び出し、東京での若干の活動、山岳調査などの必要を訴え、永田は全体会議で殲滅戦の準備のための山岳調査などを行うことを告げる。KとJに総括を要求した森は、井川ベースの整理に山崎とQとCとPの妻を、Dの呼び出しにIとOを、HとEをSのオルグ等のため東京に行かせることを決定した。
  • 1月7日 - 井川・名古屋・東京へ行くメンバーの打ち合わせが行われ、夕方の全体会議で井川・名古屋へ行くメンバーが決意を語ったが、永田が遠山の衰弱を確認したために坂東とFが遠山の縄をほどき人工呼吸を行う。吉野も2人を手伝った。遠山に酒を飲ませるという森の指示に、永田は暖めた酒を飲ませようとするが、酒を一升瓶ごと暖めるのか飲ます分だけ暖めるかで坂口と永田が対立。坂口は永田を批判するが反論されて批判を撤回する。しかし坂東達が遠山の死亡が確認(5人目の犠牲者)したために全体会議を中断して中央委員会会議が行われ、遠山の死は森によって「敗北死」とされた。全体会議は夕食後に再開され、永田は遠山の「敗北死」の総括をした。Jは吉野と離婚する事を告げたが永田に否定される。永田はJと、自己批判をしたKに対して総括を要求する。
  • 1月8日 - 山崎、Q、C、Pの妻とI、O達が早朝に榛名ベースを出発した。中央委員会で永田から山岳調査のため地図を購入するよう指示されたKが加藤三男と共に出かけた。HとEは昼前に東京に向け出発する。森は吉野とQ、植垣とLの二組を山岳調査に行かせることを決める。永田は昼に坂口から共産主義化への疑問・不満を聞かされ、中央委員会で坂口の発言を知らせた。森は夕方にJとK(買い物から帰還)を批判し、Jを会計から外すことを提起し、永田はJに会計から外す事を告げた(会計は当面永田が行うこととなる)。この日の晩は中央委員会・全体会議ともに無し。
  • 1月9日 - 午前1時頃、森によってGの死亡が確認された。6人目の犠牲者。森は朝にGの死を報告したが、Gの死に関する会議は開かれなかった。山岳調査の検討は昼に行われ、井川ベースの整理に行っていた山崎らは夕方に戻ってきた。夜、Fと坂東と寺岡と吉野、P運転の車で遠山とGの死体を埋めに出かけ(坂口、植垣、山崎も車までの死体運びに加わる)、坂口、植垣、山崎達は午前0時すぎに帰還した。
  • 1月10日 - F達が早朝に帰還し、午前中に開かれた中央委員会で、植垣とLが迦葉山に、吉野とQが赤城山に山岳調査に行く事が決定される。森は夕食後の全体会議でこれまでの6人の死を「高次な矛盾」と総括する。
  • 1月11日 - 植垣とL、吉野とQ、Fは夜明け前にPの運転する車で山岳調査に出かける。昼の中央委員会で、森は関西のある救対メンバーに共産主義化を要求し、応えない場合は殺すという発言・仕草をする。森は永田に批判され、坂東と寺岡に日光方面の山岳調査を指示し、また寺岡に総括を要求する。夜遅くにFとPが帰還すると、森はFに坂東、寺岡を山岳調査に連れていく事、その帰りに『コミンテルン・ドキュメント』を購入する事を指示した。
  • 1月12日 - 早朝、坂東と寺岡はFとPに連れられて山岳調査に出かける。昼、永田の毛沢東批判に森は同意したが、坂口は黙っていた。FとPは指示通り『コミンテルン・ドキュメント』他を購入し夕方に帰還。森はあるグループをオルグするためにFに上京する指示を出した。
  • 1月13日 - 森はFを批判。Fは森に催促され上京する。帰還したEが、Sのオルグ失敗等を報告する。
