聊城市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 山東省 聊城市
聊城山陝会館
聊城山陝会館
山東省中の聊城市の位置
山東省中の聊城市の位置
簡体字 聊城
繁体字 聊城
拼音 Liáochéng
カタカナ転写 リャオチェン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山東
行政級別 地級市
面積
総面積 8,714 km²
人口
総人口(2004) 563 万人
経済
電話番号 0635
郵便番号 252052
ナンバープレート 魯P
行政区画代碼 371500
公式ウェブサイト http://www.liaocheng.gov.cn/

聊城市(りょうじょう-し)は中華人民共和国山東省に位置する地級市

地理[編集]

山東省の西部に位置し、徳州市済南市泰安市河北省河南省と接する。

歴史[編集]

1997年8月29日に聊城市の設立。

行政区画[編集]

1市轄区・1県級市・6県を管轄する。

聊城市の地図

年表[編集]

平原省聊城専区[編集]

山東省聊城地区[編集]

  • 1952年11月15日 - 平原省の分割により、平原省聊城専区が山東省聊城専区となる。(17県1鎮)
  • 1953年7月2日 - 観城県・朝城県が合併し、観朝県が発足。(16県1鎮)
  • 1954年8月7日 - 臨清鎮が市制施行し、臨清市となる。(1市16県)
  • 1956年2月24日 - 徳州専区徳州市夏津県武城県徳県平原県禹城県恩県斉河県を編入。(2市23県)
  • 1956年3月6日 (2市17県)
    • 濮県が范県に編入。
    • 博平県が茌平県に編入。
    • 恵民専区徳平県の一部が徳県に編入。
    • 恩県が平原県・武城県・夏津県に分割編入。
    • 観朝県が范県・莘県・寿張県に分割編入。
    • 堂邑県が聊城県・冠県に分割編入。
    • 清平県が高唐県・臨清県に分割編入。
    • 范県の一部が寿張県に編入。
  • 1956年5月 - 泰安専区長清県の一部が斉河県に編入。(2市17県)
  • 1958年4月18日 (2市17県)
    • 臨清県の一部が館陶県に編入。
    • 斉河県の一部が泰安専区歴城県に編入。
  • 1958年11月 (2市24県)
  • 1958年12月20日 (3市12県)
    • 聊城県が市制施行し、聊城市となる。
    • 莘県が冠県・范県に分割編入。
    • 館陶県が冠県に編入。
    • 臨清県が臨清市に編入。
    • 陽穀県が寿張県に編入。
    • 東阿県が寿張県・茌平県に分割編入。
    • 禹城県が高唐県・斉河県に分割編入。
    • 徳県が徳州市・平原県に分割編入。
    • 楽陵県が商河県に編入。
    • 済陽県が臨邑県に編入。
    • 平陰県が東平県に編入。
    • 武城県が夏津県に編入。
  • 1960年1月4日 - 商河県が楽陵県に改称。(3市12県)
  • 1960年3月28日 (3市11県)
    • 東平県の一部が分立し、済南市平陰県となる。
    • 東平県の残部が済寧専区汶上県に編入。
    • 済南市長清県の一部が肥城県に編入。
  • 1960年4月2日 (3市8県)
    • 肥城県が済南市に編入。
    • 楽陵県・臨邑県が淄博専区に編入。
  • 1961年9月28日 - 徳州市・斉河県・平原県・夏津県が徳州専区に編入。(2市5県)
  • 1961年10月5日 (2市9県)
    • 高唐県の一部が分立し、徳州専区禹城県となる。
    • 范県・冠県の各一部が合併し、莘県が発足。
    • 冠県の一部が分立し、館陶県が発足。
    • 寿張県の一部が分立し、陽穀県が発足。
    • 茌平県・寿張県の各一部が合併し、東阿県が発足。
  • 1963年3月16日 (11県)
    • 聊城市が県制施行し、聊城県となる。
    • 臨清市が県制施行し、臨清県となる。
  • 1964年2月29日 (10県)
    • 范県の一部が莘県に編入。
    • 范県が河南省安陽専区に編入。
    • 寿張県の一部が河南省安陽専区范県に編入。
  • 1964年6月16日 (10県)
    • 莘県の一部(前任屯村・後任屯村)が河南省安陽専区南楽県に編入。
    • 河南省安陽専区南楽県の一部(楊寨村・東節村・寨節村)が莘県に編入。
  • 1964年10月31日 - 寿張県が陽穀県、河南省安陽専区范県に分割編入。(9県)
  • 1965年3月12日 (8県)
    • 館陶県の一部が臨清県・冠県に分割編入。
    • 館陶県が河北省邯鄲専区に編入。
    • 臨清県の一部が分立し、河北省邢台専区臨西県となる。
  • 1967年2月 - 聊城専区が聊城地区に改称。(8県)
  • 1983年8月30日 (2市6県)
    • 聊城県が市制施行し、聊城市となる。
    • 臨清県が市制施行し、臨清市となる。
  • 1997年8月29日 - 聊城地区が地級市の聊城市に昇格。

聊城市[編集]

  • 1997年8月29日 - 聊城地区が地級市の聊城市に昇格。(1区1市6県)

交通[編集]

  • 道路
    • 済館高速道路

外部リンク[編集]