巴中市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 四川省 巴中市
南江沿いの市街地
南江沿いの市街地
四川省中の巴中市の位置
四川省中の巴中市の位置
簡体字 巴中
繁体字 巴中
拼音 Bāzhōng
カタカナ転写 バーヂョン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
行政級別 地級市
面積
総面積 12,301 km²
人口
総人口(2004) 360 万人
経済
電話番号 0837
郵便番号 636000
ナンバープレート 川Y
行政区画代碼 511900
公式ウェブサイト http://www.cnbz.gov.cn/

巴中市(はちゅうし)は中華人民共和国四川省東部に位置する地級市

地理[編集]

巴中市は四川省東北部の山間部に位置し、北は陝西省漢中市、南東は四川省達州市、南西は南充市に接する。東には漢中との間に大巴山脈がそびえるなど山がちで、最低点は海抜208m、最高点は海抜2,507mに達する。

主要な産業は農業であり、四川の中でも比較的遅れた地区である。美しい山岳風景など観光資源は豊富だが、交通手段は不便でありその整備が待たれている。南の重慶市へは450km、西の成都市へは400km、北の西安市へは650km。隣接する達州市、南充市、漢中市へは200km前後であり鉄道は通っていない。

気候は亜熱帯湿潤気候に属し、四季ははっきりと分かれ日照時間も長く降水量も十分である。年平均気温は16.0度から16.9度、年降水量は1,120.7mmから1,203.1mm。

市域内には通江、南江、巴河など嘉陵江水系の川が流れる。これらの川は落差が大きく水力発電に適しておりダムや発電所が作られている。また川や池などの淡水を利用した養殖業も盛ん。域内の山岳部は森林資源が豊富で市域の森林被覆率は47.2%に達し、林業も主要な産業である。南江県の北部の山地には、巴山水青杠と呼ばれる世界でもまれな樹種の森が広がる。また山林にはクマなどの野生生物が多く、20種以上が国家野生保護動物に指定される野生の楽園でもある。

鉱業では石炭大理石花崗岩天然ガスなどを産出する。特に天然ガスは1,100億立方m、石炭は6,190万トン、磁鉄鉱は8,355万トンなどの埋蔵量がある。

歴史[編集]

巴中は殷代には梁州に属していたとされる。春秋戦国時代には巴子国の版図とされ、漢初は巴郡が設置された。

後漢永元年間、漢昌県が設置されたが、201年建安6年)には巴西郡、後に宕梁郡の管轄とされた。南北朝時代514年延昌3年)、北魏により巴州が設置され、梁郡や益州と改称されるも清末まで沿襲された。中華民国が成立すると1913年民国2年)、州制の廃止に伴い巴県が設置されている。

1993年7月5日、巴中地区を設置、2000年に巴中地区が地級市に改編され巴中市が誕生した。

行政区画[編集]

2市轄区・3県を管轄下に置く。

巴中市の地図

年表[編集]

巴中地区[編集]

巴中市[編集]

  • 2000年6月14日 - 巴中地区が地級市の巴中市に昇格。(1区3県)
    • 巴中市が区制施行し、巴州区となる。
  • 2013年1月18日 - 巴州区の一部が分立し、恩陽区が発足。(2区3県)

観光[編集]

  • 光霧山風景区
  • 米倉山国家森林公園
  • 恩陽古鎮
  • 南龕石窟

外部リンク[編集]