咸陽市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 陝西省 咸陽市
咸陽馬俑展覧館
咸陽馬俑展覧館
陝西省中の咸陽市の位置
陝西省中の咸陽市の位置
簡体字 咸阳
繁体字 咸陽
拼音 Xiányáng
カタカナ転写 シェンヤン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
陝西
行政級別 地級市
建置 前352年
面積
総面積 10,196 km²
人口
総人口(2004) 504 万人
経済
電話番号 029
郵便番号 712000
ナンバープレート 陜D
行政区画代碼 610400
公式ウェブサイト http://www.xianyang.gov.cn/

咸陽市(かんようし)は、中華人民共和国陝西省に位置する地級市。かつては秦朝の首都として大いに栄えた。風水においては山・丘・阜などの南側、河・江・川・湖などの水辺の北側を陽と言う。この都市は九嵕山(きゅうそうざん)の南、渭水の北に当たり「咸(みな)陽」なためにこの名前がついた。

歴史[編集]

前352年孝公が咸陽城を造り、都をここに移した。その後、始皇帝により阿房宮造営の大規模な工事が行われ当時としては稀な巨大都市になっていった。始皇帝死後も工事は続けられたが、二世皇帝胡亥・三世子嬰の代になっても阿房宮は未完成のままであった。紀元前206年に阿房宮は項羽により焼き払われたというのが、現代までの定説であったが、2003年に焼き払われてはいないと言う説も登場した。ちなみに、その後楚漢戦争に勝利した劉邦により、渭水を渡って咸陽南郊の長安前漢王朝が築城し首都に定め、長安が繁栄していった。

行政区画[編集]

3市轄区・2県級市・9県を管轄下に置く。

咸陽市の地図

年表[編集]

邠県分区[編集]

三原分区[編集]

咸陽専区(1949年-1952年)[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国陝西省咸陽分区が成立。咸陽県長安県鄠県盩厔県興平県武功県が発足。(6県)
  • 1950年5月2日 - 咸陽分区が咸陽専区に改称。(13県)
    • 邠県分区醴泉県栒邑県、三原分区三原県涇陽県淳化県高陵県富平県銅川県耀県を編入。
    • 長安県が省直轄県級行政区となる。
    • 武功県が宝鶏専区に編入。
  • 1952年5月23日
    • 咸陽県・鄠県・銅川県が省直轄県級行政区となる。
    • 富平県・三原県・涇陽県・高陵県・耀県が渭南専区に編入。
    • 栒邑県・淳化県・興平県・醴泉県・盩厔県が宝鶏専区に編入。

咸陽市(第1次)[編集]

  • 1960年12月15日 - 咸陽市が地級市の咸陽市に昇格。(1市4県)
  • 1961年8月16日 (1市10県)
  • 1961年8月22日
    • 武功県・扶風県が宝鶏専区に編入。
    • 咸陽市・乾県・邠県・盩厔県・興平県・栒邑県・長武県・永寿県・醴泉県が咸陽専区に編入。

咸陽地区(1961年-1983年)[編集]

  • 1961年8月22日 - 咸陽市、咸陽市乾県邠県盩厔県興平県栒邑県長武県永寿県醴泉県西安市鄠県三原県淳化県涇陽県高陵県を編入。咸陽専区が成立。咸陽市が県級市に降格。(1市13県)
  • 1961年9月 (1市13県)
  • 1962年4月 - 漢中専区仏坪県の一部が盩厔県に編入。(1市13県)
  • 1962年10月 - 永寿県の一部が醴泉県に編入。(1市13県)
  • 1963年6月 - 西安市灞橋区の一部が高陵県に編入。(1市13県)
  • 1964年8月29日 (1市13県)
  • 1965年2月 - 礼泉県の一部が興平県に編入。(1市13県)
  • 1966年6月24日 - 咸陽市が西安市に編入。(13県)
  • 1969年10月 - 咸陽専区が咸陽地区に改称。(13県)
  • 1971年10月5日 - 西安市咸陽市を編入。(1市13県)
  • 1983年9月9日
    • 咸陽市が地級市の咸陽市に昇格。
    • 興平県・三原県・礼泉県・涇陽県・乾県・永寿県・彬県・長武県・旬邑県・淳化県が咸陽市に編入。
    • 戸県・周至県・高陵県が西安市に編入。

咸陽市(第2次)[編集]

交通[編集]

友好都市[編集]

日本の旗 日本 京都府宇治市

日本の旗 日本 千葉県成田市

出身者[編集]

外部リンク[編集]