楽山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 四川省 楽山市
楽山大仏
楽山大仏
旧称:嘉州
四川省中の楽山市の位置
四川省中の楽山市の位置
中心座標 北緯29度33分18.85秒 東経103度45分48.23秒 / 北緯29.5552361度 東経103.7633972度 / 29.5552361; 103.7633972
簡体字 乐山
繁体字 樂山
拼音 Lèshān
カタカナ転写 ローシャン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
行政級別 地級市
面積
総面積 12,826 km²
海抜 500 m
人口
総人口(2007) 352.45 万人
市区人口(2005) 85.82 万人
経済
電話番号 0833
郵便番号 614000
ナンバープレート 川L
行政区画代碼 511100
市花 海棠
公式ウェブサイト http://www.leshan.gov.cn/
住宅街
楽山大仏と市街地
峨眉山報国寺

楽山市(らくさん-し)は中華人民共和国四川省の中南部に位置する地級市成都から南に約120km離れている。

地理[編集]

北は眉山市、東は自貢市宜賓市、南は涼山イ族自治州、西は雅安市と接している。

長江水系の岷江(びんこう)に大渡河(だいとが)および青衣江が合流する場所である。丘陵地帯が主で、市西南部は山地、川沿いは沖積平野である。気候は温和で湿潤、四季がはっきりしており雨量は多く、春と冬が過ごしやすい。平均海抜は500メートル、年降水量1,394ミリメートル、年平均気温は17.2℃。

歴史[編集]

  • 古代 - 成都周辺一帯に長江文明が栄えていたとされるが、資料文献がほとんどないため詳細は研究途上である。
  • 代 - 成王により峨眉山道教の聖地として栄える。
  • 春秋時代 - 古蜀の王である開明が治めていたとされる。
  • 代 - 古蜀が秦に統一され、「南安県」が置かれる。秦代から代にかけて製塩と製鉄業が発達したとされる。
  • 後漢時代 - インドから仏教が伝来し、峨眉山が仏教の聖地となる。
  • 三国時代 - の領土となる。
  • 579年北周時代) - 北周の領土となり、「嘉州」と命名される。
  • 北宋時代 - 「嘉定府」に改められる。
  • 代 - 「嘉定路」となる。
  • 代 - 「嘉定州」に改められる。明代から代にかけてキリスト教カトリック)、イスラム教が峨眉山に持ち込まれる。
  • 1734年代) - 「楽山県」となる。
  • 1950年 - 楽山地区となる。
  • 1978年 - 地級市に昇格し、楽山市となる。
  • 1997年 - 行政区画の改変にともない、眉山をはじめとする6県が市として独立する。

行政区画[編集]

4市轄区・1県級市・4県・2自治県を管轄下に置く。

楽山市の地図

年表[編集]

川南行署区楽山専区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国川南行署区楽山専区が成立。楽山県犍為県沐川県屏山県雷波県馬辺県峨辺県峨眉県が発足。(8県)
  • 1950年5月 - 内江専区井研県を編入。(9県)
  • 1951年8月24日 - 犍為県の一部が分立し、五通橋市が発足。(1市9県)
  • 1952年3月19日 - 犍為県の一部が井研県に編入。(1市9県)
  • 1952年4月19日 - 内江専区栄県の一部が井研県に編入。(1市9県)
  • 1952年7月30日 - 井研県の一部が内江専区栄県に編入。(1市9県)
  • 1952年8月4日 - 犍為県の一部が五通橋市に編入。(1市9県)
  • 1952年8月7日 - 四川省の成立により、四川省楽山専区となる。

四川省楽山地区[編集]

