泰安市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 山東省 泰安市
泰山
泰山
山東省中の泰安市の位置
山東省中の泰安市の位置
簡体字 泰安
繁体字 泰安
拼音 Tàiān
カタカナ転写 タイアン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
山東
行政級別 地級市
面積
総面積 7,761 km²
人口
総人口(2004) 549.9 万人
経済
電話番号 0538
郵便番号 271000
ナンバープレート 魯J
行政区画代碼 370900
公式ウェブサイト http://www.taian.gov.cn

泰安市(たいあん-し)は中華人民共和国山東省西部に位置する地級市である。封禅の儀式が行われる山で五岳のひとつ・泰山が位置し、道教仏教の中心としても多くの文化人や参拝客を集めてきた。人口の98.7%を漢族が占め、他に回族などが居住する。

出身者[編集]

地理[編集]

市街地から見た泰山

面積 7,762 平方km。東経116度02分から117度59分、北緯35度38分から36度28分にかけて広がる。東西176km、南北93kmの市域は全体に山がちで、中央に泰山が位置する。

北は省都・済南、北東に莱蕪、東に淄博、東南に臨沂、南に済寧と接する。西は聊城市、および黄河に接し、その向こうは河南省である。

泰安は大陸性気候で、モンスーンの影響を受ける。平均気温は、最低が -2.6度(1月)、最高が26.4度(7月)、年平均降水量は697mmである。

歴史[編集]

泰安は新石器時代大汶口文化に属する出土品が見つかっている。春秋時代戦国時代にはが支配した。は博陽と名づけ、泰山のあるこの地を重要視した。

は乾封県を、北宋は奉符県を、は泰安軍を、明は泰安州を置き後に泰安県とした。

1958年に泰安市となり、1963年に一旦県になったが、1985年に地級市・泰安市が設置された。

泰山の宗教的・政治的重要性については、泰山を参照。

経済[編集]

機械製造、鉱業、冶金、化学工業、建材製造などが主な工業活動。山東省の重要な炭鉱地区・鉄鋼業地域である。鉱業資源は、石膏、天然硫黄石炭石灰石石綿など。石膏・硫黄は中国でも生産高が首位である。

また、農業も盛ん。肥城の(仏桃)、泰山の赤鱗魚・赤霊芝板栗などは有名。また漢方薬の原料も採取される(四大名薬:何首烏、紫草、黄精、四葉參)。

交通[編集]

泰安の泰山駅は、北京上海を結ぶ京滬線上にある。また辛泰線、泰肥線がここで交差している。2011年には京滬高速鉄道泰安駅が開業した。道路は泰莱高速(泰安 - 莱蕪)のほか、北京・上海間の京滬高速道路、北京・福州間の京福高速道路などが交差する。120km北には済南空港がある。

行政区画[編集]

泰山

2市轄区・2県級市・2県を統轄する。

泰安市の地図

年表[編集]

魯中南行政区泰西専区[編集]

魯中南行政区泰山専区[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国山東省魯中南行政区泰山専区が成立。泰安県莱蕪県泰寧県章丘県歴城県新泰県が発足。(6県)
  • 1950年5月9日
    • 泰安県・莱蕪県・泰寧県・歴城県・新泰県が泰安専区に編入。
    • 章丘県が淄博専区に編入。

泰安専区(1950年-1958年)[編集]

  • 1950年5月9日 - 魯中南行政区泰西専区肥城県東平県汶上県寧陽県長清県平陰県、魯中南行政区泰山専区泰安県莱蕪県泰寧県歴城県新泰県、魯中南行政区尼山専区泗水県渤海行政区濼北専区河西県を編入。泰安専区が成立。(12県)
    • 河西県が長清県に編入。
  • 1952年8月18日 - 泰寧県が徂陽県に改称。(12県)
  • 1953年7月2日 (12県)
    • 汶上県が済寧専区に編入。
    • 淄博専区章丘県章歴県を編入。
    • 章歴県が章丘県に編入。
  • 1954年12月9日 - 淄博専区淄博市淄川県の各一部が莱蕪県に編入。(12県)
  • 1954年12月31日 (12県)
  • 1956年2月24日 - 泗水県が済寧専区に編入。(11県)
  • 1956年3月6日 - 徂陽県が泰安県・寧陽県・新泰県に分割編入。(10県)
  • 1956年5月 - 長清県の一部が聊城専区斉河県に編入。(10県)
  • 1956年5月18日 - 歴城県の一部が済南市段店区黄台区玉符区に分割編入。(10県)
  • 1956年11月8日 - 章丘県の一部が歴城県に編入。(10県)
  • 1958年4月18日 (10県)
    • 肥城県の一部が平陰県に編入。
    • 長清県・章丘県の各一部、済南市郊区、聊城専区斉河県の一部が歴城県に編入。
  • 1958年6月 - 泰安県の一部が分立し、泰山市が発足。(1市10県)
  • 1958年11月
    • 東平県・平陰県・肥城県が聊城専区に編入。
    • 泰山市・章丘県・長清県・泰安県・莱蕪県・寧陽県・歴城県・新泰県が済南市に編入。

泰安地区(1961年-1985年)[編集]

  • 1961年7月1日 - 済南市泰安市新汶市章丘県莱蕪県新泰県寧陽県肥城県を編入。泰安専区が成立。(2市5県)
  • 1961年7月9日 - 済南市歴城県の一部が分立し、長清県が発足。(2市6県)
  • 1961年7月 - 菏沢専区平陰県を編入。(2市7県)
  • 1961年10月5日 - 平陰県の一部が済寧専区汶上県の一部と合併し、東平県が発足。(2市8県)
  • 1963年3月16日 - 泰安市が県制施行し、泰安県となる。(1市9県)
  • 1965年3月27日 - 新汶市が県制施行し、新汶県となる。(10県)
  • 1967年2月 - 泰安専区が泰安地区に改称。(10県)
  • 1978年11月17日 - 章丘県・長清県が済南市に編入。(8県)
  • 1982年1月23日 - 泰安県が市制施行し、泰安市となる。(1市7県)
  • 1982年8月2日 - 新汶県が市制施行し、新汶市となる。(2市6県)
  • 1983年8月30日 (3市6県)
  • 1985年3月27日
    • 泰安市が地級市の泰安市に昇格。
    • 新泰市・莱蕪市・寧陽県・肥城県・東平県が泰安市に編入。
    • 汶上県・泗水県が済寧市に編入。
    • 平陰県が済南市に編入。

泰安市[編集]

  • 1985年3月27日 - 泰安地区泰安市が地級市の泰安市に昇格。泰山区郊区を設置。(2区2市3県)
  • 1985年12月23日 - 菏沢地区梁山県の一部が東平県に編入。(2区2市3県)
  • 1990年8月20日 - 新泰市、淄博市沂源県の各一部が莱蕪市に編入。(2区2市3県)
  • 1992年8月1日 - 肥城県が市制施行し、肥城市となる。(2区3市2県)
  • 1992年11月22日 - 莱蕪市が地級市の莱蕪市に昇格。(2区2市2県)
  • 1996年1月23日 - 済南市平陰県の一部が東平県に編入。(2区2市2県)
  • 1999年6月14日 (2区2市2県)
    • 泰山区の一部(粥店街道)が郊区に編入。
    • 郊区の一部(省庄鎮・邱家店鎮)が泰山区に編入。
  • 2000年4月19日 - 郊区が岱岳区に改称。(2区2市2県)

名所[編集]

  • 泰山(東嶽泰山)
  • 蒿里山
  • 大汶口文化の遺跡
  • 東平故城
  • 西磁窯跡

教育[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]