  • 1月14日 - 朝、森、名古屋滞在中のIらと連絡を取るためP運転の車で伊香保に向かう。夕方、森らが帰還。森、Pを批判。森、改造弾の作り方をE、山崎、K、Jらに教える。森、Pを批判し、Pは反論。森、永田に対してJらが笑いながら改造弾を作っているのを批判。永田、森の批判を受けJらを批判。森、Qを会計とすることを決定。永田、OをQの補助とすることを決定。夜、会議。森、寺岡を批判し、永田、坂口も同意。森、永田に寺岡の活動歴を聞く。森、寺岡がかつて出した革命左派の「改組案」を寺岡の「分派主義」と批判し、寺岡への総括要求を提起、永田、坂口も同意。
  • 1月15日 - 夕方、Fが帰還。森、Fに寺岡への総括要求を伝え、Fは同意し寺岡を批判。
  • 1月16日 - 森と永田と坂口とF、寺岡問題のまとめ、寺岡の過去の言動を全て分派主義とする。午後、Pと加藤三男、山岳調査隊を迎えに高崎に向かう。夕方、吉野とQが帰還、ベース候補地が見つからなかったことを報告。森、吉野に寺岡への総括要求を伝える。吉野、同意し寺岡の過去の言動を批判、森、永田、寺岡への批判を強める。
  • 1月17日 - 朝から午後にかけ、寺岡への総括要求についての話続く。午後、Pと加藤三男、山岳調査隊を迎えに行き、夕方、坂東と寺岡と植垣とLが帰還。森、坂東に寺岡が逃げようとしなかったか聞く。森、寺岡の追及を開始。寺岡、追及への答えの中で「(永田や坂口が)逮捕されればよいと思った」と答え、これに永田と吉野怒り、吉野が寺岡を殴る。森、寺岡を批判し、指導部メンバーへの人物評を要求。寺岡、人物評、批評された者はこれに反発せず。寺岡、総括のために「殴ってほしい」と発言。森、寺岡の指示で殴ることを拒否。永田、寺岡を全体で追及することを提起し、植垣に他メンバーを起こすよう指示。
  • 1月18日 - 午前1時頃、被指導部集まる。永田、被指導部に対し寺岡を批判し、吉野が補足。寺岡批判、被指導部に伝わらず? 坂東、寺岡が「革命を売ろうとした」と批判し、被指導部の寺岡への批判始まる。全員による寺岡への追及の中で、寺岡への殴打始まる。寺岡への追及続き、殴打激しくなる。森、寺岡に権力との関係を追及。寺岡、これを否定。森、寺岡の足をナイフで刺す。森と永田、寺岡に権力との関係を追及。寺岡、これを否定。森、寺岡の行為を「反革命」とし、寺岡に対し「死刑」を宣告。森、寺岡に対し「おまえのような奴はスターリンと同じだ」と言い、アイスピックで寺岡を刺す。寺岡は絶命せず。他何人かがアイスピックで寺岡を刺す。寺岡は絶命せず。坂口、寺岡の首を締めるよう指示。森、山崎が後ろでウロウロしていることを問題視。午前7時頃、寺岡が絶命。7人目の犠牲者。朝食後、中央委員会。森、寺岡処刑を「テロリズムとの闘い」とし、坂東、E、植垣を評価。森、スターリンを批判し、寺岡とスターリンが同じであるとする。永田と坂口と吉野、これに同意も反対もせず。夕食後、会議継続。永田ら、森の寺岡とスターリンが同じであるという位置づけに同意せず。森、寺岡処刑を「分派主義との闘争」とする。午後9時頃、全体会議。永田、森の指示で森のメモに基づき寺岡処刑の総括を告げる。森、寺岡処刑の総括を告げる。森、寺岡処刑へのかかわりを発言するよう全体に対し要求。P、元革命左派メンバーの中で唯一スターリン主義に触れる。森、指導部に対しPを問題視。森、Kの寺岡処刑へのかかわりを「女を売り物にする態度」と批判。森、指導部に対し山崎を問題視し、山崎への追及を開始。山崎、「自分の問題が寺岡と似ていたので、自分も殺されると思った」と発言。森、指導部に対し山崎を問題視。Hが帰還し、山崎への追及中断。H、電車内でナイフを落としたと報告。坂東と植垣、山崎に総括要求。山崎、自己批判。森、全体会議を打ち切り、J、K、山崎、植垣に総括要求。この時19日の午前3時頃。この頃、名古屋の喫茶店でI、Oに持ち金を渡し、逃亡を宣言し立ち去る。最初の離脱者(あさま山荘陥落後出頭)。
