宜賓市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 四川省 宜賓市
Yibin birdview.jpg
別称:酒都
旧称:叙州
四川省中の宜賓市の位置
四川省中の宜賓市の位置
簡体字 宜宾
繁体字 宜賓
拼音 Yíbīn
カタカナ転写 イービン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
行政級別 地級市
面積
総面積 13,283 km²
海抜 530 m
人口
総人口(2005) 519.19 万人
市区人口(2005) 90.44 万人
経済
GDP(2010) 850億元
電話番号 0831
郵便番号 644000
ナンバープレート 川Q
行政区画代碼 511500
市樹 Camphor
公式ウェブサイト http://www.ms.gov.cn

宜賓市(ぎひん-し)は中華人民共和国四川省東南部に位置する地級市。「万里長江第一城」と呼ばれる。すなわち「長江の最初の街」であり、長江は宜賓より上流は金沙江と呼ばれ、岷江とこの地で合流し、ここから長江となる。また醸造業が古くから発達し、名酒・五粮液(zh:五粮液白酒)で知られ「酒都」の異名を持つ。

地理[編集]

宜賓は東は瀘州市,南は雲南省昭通市,西は涼山イ族自治州楽山市、北は自貢市に接する。東西のもっとも広い部分は幅153.2km、南北の最大幅は150.4km。川南地方の中心で、四川盆地の西南の縁にある。地勢は雲貴高原へつながる南部と大涼山・小涼山のある西部が高く、北東は四川盆地内の海抜500m以下の丘陵地でありなだらかで低くなっている。海抜は500mを超え2000mまでの間であり最も高い地点(老君山)でも2008mである。市域の38%は森林であるがほとんどが人工林であり原生林は非常に少ない。

東西に長江(金沙江)が貫き、南側は雲南省貴州省と接している。岷江は北から流れ、合流点に宜賓市街地がある。その他のおもな支流には、南広河、黄沙河、越溪河、宋江河があるほか、南北方向に走る無数の支流がある。長江南岸は地形が急峻で川の流れも速く、沿岸の平地も狭い。

亜熱帯気候に属し、年平均気温は17度、年平均降水量は1,050mmから1,168mm以上、四季ははっきりと区別できる。春は早く暖かくなり、夏は高湿で、秋は雨が多く、冬は霜が少ない。

歴史[編集]

もともと僰(ほく、ボー)と呼ばれる少数民族が暮らし、農耕を行い果物を育て園芸などを営む地であったが、前漢高后の六年(紀元前182年)に現在の宜賓に僰道の城が築かれ、漢族が増え始めた。昭帝始元元年(紀元前86年)に犍為郡の治所が置かれてから漢民族が多く住むようになった。

前漢末期には犍為郡は12県を管轄し、僰道は四川盆地西南部の西南半壁を扼する拠点として、現在の四川・貴州・雲南の交わる付近の統治の政治・経済・軍事・文化の中心として栄えた。漢の崩壊後、四川省西部や南部ではモンゴル系などの民族の侵入で漢族による支配は途絶えたが、6世紀半ばに武帝が異民族を討ち、北周は戎州を置き外江県を設置した。代に外江県は再び僰道県となったが、北宋の政和四年(1114年)に僰道県は現在の名称である宜賓県と改められ戎州も叙州に改められた。

1911年12月5日、宜賓では朝に対する反乱が起こり、「大漢川南軍政府」が建設された。

行政区画[編集]

2市轄区・8県を管轄下に置いている。

漢族が主要民族だが、周辺の山地は彝族苗族等の多い地区で、回族モンゴル人もわずかに住む。この地域の言語は、彝語苗語以外は、漢語の北方語系四川官話川南方言を使っており、漢語古音が多く残った方言である。

宜賓市の地図

年表[編集]

川南行署区宜賓専区[編集]

四川省宜賓専区(1952年-1960年)[編集]

  • 1952年12月29日 - 宜賓県の一部が宜賓市に編入。(1市9県)
  • 1953年2月25日 - 長寧県の一部が興文県に編入。(1市9県)
  • 1953年6月27日 - 慶符県の一部が高県に編入。(1市9県)
  • 1953年9月12日 (1市9県)
    • 南渓県の一部が長寧県・慶符県に分割編入。
    • 長寧県の一部が南渓県に編入。
  • 1953年10月13日 - 高県の一部が珙県に編入。(1市9県)
  • 1953年10月17日 (1市9県)
    • 長寧県の一部が珙県に編入。
    • 珙県の一部が高県・慶符県・長寧県に分割編入。
  • 1953年10月22日 - 高県の一部(旧沐愛県の地域)が筠連県に編入。(1市9県)
  • 1953年12月6日 - 長寧県の一部が慶符県に編入。(1市9県)
  • 1954年2月16日 - 高県の一部が慶符県に編入。(1市9県)
  • 1954年6月29日 - 高県の一部が珙県に編入。(1市9県)
  • 1954年11月 - 長寧県の一部が南渓県に編入。(1市9県)
  • 1957年2月9日 - 楽山専区屏山県を編入。(1市10県)
  • 1957年12月30日 - 江安県の一部が長寧県に編入。(1市10県)
  • 1958年1月22日 - 長寧県の一部が南渓県に編入。(1市10県)
  • 1958年9月10日 - 宜賓県の一部が宜賓市に編入。(1市10県)
  • 1958年11月25日 - 南渓県の一部が宜賓市に編入。(1市10県)
  • 1959年8月28日 - 宜賓県の一部が自貢市郊区に編入。(1市10県)
  • 1960年1月7日 - 慶符県が高県に編入。(1市9県)
  • 1960年7月14日 - 宜賓専区が瀘州専区と合併し、新制の宜賓専区の発足により消滅。

