タジク族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タジク族
تاجيک
Tujik
総人口
51,069人(2010年[1]
居住地域
新疆ウイグル自治区 3万9493人
言語
サリコル語ワクヒ語
宗教
イスラム教シーア派イスマーイール派
関連する民族
漢族ウイグル族カザフ族キルギス族シボ族タタール族オロス族

タジク族(タジクぞく、塔吉克族, 拼音: TǎjíkèZú)は、中華人民共和国の少数民族の1つで中国国内では唯一のイラン系民族である。

2000年の第5次全国人口普査統計ではタジク族の人口は4万1028人で、中華人民共和国政府が公認する56の民族の中では38番目に多い。

名称[編集]

民族名称のタジク人から。

歴史[編集]

1954年 新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県を設置。

使用言語[編集]

インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派パミール語族英語版に属するイラン語系のサリコル語ワクヒ語を使用する。これらの言語は東イラン語群に属する言語であり、タジキスタンアフガニスタンタジク人が話す言語(西イラン語群に属するペルシア語)とは系統が異なる。自民族の文字は持たず、ウイグル文字を借用している。但し、タシュクルガン・タジク自治県以外の地区のタジク族はウイグル語を使用する。

自治区域[編集]

新疆ウイグル自治区

脚註[編集]

  1. ^ The Tajik Ethnic Group”. 中国網 (2005年6月21日). 2016年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]