  • 1月19日 - 午前中、中央委員会。森、山崎を批判。森、山崎を中央委員会に呼び出し追及。午後1時頃、Oが帰還、山崎はIがいないことに対して「逃げたな」と発言。森、山崎に正座を指示しH、Eに山崎の見張りをさせる。O、Dと連絡が取れなかったこと、Iが逃亡したことを報告。永田、ベース移動の必要を述べる。森、Iは警察に行かないとしてベース移動の必要はないとする。この頃、ラジオで元坂東隊メンバーのTの逮捕伝わり、坂東隊がかつて高崎にアジトを設置していたことからベース移動の必要性が確認され、移動先は植垣の報告から迦葉山方面とする(迦葉ベース)。森、永田に対しベース移動の際に山崎を処刑することを示唆。永田、山崎にニセ死刑宣告を行い様子を見ることを森に提起し、森は賛成、中央委員会でも承認。森、FにPの妻と共に上京し、Sのオルグ、レンタカーの都内での確保、ベース移動のための工具類・材料の購入をすること指示。夕暮れ後、FとPの妻出発。山崎、この頃までに髪を切られ縛られる。森、山崎に「死刑」宣告し、森と坂東と吉野と坂口、山崎にナイフを突きつける。森、山崎に総括要求。永田、山崎に総括要求。森、山崎を縛るよう命じる。午後11時頃、坂口と坂東と吉野と植垣、P運転の車で寺岡の死体を埋めに行く。
  • 1月20日 - 早朝、坂口らが帰還。昼頃、森、永田に対し山崎を批判。森、山崎の足にアイスピックを刺し総括要求することを提起。永田、坂口、同意し、坂口、アイスピックを刺すことを名乗り出る。森、山崎への追及を開始。坂口、山崎の足にアイスピックを刺す。後に他のメンバーも追及に加わる。森、山崎に対しメンバーの人物評を要求。人物評をされた者はこれに反発せず。森、山崎への殴打を開始し、他の者も続く。森、山崎への死刑を宣告。森、山崎をアイスピックで刺し、植垣、坂東続く。山崎は絶命せず。E、植垣、山崎をナイフで刺す。山崎は絶命せず。坂口、山崎の首を締めるよう指示し、吉野と坂東とHとPら、山崎の首をロープで締め、山崎が絶命。8人目の犠牲者。中央委員会。森、山崎死刑を総括し、寺岡の問題と山崎の問題が同質であることを強調。森、Jが懐中電灯の電池を隠したと批判。午後8時、全体会議。永田、Jを懐中電灯の電池の件で追及。J、これを否定、森は何も言わず。永田、全体会議中のタバコ制限の撤廃を提起、他のメンバーは何も言わず。永田、森の指示で山崎の死刑の総括を報告。E、自己批判。森、Eを追及。K、自己批判。永田、Kの総括を認めず。Q、Kを批判。森、Kを批判し総括を認めず。J、自己批判。森、Jを批判。永田、Jに総括要求。午後11時頃、FとPの妻、Sを連れて帰還。S、自己紹介。森、中央委員に対しJを批判。森、Jが吉野から自分に乗り移ろうとしていると主張。森、Jを批判、他の中央委員、被指導部も続く。森、吉野に対しJ批判を要求。吉野、Jとの離婚を表明。
  • 1月21日 - 朝食後、EとQ、P運転の車でベース移動のための工具類・材料の購入に出かける。森、Sに入山の決意表明を求め、Sを評価し、入山しなかったFを批判。中央委員会。森、ベース建設の期間(1週間)と人の割り振り(ベース建設:坂東、吉野、植垣、H、L、O、C、加藤次男、加藤三男。ベース間連絡:E、P。榛名ベースの荷物整理:Q、Pの妻。KとJは榛名ベースで総括させ、森、永田、坂口、Fは榛名ベースに残る)を決定。先発隊をL、坂東(車運転:P)とすることを決定。夕方前、Eらが帰還。夕食後、全体会議。森、ベース建設について指示。ベース建設メンバー、決意表明。中央委員会。森、吉野に対しJを批判。吉野、Jを批判的に語る。
