イ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イ族
ꆈꌠ
Yilocals.jpg
総人口
12,000,155人(2013年)
居住地域
中国11,000,858(2013年)、ラオスミャンマーベトナム 3,307(1999年)、タイ
言語
彝語
宗教
アニミズム仏教道教
関連する民族
リス族ラフ族

イ族(イぞく、彝族, 拼音: Yízú)は中国少数民族の一つ。2010年の第6次全国人口普査統計では人口は8,714,393人で、中国政府が公認する56の民族の中で7番目に多い。

名称[編集]

彼ら自身は「ノス」と呼ぶ。もとは「夷族」と表記されたが、清朝時代に、自らも漢民族ではない支配階層の満州人が蛮族を意味する呼称を嫌い、同じ音に「」の字をあてた。は「祭器」転じて「道徳」などを意味する雅字。「ロロ族」という呼称もあり、かつては自称であったが現在は蔑称。「ロロ」とは、イ族自身が先祖崇拝のために持つ小さな竹編み。当て字の「玀猓」では、部首けものへんを付け加えるなど、多分に蔑視的な要素を含んでいる。

歴史[編集]

民族衣裳を纏ったイ族女性

イ族は中国西部の古羌の子孫である。古羌は、チベット族納西族羌族の先祖でもあるといわれる。イ族は南東チベットから四川を通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。南詔王国を建国した烏蛮族が先祖だと言われている。

精霊信仰を行い、ビモという司祭が先導する。道教仏教の影響も多く受けている。雲南省にはイスラム教を信仰するイ族の集団もある。ただしそれらは、イスラム教を信仰するイ族なのか、イ語を話しイ族の文化に属する回族なのかは、明確には分別できない。

雲南北西部と四川に住むイ族の多くは複雑な奴隷制度をもっており[1]、人は黒イ(貴族)と白イ(平民)に分けられていた。白イと他民族(主に漢民族)は奴隷として扱われたが、白イは自分の土地を耕すことを許され、自分の奴隷を所有し、時には自由を買い取ることもあった。

自称[編集]

イ族には多くの自称があるが、ノス(黒イ、四川大涼山など)、二(アシ、サニなど)、ロロホ・ララポ(白イ)の三大系統に大別される。このうちノス社会は、かつて大涼山が奴隷制社会であったことや、現在でも族長(家支)が一族の強固な結束力としてあることを特徴としている。なお家支は血統を意味し、始祖から父子連名制によってつながる父系親族集団である(父子連名制)。

葬式[編集]

葬式に関しても、ナシ族プミ族と同様、伝統的には火葬の習慣を持っていた。この習慣は、高原に居住する遊牧民の世界観につながるもので、イ族の出自を考えるうえで参考になるものといえよう。しかし、前近代の世界において火葬を行えるのは、強大な火力を得るために燃料を十分に使用できる豊かな身分に限られ、そうでない人々は、鳥葬もしくは土葬を行った。

使用言語[編集]

彝語

お祭り[編集]

  • 火祭り:イ族の最大祭りであり、毎年の農歴6月24日~6月26日行う。

相撲[編集]

  • イ族には、独自の相撲があり、相撲は彝語でバアジと言い、土俵は無く、地方によって相撲の取り方も違い、ある地方は相手を地面に倒したら勝ちで、ある地方は肩と頭先に地を触れたら勝ち。

競馬[編集]

  • イ族には、独自の競馬があり、競馬をイ語でムジと言う。

自治区域[編集]

四川省[編集]

雲南省[編集]

貴州省[編集]

著名人[編集]

  • 竜雲 - 中華民国中華人民共和国軍人政治家。中華民国時期の滇軍(雲南軍、雲南派)の指導者の1人。国民政府期の雲南省政府主席である
  • 盧漢 - 中華民国、中華人民共和国の軍人・政治家。滇軍(雲南軍、雲南派)の指導者の1人。国共内戦期に雲南省政府主席を務めた
  • 張冲 - 中華民国の軍人、中華人民共和国の雲南省政府副主席を務めた
  • 曲焕章 - 医薬学者
  • 莫西子詩 - イ族男性歌手。
  • 何潔 - 中国の女性歌手

脚注[編集]

  1. ^ 曾昭掄 訳 八巻佳子 『中国大涼山イ族区横断記』 築地書館 1982年 1958年に奴隷制を廃止したとする。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『中国少数民族事典』(東京堂出版 2001年)

外部リンク[編集]