出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紀元前206年 – 220年
 

 

西暦2年における漢王朝の領域。濃い青の地域は郡国制の敷かれた漢王朝の直接統治地域であり、薄い青の地域はタリム盆地に広がる服属地域(西域)を指す [1]
首都 長安
(紀元前206年– 9年、190年–195年)

洛陽
(25年–190年、196年)

許昌
(196年–220年)
言語 中国語
宗教 儒教
政府 君主制
皇帝
 •  紀元前202年–紀元前195年 劉邦
 •  25年–57年 光武帝
宰相
 •  紀元前206年–紀元前193年 蕭何
 •  紀元前193年–紀元前190年 曹参
 •  189年–192年 董卓
 •  208年–220年 曹操
 •  220年 曹丕
歴史
 •  建国 紀元前206年
 •  垓下の戦いによって漢王朝の中国支配がはじまる 紀元前202年
 •  による簒奪と漢王朝の中断 9年–23年
 •  による簒奪 220年
面積
 •  紀元前50年[2] 6,000,000 km² (2,316,613 sq mi)
人口
 •  2年[3]年推定 57,671,400人
通貨 半両銭五銖銭など
現在 中華人民共和国の旗 中国
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
大韓民国の旗 韓国
ベトナムの旗 ベトナム
モンゴル国の旗 モンゴル
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

(かん)は、中国の王朝である。通例、前漢紀元前206年 - 8年)と後漢25年 - 220年)の二つの王朝を総称して「漢王朝」と呼ばれる。また、ここから転じて中国全土や中国の主要民族を指す名称ともなった。以下の記事では王朝について記述する。

中国初の統一王朝だった秦王朝が紀元前206年に滅亡すると、中国は秦を討った各軍の将帥による群雄割拠の状態に戻っていた。こうした中、漢中及びに封じられていた劉邦紀元前202年垓下の戦い項羽を討って中国を再統一した。中国を統一した劉邦は、皇帝として即位するにあたって旧来の国号であったをそのまま統一王朝の国号として用いた。この劉邦が開いた前漢と、いったん滅亡したのち劉秀によって再興された後漢の漢王朝は、あわせて400年の長きに渡った。初の統一王朝だった秦王朝が統一王朝としては実質的に一代で滅びたこともあり、漢王朝は中国の統一状態を実質的に確定した王朝となり、これから中国全土や中国の主要民族を指す名称として「漢」が用いられるようになった。

漢王朝の歴史の詳細については、前漢後漢をそれぞれ参照。

歴史[編集]

前漢[編集]

紀元前202年に中国を統一した初代皇帝である劉邦(高祖)が紀元前195年に没したのち、しばらく高祖の皇后であった呂后とその一族が実権を握ったものの、紀元前180年に呂后が没するとその一族は粛清され、その後即位した5代文帝および6代景帝文景の治と呼ばれる優れた統治を行い民力の休養に努めたため、漢の国力は伸長した。また、景帝時代の紀元前154年には各地に封じられていた諸侯が呉楚七国の乱と呼ばれる大反乱を起こしたが半年で鎮定され、これによって諸侯の勢力は大きく削られて中央政府の権力が強大化した。その後即位した7代武帝はこの充実した国力を背景に隣接地域に積極的な出兵を行い、北方の遊牧大勢力であった匈奴を破り、南越を併合し西域諸国を服属させて漢の全盛期を現出した。しかしこうした軍事行動は漢の財政を圧迫し、国力はこのころから下り坂に向かった。10代宣帝は前漢の中興の祖とたたえられる名君であり、この時期に国力は一時回復したものの、その後は衰退が進み、外戚王莽が8年に簒奪を行って王朝を建国し、漢王朝はいったん滅びた。

後漢[編集]

漢王朝は滅びたものの、王莽の政治は時代錯誤的なものが多く、社会にはなはだしい混乱を招いた。各地に群雄が割拠する中、新王朝は漢王家の劉家一族である更始帝によって打倒された。その更始帝政権も中国をまとめることができず崩壊し混乱が続く中、やはり漢王朝の一族である光武帝(劉秀)が国内を再統一し、漢王朝を復興した。この王朝のことを後漢と呼ぶ。後漢は2代明帝、3代章帝といった名君が続いて国力を回復させ、班超の働きによって一度撤退していた西域にも再進出したが、その後は皇帝の夭逝や無能な皇帝が続くようになり、宦官外戚が国政を壟断するようになって国力は低下していった。そして184年に起こった黄巾の乱によって漢の統治力は大きく減退し、董卓の暴政とその董卓が192年に暗殺されたことで、漢王朝に実権は全くなくなり、以後は各地に群雄が割拠する中で曹操の庇護の元細々と名目のみ存続する状態となった。やがて各地の群雄は華北の曹操、江南の孫権、蜀の劉備の三勢力に統合され、三国鼎立の様相を呈するようになった。220年に曹操が死去すると、後継者である曹丕は後漢最後の君主であった献帝に皇位を禅譲させ、新たに王朝を建国して、ここに漢王朝は滅亡した。

