テケス県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区
特克斯県
簡体字 特克斯
繁体字 特克斯
拼音 Tèkèsī
カタカナ転写 トークースー
ウイグル語 تېكەس
ウイグル語ローマ字転写 Tekəs
カザフ語アラビア文字 تەكەس
カザフ語キリル文字 Текес
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
副省級自治州 イリ・カザフ自治州
行政級別
面積
総面積 8,079.67 km²
人口
総人口(2004) 15.5 万人
経済
電話番号 0999
郵便番号 835500
行政区画代碼 654027
公式ウェブサイト  http://www.zgtks.gov.cn/index.htm

テケス県(-けん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に位置する

行政区画[編集]

3鎮、3郷、2民族郷(1モンゴル族郷、1キルギス族郷)を管轄。

  • :テケス鎮(特克斯鎮)、喬拉克鉄熱克鎮、喀拉達拉鎮
  • :闊克蘇郷、斉勒烏沢克郷、喀拉托海郷
  • 民族郷:呼吉爾特モンゴル族郷、闊克鉄熱克キルギス族郷

八卦城[編集]

特克斯城の配置は易経八卦の構造に基づいて建造され、都市全体の中心は一個の巨大な円形の花園で、太極の陰陽両極を為す。八条の街が八方向に放射状に延び、中心の花園と同心状の4条の環状路と交わって、四環路で64条の街道を形成する。

特克斯城の位置は南宋嘉定三年(1220年)にチンギス・ハーン道教全真教龍門派教主邱處機を招いて西域に向かった際に決めさせたという。700年以上後に易理に精通した伊犁屯墾使邱宗浚により建設された。この都市の配置と発展は常に易経をどう運用するかの研究を用いて建設されてきた。2004年に特克斯県城は自治区級歴史文化名城となった(第一批)。

参考文献[編集]

  • 朱競梅 『看図識風水』 『中国国家地理』雑誌543期 ISSN 1009-6337