出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後漢末期(198年頃)の羌族の位置
西晋時代の異民族の分布。黄緑が羌族。

(きょう、拼音: Qiāng)は、古代より中国西北部に住んでいる民族西羌とも呼ばれる。現在も中国の少数民族(チャン族)として存在する。

概要[編集]

中国史において羌族は族とともに最も古くみえる部族の一つである。しかしながら『漢書』に氐羌の列伝は設けられておらず、西域伝に婼羌などが記されているのみであった。そして『三国志』で引用されている魚豢(ぎょかん)の『魏略』においてようやく氐羌についての記述が現れ、『後漢書』において羌族について詳細に記された「西羌伝」が設けられた。

『後漢書』西羌伝では「羌の源流は三苗、姜氏[1]の別種」とあり、とても古い時代から中国の人に知られていたようである。紀元前5世紀族出身の無弋爰剣(むよくえんけん)という者が現れ、彼の一族に率いられた者たちが羌族を形成していくこととなる。

漢代になると、北の匈奴が強盛であったため、初めのうちは匈奴に附いていたものの、武帝により匈奴が駆逐されると、代わって漢に附くようになり、漢の護羌校尉のもとで生活することとなる。しかし、羌族はたびたび漢に背いて叛乱を起こしたため、その都度漢によって討伐された。

後漢末に黄巾の乱が起きると(184年)羌族は再び勢いを盛り返し、羌族の血を引く馬騰馬超父子や彼らと結んだ韓遂といった漢民族の軍閥と組んで独自の勢力を築いた。三国時代220年 - 280年)においては、の国境地帯において勢力を保ち、その趨勢に応じて魏や蜀に附いて戦った。

五胡十六国時代に入ると、南安赤亭羌の酋長である姚萇前秦から独立して後秦を建国した(384年)。後秦は417年東晋劉裕(後の武帝)によって滅ぼされる。

代から北宋代には、羌族の有力部族であるタングートモンゴル化したテュルク民族とする説もあり[2])が強勢になり、やがて宋を圧迫して多額の歳幣を取る事に成功した。その後李元昊西夏を建てて皇帝となる。北宋がに滅ぼされると服属するが、チンギス・ハーンの勃興時に滅ぼされた。

西夏滅亡後は表立った主導的な政治活動を見せることはなく、現在に至っている。

婼羌[編集]

紀元前1世紀の西域諸国。

西域において陽関を出てから一番近い国が婼羌である。婼羌国王は「去胡来王」と号す。陽関を去ること1800里、長安を去ること6300里の距離にあり、西は且末国と接し、西北には鄯善国がある。婼羌は鄯善国の東南から于闐国の南までの地域にわたって分布していた。

戸数:450、人口:1750、兵数:500。

婼羌は遊牧民であり、農耕をしないため、鄯善国と且末国の穀物にたよっていた。山からは鉄が産出する。武器には弓,矛,服刀,剣,甲がある。

言語[編集]

羌族の言語と氐族の言語は似ており、中国(漢語)とは違うことが『魏略』西戎伝に記されている。もし、この言語が現在のチャン語だとすれば、羌族および氐族はチベット系(チベット・ビルマ語派)に分類される。

一方、羌族の言語はインド・ヨーロッパ語の系統(特にトカラ語)であるという説もある。(後述)[3]

名称について[編集]

「羌」は現代中国語で「チャン(qiâng)」と発音され、中期中国語では「kʰɨaŋ」、古代中国語では「klaŋ」となる。クリストファー・ベックウィズは羌族の二輪戦車を操る技術から、トカラ語の「klānk」(二輪馬車で行く、-に乗る)と結び付け、羌族の古代名は「クラン (klānk)族」であり、「二輪馬車の御者」の意味であろうとした。[4]

羌の主な種族[編集]

無弋爰剣から分かれた種族は約150種にのぼるとされ[5]、そのすべてが史書に記されたわけではないが、以下に主な諸族を記す。

  • 爰剣種→研種→焼当種…無弋爰剣の直系の種族。
  • 卬の部落
    • 氂牛種→越巂羌
    • 白馬種→広漢羌
    • 参狼種→武都羌
  • 先零種
    • 零昌種…先零種の別種
  • 封養種
  • 牢姐種
  • 卑湳種
  • 勒姐種
  • 吾良種
  • 当煎種
  • 焼何種
  • 当闐種
  • 虔人種…西河郡
  • 全無種…上郡
  • 隴西種
  • 沈氐種…上郡
  • 且凍種
  • 傅難種
  • 鞏唐種
  • 罕種
  • 鳥吾種
月氏の余種
初め敦煌付近にいた月氏族は匈奴の侵攻に遭い、その多くは中央アジアに遷って大月氏となったが、敦煌付近に残った一部は南山(崑崙山脈)の羌に依って小月氏となった。以下はその小月氏の一派だと思われる。
  • 葱茈羌
  • 白馬羌
  • 黄牛羌

主な指導者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ おそらく「姜氏の戎」のこと。
  2. ^ 宮脇淳子『モンゴルの歴史 遊牧民の誕生からモンゴル国まで』(2002年刀水書房)137ページ、ドーソン(訳注:佐口透)『モンゴル帝国史1』(1989年平凡社)309-311ページ(ただし、311ページでは「タングートは実はチベット系である」と記述されている)。
  3. ^ ベックウィズ 2017,p535-536
  4. ^ ベックウィズ 2017,p535-536
  5. ^ 『後漢書』西羌伝

出典[編集]

関連項目[編集]