金沙江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディチュ河から転送)
Jump to navigation Jump to search
雲南省で南向きから北向きへ180度流れを変える金沙江(玉竜ナシ族自治県石鼓鎮付近)

金沙江(きんさこう,拼音: Jīnshā Jiāng)は長江上流部の名称。青海省西部の崑崙(こんろん)山脈中に発源し、チベットと四川省の境を南下して雲南に入り、東転して四川省を流れ、宜賓(ぎひん)で岷江(びんこう)と合流して長江となる。この名は川から砂金がとれることによる。宋応星は《天工開物》で、〈水中からとれる金〉は麗水すなわち金沙江の数ヵ所にのぼることを指摘している。

なお、ディチュ河(チベット語: འབྲི་ཆུ ワイリー拡張方式チベット語表記: 'bri chu)は、チベット高原の中央部を、西から横断し、東南方向へ流れる長江チベット語名。金沙江と区間は完全には一致していない。

青海省西部で発した後、南の崑崙山脈へ向かい、青海省とチベット(西蔵)自治区の境界をなすタンラ山脈の北麓を流れ、チベット東部のカム地方を東西に二分している。東経97度、北緯27-37度付近では、中国の行政区分でいう「西蔵自治区」と「四川省」の境界となっている。