ムオン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムオン族
居住地域
ベトナムの旗 ベトナム 1.268.963人 (2009年)[1]
言語
ムオン語
宗教
アニミズム仏教

ムオン族(ムオンぞく、ベトナム語: Người Mường / 𠊛𡙧)はベトナムに住む少数民族である。人口は100万人ほど、ベトナムの少数民族の中で3番目に多い。ベトナム北部の山岳地帯、特にホアビン省タンホア省に多く住んでいる。

民族・言語的にはキン族(ベトナム族)と最も近いとされている。ムオン語ベトナム語とともにベト・ムオン語群としてまとめられる。同系のキン族が平野部に住み、中国文化の影響を非常に強く受けた(紀元前111年による侵攻以後)のに対し、ムオン族は山岳部で固有の文化を発展させたといわれている。タイ族との相互影響も大きく、文化的にはタイ族に近い点も多い。

かつては封建制的社会を形成しており、ムオンとはその社会的共同体(国)を意味する。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ The 2009 Vietnam Population and Housing Census: Completed Results”. General Statistics Office of Vietnam: Central Population and Housing Census Steering Committee. p. 134 (2010年6月). 2013年11月26日閲覧。