  • 1月22日 - 午前5時頃、Lと坂東、P運転の車で出発。午前7時頃、吉野、H、C、加藤次男、出発。森、永田に対しJを批判。午前8時頃、植垣、E、O、加藤三男、出発。レジュメ作成のための中央委員会。
  • 1月23日 - 森、Sに対しFを批判。森、Sにベース建設に参加するかを聞き、Sは同意。夕方、EとPが帰還。E、ベース建設の目処について答えられず。森、Eを批判。森、坂口に対しベース建設に加わるよう提起、坂口は同意。夜、坂口とFとEとQ、Pの妻運転の車で山崎の死体を埋めに行く。
  • 1月24日 - 午前7時過ぎ頃、坂口が帰還。ベース近くで車を路肩の溝に落としたと報告。約1時間後、F、E、Pの妻が帰還。F、レッカー車で引き上げる必要があることを報告。森、同意し、運転免許を持っているSに対し、Fと共に出かけるよう指示。朝食後、FとS、出かける。昼過ぎ、Qが帰還。車を引き上げ、FとSが車修理のため高崎に行ったことを報告。夕方遅く、SとFが帰還、車が直ったことを報告。夕食後、指導部会議。あるグループに車のカンパを要請することを決定。
  • 1月25日 - (迦葉ベース)朝、P、車をぬかるみにはめる。P、自己批判せず。坂口、Pを批判。夜、全体会議。坂口、Pを批判し追及。坂口、Pを正座させる。坂東と吉野、Pを見張る。(榛名ベース)午前8時頃、F上京。森、Kが懐中電灯の電池を隠していると主張、永田に荷物を調べさせるが見つからず。森、Jがタオル・さらしを大量に持っていると主張、永田に荷物を調べさせるが見つからず。夕食後、森、Kを追及。K自己批判。森、Kの総括を認めず追及を続ける。森、Jを追及。J、森の批判を認めず。森、Kを追及。K、植垣について話そうとするが永田はこれを認めず。森、KにM(印旛沼事件で殺害)との関係を追及。K、Mとの関係を認める。永田、KのMとの関係を批判。森、Kを追及。森、JとKを縛ることを提起。永田、同意も反対もせず。森、Jがタンスに自由に寄りかかれるよう縛り、食事にも配慮するとし、永田、縛ることに同意。この頃26日夜明け。森、KとJを縛る。
  • 1月26日 - (榛名ベース)朝食後、森、Jを柱に縛る。森、KとJにミルクを与える。森、Jを批判し当面食事を与えないことを決定。午前中、坂口、E、Sが帰還。坂口、P問題を報告。森、Pを殴って縛べきと主張。永田、これに同意。坂口、これに同意。森、Pを批判。坂口、Pを批判。永田、坂口にKとJの束縛を報告。森、EとQの交代を決定。昼食後、森、永田と坂口に対しJを批判。永田、これに同意(以降、Jに食事は与えられず)。永田、Kにおしるこを与え、総括を聞く。森、Kの総括を認めず(以降、Kに食事は与えられず)。坂口、Q、S、迦葉ベースに出発。
  • 1月27日 - (榛名ベース)迦葉ベースへの移動の準備。昼頃、QとS来訪し、Q、Pを殴り縛ったことを報告。森、小屋完成前のベース移動を提起。森、永田と連名での坂口への手紙を書き、永田に見せずにQに渡す。森、Sから高崎でFと風呂に入ったことを聞く。夕方前、QとS、迦葉ベースへ出発。森、永田に対し風呂の件でFを批判し、Fへの総括要求を決定。夕方、森、永田に対しJを批判し、Jがお腹の子供を私物化していると主張、子供を取り出すことを考えなければならないとする。永田、Jへの積極的な総括要求を主張し、森は同意。