漢朝歴代皇帝[編集]

※代数は前後を合わす。また太字以外の皇帝は歴代に含めない場合もある。

名前 在位
1 太祖高帝 紀元前206年 - 紀元前195年
2 恵帝 紀元前195年 - 紀元前188年
3 少帝恭 紀元前188年 - 紀元前184年
4 少帝弘 紀元前184年 - 紀元前180年
5 太宗文帝 紀元前180年 - 紀元前157年
6 景帝 紀元前157年 - 紀元前141年
7 世宗武帝 紀元前141年 - 紀元前87年
8 昭帝 紀元前87年 - 紀元前74年
9 海昏侯 紀元前74年
10 中宗宣帝 紀元前74年 - 紀元前49年
11 高宗元帝 紀元前49年 - 紀元前33年
12 統宗成帝 紀元前33年 - 紀元前7年
13 哀帝 紀元前7年 - 紀元前1年
14 元宗平帝 紀元前1年 - 5年
15 劉嬰 5年 - 8年25年
武順王 23年 - 25年
16 世祖光武帝 25年 - 57年
17 顕宗明帝 57年 - 75年
18 粛宗章帝 75年 - 88年
19 穆宗和帝 88年 - 105年
20 殤帝 105年 - 106年
21 恭宗安帝 106年 - 125年
22 少帝懿 125年
23 敬宗順帝 125年 - 144年
24 冲帝 144年 - 145年
25 質帝 145年 - 146年
26 威宗桓帝 146年 - 167年
27 度宗霊帝 167年 - 189年
28 懐王 189年
29 献帝 189年 - 220年

漢を国号とした諸国[編集]

漢の国号は皇帝であった劉氏の姓と密接に結びつき、前漢・後漢の両漢王朝以後も劉姓の王朝によってたびたび使われた。劉姓の王朝において「漢」を号しなかったものは、南朝ののみであるが、逆に劉姓以外の王朝が漢を号したことは幾度かある。

「漢」名の由来[編集]

漢水・漢江[編集]

「漢」という文字は「水の流れていない川」をあらわす形声文字である(音は「乾」に通ず)。長江の支流で現在の陝西省南部、秦嶺山脈の南麓に源を発し、湖北省に注いで武漢(漢口)に注ぐ漢江(漢水)をさす。現在でも支流では冬期に断流することがある。また中国では、天上のあまのがわを「銀河」または「天漢」といっていた(漢の音「乾」に天の意味があることから)。

漢中(郡名・国名)[編集]

戦国時代、この地を支配したは漢江の上流域に漢中郡を置いた(「〜中」は河川流域の盆地をいう命名法)。秦が滅ぼされると、咸陽攻略の功労者劉邦が漢中・巴・蜀の地に王として封ぜられ、漢王(「漢中王」の意)を名乗った。劉邦は漢中とその奥地、巴蜀で力を蓄え、項羽との戦いに勝利して、秦についで中国の再統一を果たすと、秦に引き続いて漢中郡を設置した。

漢王朝に由来する諸名称[編集]

中国の地を意味する「漢」[編集]

「漢土」の語は、古写経本や僧侶の書簡などにみえ、これよりかつての日本では中国の地を指す名詞として用いられていたとされる。同様な言葉に「秦」「唐(もろこし)」がある。(南北朝期からモンゴル時代にかけて、華北(黄河流域)と華中(長江流域)を区別し、前者のみをさす用法もあった)

民族名・文化名としての「漢」[編集]

民族としての「漢民族」、エスニックグループとしての「漢人」「漢族」、そして漢字漢語漢風などの特定文化をさす「漢」は漢王朝の名に由来している。(漢王朝の時代に古代中国文化が完成したため、崇拝をこめて漢王朝が回顧されることが中国では一般的である)(南北朝期からモンゴル時代にかけて、華北(黄河流域)住民と華中(長江流域)住民を区別し、前者のみをさす用法もあった)


脚註[編集]

  1. ^ "MAPPING HISTORY WORLD HISTORY", Dr. Ian Barnes.ISBN 978-1-84573-323-0
  2. ^ Taagepera, Rein (1979). “Size and Duration of Empires: Growth-Decline Curves, 600 B.C. to 600 A.D.”. Social Science History 3 (3/4): 115–138. doi:10.1017/S014555320002294X. JSTOR 1170959. 
  3. ^ Nishijima (1986), pp. 595–596.
  4. ^ 三崎良章『五胡十六国、中国史上の民族大移動』(東方書店2002年2月)、p60