五糧液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
店頭の五糧液(於:香港-寶湖金宴)

五糧液五粮液(ごりょうえき、ピン音:Wǔliángyè[1])は白酒の銘柄の1つ。白酒という中国酒のジャンルにおいては、「茅台酒」と並ぶメジャーな銘柄である[2][3]。1963年に北京で開催された全国評酒会議においては18種類の「国家銘酒」のひとつとして選出された[4]。名称は5種類の穀物(高粱、もち米、うるち米、とうもろこし、小麦)を原料とすることにちなむ[2]中華人民共和国四川省宜賓市の企業、五粮液集团有限公司が製造しており、ラインナップにはアルコール度数が68度から39度、29度、25度まで様々ある[5]。日本ではあまり名前が知られていないが、中国においては茅台酒よりも人気があるとされる[1][2]

製法は宋代の酒「茘枝緑酒」や唐代の酒「重碧酒」をベースにしているという[2][3]。当初の名前は「宜賓元麯」であり、1915年のサンフランシスコ万国博覧会で金メダルを受賞している[3]。現行の名称への変更年については1916年[2]、1929年[3]と二通りの資料が見られる。

昔ながらの固体発酵法という発酵法を用いて醸される[6]日本酒のように水を加えてつくるもろみと違い、レンガ状に成型された麹子()を砕いてから高粱粉と水を加えて練ったものを発酵・蒸留する方法である。複数回蒸留と取り出し・再発酵しないといけないなど、効率は良くないものの風味は良くなるという。効率の良い液体発酵でつくる白酒も増えているが、五糧液ではこの固体発酵法による製造を続けている。

人気があり値段は高騰しているというが[1]、巷間言われることとして、流通している五糧液の70%が偽物という説もある[7]

製造会社[編集]

現行の製造会社である五粮液集团有限公司が成立したのは1998年である[8]。その前身企業体は1951年[3]または1952年[8]に発足したとされる。五糧液をつくっていた利川永長発昇という2社の酒屋を主体として大麯連合経営社が設立された[3]1957年宜賓五糧液酒廠[3]1964年には五粮液酒廠と改称している[8]

1980年より品質管理に力を入れはじめ、1983年に品質管理委員会を設立した[9]。1985年から1990年の間に中国商業部の品質管理奨、四川省の品質管理奨、中国の国家品質管理奨といった賞を受賞した。1994年にはドイツスイスオランダの品質標準認証を受けるとともに、四川省技術監督局より「検査を免除できる製品」として選出された。1995年のランキング「中国で最も価値のあるブランド」においては全体で7位、酒造メーカーとしてはトップとしてランクインした。1980年代より配合から発酵・蒸留などの各工程でコンピューター制御を取り入れており、品質にばらつきのでやすい職人の勘頼みではなく、一定の品質で製造できる標準化を行っている。

工場は3地区あり、それぞれ「基礎区(1951年稼働)」、「躍進区(1967年)」、「騰飛区(1987年)」と名付けられている[3]

五粮液酒史博物館という、歴史と製造過程が学べる施設もある[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 杉山明 『お食辞海: 読んでおいしい中国料理』 牧歌舎、2007年、170-171頁。ISBN 9784434109393https://books.google.co.jp/books?id=UO-GQgAACAAJ 
  2. ^ a b c d e 中山時子; 陳舜臣『新・中国料理大全 4 四川料理:』 小学館〈新中国料理大全〉、1997年、134頁。ISBN 9784096808641https://books.google.co.jp/books?id=O_UoNwAACAAJ 
  3. ^ a b c d e f g h 李大勇 「中国四川省の酒とその発展について」 『日本醸造協会誌』 87巻 公益財団法人 日本醸造協会、124-129頁、1992年https://ci.nii.ac.jp/naid/130004305627/ 
  4. ^ 胡金定 「酒の中国文化」 『言語と文化』 2巻 甲南大学、61-72頁、1998年https://ci.nii.ac.jp/naid/110000037747/ 
  5. ^ 公式サイトおよび前掲書 (李 1992, p. 126) 。
  6. ^ 以下、本段落は下記文献による。
  7. ^ 高坂明 『中国「南通」』 59巻 公益社団法人 日本船舶海洋工学会、2003年、33-35頁https://ci.nii.ac.jp/naid/110003879914/ 
  8. ^ a b c 集团简介”. 五粮液集团有限公司. 2018年11月10日閲覧。
  9. ^ 以下本段落は下記文献による。
  10. ^ 自然の景観が美しく銘酒も味わえる、宜賓の知られざる観光名所6選!”. 株式会社アドベンチャー. 2018年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]