汨羅市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 湖南省 汨羅市
屈子祠
屈子
簡体字 汨罗
繁体字 汨羅
拼音 Mìluó
カタカナ転写 ミールオ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖南
地級市 岳陽市
行政級別 県級市
面積
総面積 1,561.95 km²
人口
総人口(2003) 70 万人
経済
電話番号 0730
郵便番号 414400
ナンバープレート 湘F
行政区画代碼 430681
公式ウェブサイト http://www.miluo.gov.cn/

汨羅市(べきら-し)は中国湖南省岳陽市に位置する県級市。市域内で、汨水(べきすい)と羅水が合流し汨羅江となっている。汨羅江は屈原の最後の地でもある。

歴史[編集]

汨羅の名称は前690年羅子国を滅ぼしたことに由来する。羅子国の遺民は丹陽(現在の湖北省秭帰県)に移民させられ、後に汨羅江尾閭南岸(現在の汨羅西部郊外)に移住させられたことから、その地名を羅城と称したことに由来する。当時の羅城は現在の汨羅市、湘陰県、平江県全域及び岳陽県南部、沅江市東部に相当した。

前221年秦朝はこの地に羅県を設置した。後漢になると熹平年間(172年--178年)、羅県東部に漢昌県を設置した。南北朝時代になると474年に羅县、益陽県湘西県の一部に湘陰県が設置され、市域は羅県と湘陰県の管轄地とされた。の時代になると羅県南部に湘浜県、東部に岳陽県が、北部に玉山県が設置され、市域は羅県、湘陰県、湘浜県、玉山県、岳陽県に分割された。

589年開皇9年)、隋朝呉昌県及び湘浜県を羅県に編入、市域は羅県、玉山県、岳陽県の管轄とされた。591年(開皇11年)、岳陽県は湘陰県と改称され玉山県を併合し、中華民国時代まで沿襲された。

1966年2月、人口増加を理由に湘陰県東部に汨羅県を新設、1987年9月には県級市に昇格し現在に至る。

行政区画[編集]

下部に1街道、17鎮、1郷を管轄する

  • 街道:天問街道
  • 鎮:帰義鎮、汨羅鎮、河市鎮、営田鎮、白塘鎮、屈子祠鎮、桃林寺鎮、大荊鎮、三江鎮、長楽鎮、羅江鎮、新市鎮、神鼎山鎮、弼時鎮、古培鎮、白水鎮、川山坪鎮
  • 郷:鳳凰郷