  • 1952年10月4日 - 犍為県の一部が楽山県に編入。(1市9県)
  • 1952年12月29日 - 楽山県の一部が井研県に編入。(1市9県)
  • 1953年1月15日 - 井研県の一部が内江専区栄県に編入。(1市9県)
  • 1953年1月21日 - 犍為県の一部が沐川県に編入。(1市9県)
  • 1953年3月10日 - 眉山専区夾江県青神県眉山県丹棱県洪雅県彭山県を編入。(1市15県)
  • 1953年5月9日 (1市15県)
    • 井研県の一部が青神県に編入。
    • 内江専区栄県の一部が井研県・犍為県に分割編入。
    • 犍為県の一部が内江専区栄県に編入。
  • 1953年8月30日 (1市15県)
    • 楽山県の一部(原口郷の一部)が井研県に編入。
    • 井研県の一部(磨池郷の一部)が楽山県に編入。
  • 1953年12月29日 - 内江専区栄県の一部が井研県・犍為県に分割編入。(1市15県)
  • 1954年1月15日 - 眉山県の一部が夾江県に編入。(1市15県)
  • 1954年1月29日 - 内江専区栄県の一部が井研県に編入。(1市15県)
  • 1954年3月22日 - 丹棱県の一部が西康省雅安専区雅安県に編入。(1市15県)
  • 1954年5月29日 - 犍為県の一部が沐川県に編入。(1市15県)
  • 1954年9月10日 (1市15県)
    • 内江専区仁寿県の一部(新興郷および黄興郷の一部)が井研県に編入。
    • 井研県の一部(竜池郷・全福郷の各一部)が内江専区仁寿県に編入。
  • 1954年10月7日 (1市15県)
    • 五通橋市の一部(西溶鎮・建政郷・民権郷・三和郷・前進郷・石麟郷・沫渓郷・公平郷・互合郷・諸益郷・冠英郷・楊家郷)が楽山県に編入。
    • 楽山県の一部(新廟郷・杉樹郷および新雲郷・青塘郷の各一部)が五通橋市に編入。
  • 1954年11月 - 屏山県の一部が雷波県・馬辺県に分割編入。(1市15県)
  • 1955年4月13日 - 沐川県の一部が犍為県に編入。(1市15県)
  • 1955年11月9日 - 雷波県が涼山イ族自治州に編入。(1市14県)
  • 1955年11月16日 - 洪雅県の一部が雅安専区雅安県に編入。(1市14県)
  • 1955年12月 (1市14県)
    • 沐川県の一部が馬辺県に編入。
    • 屏山県の一部が涼山イ族自治州雷波県に編入。
  • 1956年5月29日 (1市14県)
    • 夾江県の一部(太平郷の一部)が洪雅県に編入。
    • 洪雅県の一部(余坪郷の一部)が夾江県に編入。
  • 1956年6月27日 - 峨辺県の一部が雅安専区漢源県に編入。(1市14県)
  • 1956年10月15日 (1市14県)
    • 犍為県の一部が五通橋市に編入。
    • 夾江県の一部が峨眉県に編入。
  • 1956年12月17日 (1市14県)
    • 楽山県・夾江県の各一部が青神県に編入。
    • 楽山県の一部が夾江県に編入。
    • 屏山県の一部が涼山イ族自治州雷波県に編入。
  • 1957年2月9日 - 屏山県が宜賓専区に編入。(1市13県)
  • 1958年6月2日 - 内江専区仁寿県の一部が井研県に編入。(1市13県)
  • 1958年10月18日 - 内江専区仁寿県を編入。(1市14県)
  • 1958年11月25日 (1市14県)
    • 峨眉県の一部が洪雅県に編入。
    • 馬辺県の一部が涼山イ族自治州洪渓県に編入。
  • 1959年3月22日 (11県)
    • 丹棱県が洪雅県に編入。
    • 彭山県・青神県が眉山県に編入。
    • 五通橋市が楽山県に編入。
  • 1959年8月28日 - 眉山県の一部が夾江県に編入。(11県)
  • 1960年12月26日 (11県)
    • 夾江県の一部(太平郷の一部)が洪雅県に編入。
    • 洪雅県の一部(三宝郷の一部)が夾江県に編入。
    • 楽山県の一部が峨眉県に編入。
  • 1962年10月20日 (14県)
  • 1963年12月30日 - 涼山イ族自治州美姑県の一部が峨辺県に編入。(14県)
  • 1968年9月 - 楽山専区が楽山地区に改称。(14県)
  • 1970年3月21日 - 馬辺県の一部が峨辺県に編入。(14県)
  • 1974年9月6日 - 内江地区栄県の一部が井研県に編入。(14県)
  • 1976年4月6日 (14県)
    • 楽山県の一部が犍為県に編入。
    • 井研県の一部が青神県に編入。
  • 1977年7月23日 - 仁寿県の一部が内江地区簡陽県に編入。(14県)
  • 1977年9月24日 - 仁寿県の一部が成都市双流県に編入。(14県)
  • 1978年11月4日 - 夾江県の一部が洪雅県に編入。(14県)
  • 1979年10月5日 - 峨辺県の一部が分立し、金口河工農区が発足。(14県1工農区)
  • 1979年11月7日 - 眉山県の一部が夾江県に編入。(14県1工農区)
  • 1979年11月16日 - 楽山県が市制施行し、楽山市となる。(1市13県1工農区)
  • 1982年8月2日 - 内江地区簡陽県の一部が仁寿県に編入。(1市13県1工農区)
  • 1984年4月9日 (1市11県2自治県1工農区)
  • 1984年11月28日 - 楽山市の一部が峨眉県に編入。(1市11県2自治県1工農区)
  • 1985年2月11日
    • 楽山市が地級市の楽山市に昇格。
    • 仁寿県・眉山県・犍為県・井研県・峨眉県・夾江県・洪雅県・彭山県・沐川県・青神県・丹棱県・峨辺イ族自治県・馬辺イ族自治県・金口河工農区が楽山市に編入。