  • 1月28日 - (榛名ベース)迦葉ベースへの移動の準備。午前中、坂口、坂東、S来訪。坂口、Pの件を報告。森、Jを批判し、Jを殴り髪を切ることを提起。坂口、坂東、永田、これに同意。森、輪にした針金でJを殴る。永田、坂口、坂東も続く。J、殴打に抗議。森と坂口と坂東、Jを殴り、E、Pの妻、Sがこれに続く。森、Jにベース移動時に声をあげたり等しないよう要求し、Jは同意。森、Jの髪を切るよう指示。S、運転免許証をなくしたと言う(運転免許証を持っているPの妻がいつでも運転を交代できるようにすることで対処)。夕方、車に荷物を運び、その後K、Jを運ぶ。午後7時頃、S運転の車でPの妻、森、永田、坂口、坂東、Pの子供を連れ迦葉ベースへ出発(Eは榛名に残る)。29日午前1時頃、森ら迦葉ベース入り口に到着。森ら、迦葉ベースメンバーの「殲滅戦」計画を知る。森、殲滅戦計画について吉野を批判し、吉野は釈明。永田、森の指示で植垣、Qに殲滅戦批判を伝える。
  • 1月29日 - 朝食後、QとS、買い物、Fとの連絡、Eの迎えに出発。夜、森ら迦葉ベースに移動。P、J、K、小屋の床下に縛られる。森、Pに対し「総括もできず自殺もできないのか」と言い、Pは舌をかもうとする。永田、JとKに総括要求しKは同意。森、EにPの様子を見させ、Pに水を与え猿轡をさせるよう指示(Pは水は飲まず)。午後11時過ぎ、中央委員会。森、Pの件について坂口らに報告。QとSを東京にFを迎えに行かせることを決定。
  • 1月30日 - 夜中のうちにP死亡。9人目の犠牲者。森、Pの死を「敗北死」とする。永田、森と坂口にPへの総括要求と死について妻のPの妻に説明することを提起、森ら同意しPの妻に経緯を説明。QとS、上京。中央委員会でPの「敗北死」を確認。森、永田に対しKを批判。永田、同意も反対もせず。午後、中央委員会。森、坂東らが小屋建設を手伝ったことを批判し、CC用のこたつを作ることを要請。坂東、釈明しつつも同意。森、Kを批判し、他の中央委員も同意、永田は同意も反論もせず。森、FがSと風呂に入ったことを批判し、Fへの総括要求を決定、他の中央委員も同意。夕方、永田、Kに睨まれたと会議で主張。森、Kを殴ることを決定し、他の中央委員も同意。永田、植垣とLにKを殴らせることを提起し、森は同意。永田、森の指示で被指導部にKの殴打決定を伝え、Kを批判、植垣とLにKを殴るよう要求。植垣ら、Kが縛られている床下に向かい、Kが既に死亡していることを確認。10番目の犠牲者。森、Kの死を「ショック死」とする。永田、森の指示でKの「ショック死」を全体に伝える。
  • 1月31日 - 早朝、QとS、Fを連れて帰還。昼、LとS、小屋建設の資材購入に出かける。中央委員会。F、車のカンパに失敗したこと等を報告。森、カンパ失敗を問題視しFは反論。森、Fに対しSと風呂に入ったことを問題視し、この件についての総括を要求し追及を終える(P、Kの死とJへの殴打・束縛については説明せず)。森、Jを「女寺岡」と批判し、お腹の子供がおりてしまわないか調べることを主張。永田、CとOとPの妻に調べさせることを提起。森、Eを加えさせることとする。夕方、坂口らJを床下から運び、CらとE、お腹を調べる。J、床下に戻される。LとS、資材を購入して帰還し、坂口、坂東、吉野及び被指導部、資材を運ぶ。中央委員会用の場所完成。午後10時、中央委員会。翌日2月1日にPとKの死体を埋める場所を坂口、坂東、吉野が探しにいく(車の運転はS)こと、その間に森と永田がFの総括を聞くことを決定。

1972年2月[編集]