四川省宜賓地区(1960年-1983年)[編集]

  • 1960年7月14日 - 瀘州専区(1市7県)・宜賓専区(1市9県)が合併し、新制の宜賓専区が成立。(2市16県)
  • 1960年12月26日 - 江津専区江津県の一部が合江県に編入。(2市16県)
  • 1963年2月14日 - 古藺県の一部が叙永県に編入。(2市16県)
  • 1963年3月5日 - 宜賓市の一部が宜賓県に編入。(2市16県)
  • 1963年3月20日 - 宜賓県の一部が宜賓市に編入。(2市16県)
  • 1964年6月23日 (2市16県)
    • 宜賓市の一部が高県・南渓県・宜賓県に分割編入。
    • 納渓県の一部が瀘州市に編入。
  • 1967年1月9日 (2市16県)
  • 1968年5月31日 - 宜賓専区が宜賓地区に改称。(2市16県)
  • 1973年12月20日 (2市16県)
    • 江津地区永川県の一部(永瀘公社の一部)が瀘県に編入。
    • 瀘県の一部(宝峰公社の一部)が江津地区永川県に編入。
  • 1974年7月1日 - 宜賓県の一部が雲南省昭通地区綏江県に編入。(2市16県)
  • 1976年4月6日 - 南渓県の一部が長寧県に編入。(2市16県)
  • 1978年4月7日 - 隆昌県内江地区に編入。(2市15県)
  • 1979年4月4日 - 古藺県の一部が叙永県に編入。(2市15県)
  • 1979年11月16日 - 富順県の一部が自貢市大安区に編入。(2市15県)
  • 1981年1月 - 宜賓県の一部が富順県に編入。(2市15県)
  • 1981年2月19日 - 珙県の一部が長寧県に編入。(2市15県)
  • 1983年3月3日
    • 宜賓市が地級市の宜賓市に昇格。
    • 瀘州市が地級市の瀘州市に昇格。
    • 宜賓県・南渓県・高県・珙県・興文県・筠連県・長寧県・江安県・屏山県が宜賓市に編入。
    • 瀘県・納渓県・合江県・叙永県・古藺県が瀘州市に編入。
    • 富順県が自貢市に編入。

宜賓市(第1次)[編集]

四川省宜賓地区(1983年-1996年)[編集]

  • 1983年9月9日 - 宜賓市、宜賓市宜賓県南渓県高県珙県興文県筠連県長寧県江安県屏山県瀘州市叙永県古藺県を編入。宜賓地区が成立。宜賓市が県級市に降格。(1市11県)
    • 宜賓県・高県・南渓県の各一部が宜賓市に編入。
  • 1983年10月9日 (1市11県)
    • 叙永県の一部が興文県に編入。
    • 興文県の一部が珙県に編入。
    • 古藺県の一部が叙永県に編入。
  • 1985年6月4日 - 古藺県・叙永県が瀘州市に編入。(1市9県)
  • 1986年3月5日 - 宜賓県の一部が自貢市富順県に編入。(1市9県)
  • 1996年10月5日 - 宜賓地区が地級市の宜賓市に昇格。

宜賓市(第2次)[編集]

  • 1996年10月5日 - 宜賓地区が地級市の宜賓市に昇格。(1区9県)
    • 宜賓市が区制施行し、翠屏区となる。
  • 2006年6月5日 - 江安県の一部が長寧県に編入。(1区9県)
  • 2011年2月17日 - 南渓県が区制施行し、南渓区となる。(2区8県)

経済[編集]

金沙江岷江とこの地で合流し、ここから長江となる

改革開放以来、宜賓は大農業地帯から強い工業都市へと転換しつつある。宜賓市の主な企業は五糧液グループと龍頭的食品工業で、国有の製紙工場や石油化学工場を自社の傘下にして社名をグループの名を冠する名に変えている。特色ある業種は酒造で、その他食品工業、化学工業、軽紡、建材などが強い。

宜賓の河川の水量は多く、広大な農地を灌漑し、水力発電もおこなわれる。天然資源は非常に豊富である。鉱物資源は44種類を数え、石炭硫鉄鉱岩塩天然ガスの生産量・埋蔵量が非常に多く、石灰石方解石大理石硅石リンなども豊富で、冶金工業の工業地帯を形成できる可能性がある。珙県の芙蓉鉱区は四川省の重要な炭田である。目下、四川省最大の筠連炭鉱の建設が進む。

また種類の多い植物や天然香料植物の豊かさを生かした香料生産も盛んで、特に中国最大の樟油生産地区である。また市域で採れる茶葉生産量は省の4分の1を占める。

交通[編集]

宜賓は地理的に有利な位置にあり交通が整っている。内宜高速公路と成渝高速公路が通り、宜賓から水富(雲南省)にかけての高速道路工事も進む。また楽山-宜賓-瀘洲-重慶沿江高速公路も完成を控えている。

内昆線はすでに開通し、宜賓から南シナ海へでる路線が確保された。成貴高速鉄道成昆高速鉄道も計画中である。

宜賓空港(宜賓菜壩空港)からは北京、上海、昆明、広州、深圳、三亜、宜昌などへの定期路線が設定されている。宜賓宗場空港という新しい空港も計画中である。

宜賓の水運は金沙江、岷江、長江の三大河を幹線とし、6本の支流が市内各地を船で結んでいる。

観光[編集]

  • 蜀南竹海
  • 興文石海世界地質公園
  • 李荘鎮
  • 五糧液工場/五糧液酒史博物館
  • 僰人懸棺

外部リンク[編集]