楽山市[編集]

経済[編集]

楽山市の域内総生産比率は第一次産業16.6%、第二次産業58.7%、第三次産業24.7%である。

工業部門では多結晶シリコンと太陽電池、建築資材(セメントなど)、塩・燐工業、クリーンエネルギー、農産物加工が5大産業となっている。「楽山ハイテク産業開発区」が設置されており、太陽電池関連の研究では中国内でも1、2を争う規模である。海外からの投資も盛んで、国際金融公社オン・セミコンダクターなどが進出している。

イネ、小麦をはじめとして茶、野菜、果物の生産高が多い。漁業、畜産業(養豚、養鶏、養蚕)、林業も盛んである。

岩塩石灰石高陵土天然ガス石膏白雲石ミネラルウォーター硫酸ナトリウムの埋蔵量が比較的豊富である。また、豊富な水資源を生かして2基の水力発電所がある。

教育[編集]

西南交通大学(峨眉校区)、成都理工大学(工程技術学院)、成都中医薬大学(峨眉学院)、楽山師範学院、楽山職業技術学院の5つの大学級の高等教育施設がある。

自然[編集]

楽山市には希少な動植物が数多く生息している。カタヤ属マツの一種)、ハンカチノキアケボノスギ、などの稀少植物、そしてパンダ、枯葉蝶などの稀少動物はいずれも保護の対象となっている。

交通[編集]

航空[編集]

成都双流国際空港が楽山市に最も近い。市内から北へ約100km。楽山空港を建設中。

鉄道[編集]

成都市昆明市を結ぶ成昆線が楽山市を通る。楽山市内には数駅あるが、最も多くの列車が停車するのは峨眉山市にある峨眉駅である。

道路[編集]

  • 成楽高速道路が成都市と楽山市を結んでいる。約132km、1時間半-2時間。
  • 楽自高速道路
  • 楽宜高速道路
  • 楽山環城高速(建設中)
  • 楽山市はバス網が発達している。市内に点在する各市街地間に直通バスが走っているほか、各市街地内には路線バスが走っている。

水路[編集]

楽山市街地そばの岷江沿いに楽山港がある。500トン級の貨物船が停泊可能。成都まで144km。楽山大仏の遊覧船も発着する。

観光[編集]

楽山市は豊富な観光資源を持ち、国内外合わせた観光客数は1234万人、観光収入は91.4億元にのぼる(2008年)。

  • 楽山大仏 - 唐代に造営された世界最大の石仏。峨眉山峨眉山市)とともに「峨眉山と楽山大仏」として世界遺産に登録されている。両者は50kmほど離れている。
  • 楽山夾江千佛岩 - 青衣江の絶壁に数千もの石仏が彫り込まれた名勝。楽山駅から北西に約2km。
  • 郭沫若旧宅 - 近代中国の文学者であり政治家でもあった郭沫若の旧宅。沙湾駅から南に約1.5kmの市街地にある。
  • 嘉陽炭鉱鉄道芭石铁路) - 嘉陽小火車(嘉阳小火车)とも呼ばれる軌間762mmの軽便鉄道蒸気機関車が牽引する貨客混載の列車が19.84kmの距離を一日4往復している。1959年7月12日に石炭の運搬手段として開通し、四川嘉陽集団有限責任公司(電力会社)によって運行されている。一時は廃止も検討されたが2004年5月に撤回、2006年4月18日に楽山市人民政府から工業遺産に指定され、文化財として保護されている[1]。近年は中国国内のみならず日本や欧州からの観光客も多く訪れる。楽山中心部から車で1時間半ほど南下した嘉陽の町にある。
  • 黑竹溝(峨辺県)- 中国のバミューダ三角。
  • 金口河大峽谷
  • 烏尤寺

また、楽山市の北に隣接する眉山市の市街地には三蘇祠博物館(北宋の文学者である蘇洵蘇軾蘇轍の旧宅)がある。

姉妹都市・提携都市・友好都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 18世纪工业革命活化石-四川犍为嘉阳小火车china.com.cn 2008年11月27日
  2. ^ 交流都市-中華人民共和国四川省楽山市千葉県市川市公式WEB 2010年6月7日