岳陽市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 湖南省 岳陽市
岳陽楼
岳陽楼
略称:岳陽
別称:洞庭の珠
旧称:巴丘 巴陵 岳州
岳陽市の位置
岳陽市の位置
中心座標 北緯29度22分 東経113度06分 / 北緯29.367度 東経113.100度 / 29.367; 113.100
簡体字 岳阳
繁体字 岳陽
拼音 Yuèyáng
カタカナ転写 ユエヤン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖南
行政級別 地級市
建置
建市 1983年7月
市委書記 王一鸥
市長 李爱武
面積
総面積 15,019.2 km²
人口
総人口(2013) 577.13 万人
経済
GDP(2019) 3780.41 億元(RMB)元
電話番号 0086-0730
郵便番号 414000
市樹 杜英樹
市花 クチナシ
公式ウェブサイト http://www.yueyang.gov.cn/

岳陽市(がくよう-し)は、中華人民共和国湖南省にある地級市。昔は「巴陵」と「岳州」で呼ばれ、湖南省地級市、省の副中心都市、第二大経済体、長江地方の中心都市の一つ。岳陽市は紀元前505年から始まった。2500年以上の長い歴史を持つ文化名城である。湖南省東北部に位置にしており、北は長江、南は洞庭湖がある。

岳陽交通は長江鉄道、京広鉄道、浩吉鉄道、京広高速鉄道京港澳高速道路、杭瑞高速道路などの中国交通の主要動脈が市街区に存在している。岳陽は湖南省唯一の国際貿易港都市であり、中国の有名な港都市でもある。2018年12月26日に岳陽三荷空港が正式に開通し、岳陽市は水路、陸地、空路、鉄道などの交通構造を形成した。

岳陽の文明は深くて、景色は秀麗で、中華文化の重要なスタート地点の一つであり、国内外の有名な観光地がいくつも点在している。2014年には中国で最も幸福度が高い都市に認定された。2015年には「中国十大活力都市」と「中国全国文明都市」の称号を獲得した。2019年には中国地級市の37位にライクインした。

地理[編集]

湖南省東北部に位置にしており、北は長江、南は洞庭湖がある。

北緯28°25’31.65″~29°51’6.23″東経112°18’33.13″~114°09’11.64″の間。

歴史[編集]

約5000年前の夏商時代、岳陽は「雲夢の野、三苗の地」であった。その時に黄帝がこの地を訪れたことが『史記』『荘子』『淮南子』などに記載されている。

春秋にはに属し、紀元前505年に西麋城が築かれたというのが史書に残る最も古い岳陽市の記録である。

による中国が統一されると岳陽市の大部分は長沙郡羅県とされ、戦国時代にはに属し、漢代長沙国の下雋県に属していた。210年建安十五年)、孫権は現在の平江県東南に漢昌郡を設置し、今日の岳陽の行政範囲の祖形となった。

西晋が成立すると280年太康元年)には巴陵県が、291年元康元年)には巴陵郡へと改編されている。南朝梁により巴州が設置され、隋代589年開皇9年)に岳州と改称されている。

岳州は中華民国まで踏襲され、1913年に岳州巴陵県を岳陽県と改称している。1983年に地級市に昇格し現在に至っている。

行政区[編集]

3区・2市・4県を管轄する。

年表[編集]

岳陽地区(1964年-1983年)[編集]

  • 1964年9月22日 - 湖南省湘潭専区岳陽県平江県臨湘県湘陰県、益陽専区華容県を編入。岳陽専区が成立。(5県)
  • 1966年1月7日 - 湖北省荊州専区石首県の一部が華容県に編入。(5県)
  • 1966年1月18日 - 湘陰県の一部が分立し、汨羅県が発足。(6県)
  • 1970年 - 岳陽専区が岳陽地区に改称。(6県)
  • 1975年12月29日 - 岳陽県の一部が分立し、岳陽市が発足。(1市6県)
  • 1981年10月20日 - 岳陽県が岳陽市に編入。(1市5県)
  • 1983年2月8日
    • 岳陽市が地級市の岳陽市に昇格。
    • 汨羅県・平江県・華容県・臨湘県が岳陽市に編入。
    • 湘陰県が長沙市に編入。

岳陽市[編集]

  • 1983年2月8日 - 岳陽地区岳陽市が地級市の岳陽市に昇格。(1市5県)
  • 1983年7月13日 - 汨羅県・平江県・華容県・臨湘県が岳陽地区に編入。(1市1県)
  • 1984年4月6日 - 南区郊区を設置。(3区1県)
    • 岳陽地区臨湘県の一部が分立し、北区が発足。
  • 1986年1月17日 - 岳陽地区汨羅県平江県華容県臨湘県湘陰県を編入。(3区6県)
  • 1987年9月23日 - 汨羅県が市制施行し、汨羅市となる。(3区1市5県)
  • 1992年9月1日 - 臨湘県が市制施行し、臨湘市となる。(3区2市4県)
  • 1996年3月16日 (3区2市4県)
    • 南区および郊区の一部が合併し、岳陽楼区が発足。
    • 郊区の残部・華容県の一部が合併し、君山区が発足。
    • 北区が雲渓区に改称。
  • 2005年12月12日 - 岳陽県の一部が岳陽楼区に編入。(3区2市4県)

岳陽地区(1983年-1986年)[編集]

  • 1983年7月13日 - 長沙市湘陰県、岳陽市汨羅県平江県華容県臨湘県を編入。岳陽地区が成立。(5県)
  • 1984年4月6日 - 臨湘県の一部が分立し、岳陽市北区となる。(5県)
  • 1986年1月17日 - 汨羅県・平江県・華容県・臨湘県・湘陰県が岳陽市に編入。

経済[編集]

岳陽は化工、建材、家電、製紙業、飼料、医薬品を中心とする工業都市として発展している。

教育[編集]

大学[編集]

高校[編集]

専門学校[編集]

小学校[編集]

注:これは、市内の小学の一部であり、全体で公立100箇所、私立数十箇所ある。

観光地[編集]

姉妹都市[編集]

ゆかりの人物[編集]

外部リンク[編集]