  • 2月1日 - 朝食後、坂口ら出発。森と永田、Fの総括を聞く(永田は途中で退席)。昼近く、森、永田に対しFが話の途中に逃げたと言う。昼食後、森、Fを批判し、森とFは無言で対立。夕方前、坂口らが帰還、埋める場所を見つけ穴を掘ったこと、警察が大勢いたこと、指名手配のポスターが大量にあったことを報告、この日の死体の埋葬は行わず翌日坂東が様子を見にいくことを決定。森、「Jが総括しない時には子供を取り出す必要がある」と話し、いざという時は自分が子供を取り出すと言う。永田と吉野、子供を取り出すことへの参加を表明。森、子供を「組織の子として育てる」とする。永田、Jを小屋に入れ食事を与えることを提起し、森は同意、坂口らも同意。森、永田に子供を取り出すことを皆に話すよう指示。夕食後、永田、被指導部に対しJを批判、いざという時は子供を取り出すことを告げる。永田、女性らでJの体をきれいにすることを提起。男性ら湯を沸かす。永田と女性ら、Jの縄をほどいて部屋に上げ、体をふき新しい服を着せ、土間に縛る。中央委員会。森、Fを追及。森、Fの赤軍派復帰を繰り返し追及。F、CC辞任を申し出る。森、FのCCからの除名を告げ、F、こたつから出て正座する。森のFへの追及続く。
  • 2月2日 - 朝、森、Fが総括できていないとし、以降Fに食事を与えず。朝食後、中央委員会。森、Fを批判。森、EにJのお腹の子供について質問し、婦人科の医学書を買ってくるよう指示。この間J、永田にミルクを要求、永田はJを殴りミルクを与える。午前10時、坂東は町の様子を見に、Oは買い物にS運転の車で出かける。午後、中央委員会。森、Fを批判し、Fを雪の上に座らせることを提起、永田、坂口、吉野は同意。森と坂口と吉野、雪の台を作り、その上にFを正座させる。夕方、森、Fが総括しようとしていないとし、Fを小屋の中に入れることを提起、永田らは同意、Fを小屋の中で正座させる。坂東、O、Sが帰還。森、Fが総括しようとしていないと批判し、永田に対処を求める。永田、Fに薪拾いをさせることを提起。森、Fの総括は「0.1パーセントの可能性」とし、一日水一杯で薪拾いをさせることを決定。森、FとEとCにFの見張りをさせること、Fへの総括要求を永田が全体に話すことを決定。植垣とEとCにFの薪拾いでの見張りを指示し、EとCがFの監視を開始。夕食後、永田、Fへの総括要求について全体に話す。森、Fの問題を指摘。森、FにCCからの除名を伝え、一日水一杯で薪拾いをするよう通告。午後10時、坂口と坂東と吉野、S運転の車でPとKの死体を埋めに出かけ、被指導部の男らも車まで死体を運ぶ。午前0時過ぎ、被指導部の男らが帰還。午前4時頃、坂口らが帰還し、森、永田、坂口の大きな指名手配署が随所に大量に張ってあったことを報告。
  • 2月3日 - 朝食前、森、EとLとSに榛名の残りの荷物の運搬を指示、またEに婦人科の医学書の購入を指示。朝食後、Eら出発。森、Fに水一杯を与え薪拾いを指示、植垣とQ見張りにつく。中央委員会。森、車のカンパの必要性を強調。昼過ぎ、坂東、Fらを迎えに行く。森、Qと植垣から報告を聞き、Fが総括できていないとする。J、トイレを要求し、永田はJをトイレに行かせることを提起。森、黙る。永田、Jをトイレに行かせることを繰り返し提起し、森はこれを認める。永田とCら、Jの縄をほどくが間に合わず。永田ら、Jの下着を替え柱に縛ろうとするがJは立てず。永田、Jを寝かせることを提起。森、Jが敵対することを考えなければならないとし、Jを寝かせて縛る。夕方、坂東と植垣、Fを連れ帰還。森、坂東と植垣から報告を受ける。森、Fが総括しようとしていないとし、逆えびに縛ることを決定。森、Fを殴ることを決定。Fへの追及開始。森、Fを追及し、殴る。他のメンバーも続く。EとLとSが帰還、追及に加わる。Jの様子が変わり、永田と森、Jの様子を確認。Fへの追及と殴打を再開。森、Fの総括の可能性が0.01パーセントであるとし、植垣らにFの束縛を指示。皆でFを縛る。永田、吉野にJにミルクを与えるよう指示し、吉野は同意(実際にはミルクを与えず)。
  • 2月4日 - 午前4時頃、坂口、坂東、吉野と被指導部の男ら、Eの持ってきた荷物を取りに出かける。午前6時半頃、坂口らが帰還、Jが既に死亡していることを確認。11人目の犠牲者。森、Jのお腹の子供を取り出すことを断念。森、「子供の私物化と闘えなかった」とし、CCが自己批判すべきとする。森、Jが自分に対して死ぬことを隠していたと批判、「子供の私物化を許したのはCCが躊躇したから」としそのことを自己批判すべきとする。森、永田に被指導部に「子供の私物化を許したのはCCが躊躇したから」という自己批判を伝えるよう指示。永田、被指導部に対し「子供の私物化を許したのはCCが躊躇したから」ということを自己批判。森、Jが死ぬことを隠したと批判。朝食後、中央委員会。夜にJの死体を埋めにいくことを確認。
  • 2月12日 - 12人目の犠牲者が出る。

死亡メンバー[編集]

死亡メンバー
死亡日 メンバー 生まれ年 学籍 旧所属 総括事由(植垣) 死因
1971年12月31日 M 1950年 東京水産大学 京浜安保 敗北主義 餓えおよび寒さ
1972年1月1日 進藤隆三郎 1950年 日仏学院 赤軍派 ルンペン・プロレタリアート 内臓破裂?
1972年1月1日 小嶋和子 1949年 市邨学園短期大学 京浜(中京)安保 小ブル急進主義 餓えおよび寒さ?
1972年1月4日 加藤能敬 1949年 和光大学 京浜安保 防禦的、受動的、啓蒙主義 餓えおよび寒さ?
1972年1月7日 遠山美枝子 1946年 明治大学 赤軍派 古い赤軍派 餓えおよび寒さ?
1972年1月9日 G 1949年 岡山大学 赤軍派 非軍事的 餓えおよび寒さ?
1972年1月17日 寺岡恒一 1948年 横浜国立大学 京浜安保 小ブルテロリズム 窒息死(死刑)
1972年1月19日 山崎順 1950年 早稲田大学 赤軍派 全共闘的体質 窒息死(死刑)
1972年1月30日 P 1943年 北九州大学 京浜(中京)安保 外在的、日和見主義 餓えおよび寒さ?
1972年1月30日 K 1948年 横浜国立大学 京浜安保 日和見主義 餓えおよび寒さ?
1972年2月4日 J 1948年 横浜国立大学 京浜安保 権威主義 餓えおよび寒さ?(妊娠8ヶ月)
1972年2月12日 1944年 京都大学 赤軍派 官僚的、理論主義的 餓えおよび寒さ?

※総括事由(植垣)……森恒夫の行った批判の植垣康博によるまとめ。(永田洋子『続 十六の墓標』より)

脚注[編集]

  1. ^ 加藤倫教『連合赤軍 少年A』新潮社、2003年。
  2. ^ 『若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』朝日新聞出版、2008年。
  3. ^ 永田の証言。坂口、坂東、吉野、加藤次男の証言では永田は加藤能敬と小嶋が接吻しているところを目撃したと言った、としている。森は以前の2人の接吻について小嶋が「そうされた」とした、としている。
  4. ^ 吉野は加藤能敬を縛るよう命じたのは永田だと証言。永田はこれを否定。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 永田洋子『十六の墓標 (下)』 彩流社、1983年
  • 永田洋子『続 十六の墓標』 彩流社、1995年
  • 坂口弘『あさま山荘1972 (下)』 彩流社、1993年
  • 坂口弘『続 あさま山荘1972』 彩流社、1995年
  • 植垣康博『兵士たちの連合赤軍』 彩流社、1984年
  • 坂東国男『永田洋子さんへの手紙』 彩流社、1984年
  • 加藤倫教『連合赤軍 少年A』 新潮社、2003年